上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2019年7月4日 O2O/スマホ

岩田昭男のキャッシュレス最新状況(2)。コード決済は電子マネーの敵じゃない?

コード決済は電子マネーの敵ではなかった?

キャッシュレスは「クレジットカード」「電子マネー」それに「コード決済」という3つのプレイヤーで進んでいる。このうちクレジットカードは、インフラの土台を支えるキープレイヤーという認識で一致している。では、電子マネーとコード決済はどうなのか。ライバルになるのか、補完しあえるパートナーなのか。いったいどちらなのだろうか?


コード決済は電子マネーの敵じゃない?Suica中心に提携合戦勃発
楽天ペイで「Suicaチャージ」が可能に


今回の楽天とJR東日本(Suica)の提携は「楽天の一人勝ち」の気配が濃厚である。

楽天はここにきて強気だ。楽天スーパーポイントを拡散する戦略が次々と当たって、コード決済、共通ポイント市場を席巻する勢いだ。

一方、SuicaのJR東日本は共通ポイントに乗り遅れまいと、グループ統一ポイントの「JREポイント」を作ったが、これの評判がイマイチである。

ビューカードのサンクスポイントからの移行はともかく、肝心のSuicaポイントからJREポイントへの移行が思うように進まず、話題もめっきり減っている。

そのためJR東日本はポイントサービスの補強を急いでおり、検討の末、ポイントプログラムに強い楽天ペイメント株式会社の手を借りることになったのだ。

楽天にとっては大きなチャンス!

楽天とSuicaは加盟店開拓の営業で協力関係にあり、話は進めやすかったと聞いている。

提携の内容は、来春をめどに、楽天ペイでSuicaにチャージできるようになるとともに、チャージのたびに楽天スーパーポイントが貯まるというものだ。その他のことはまだはっきり決まっていない。来春まで1年かけて詰めていくというのである。

それにしても、楽天にとっては今回の提携は大きなブレイクスルーになるだろう。

楽天はこれまで楽天経済圏を作り、ウェブ中心の展開をしてきた。しかし、それでは限界があるとして、 共通ポイントとコード決済を使ってリアル分野への進出を試みようとしている。これはいわゆるO2O(オンライントゥーオフライン)戦略だ。

楽天に心強い「交通系パートナー」の登場

楽天も当初はリアル分野への進出に苦戦したが、何とか足がかりを得た。そこへ飛び込んできたのが、すでにリアルの社会インフラとなっているSuicaとの提携であるから、まさに渡りに船であった。(だから「楽天の一人勝ちだ」という声も出てきている)。

というのも、楽天経済圏の中で交通系のパートナーはおそらく初めてなので、まったく新しい分野が開けたことになるからだ。

しかも、Suicaの利用者は、毎日利用してくれるし、利用単価も高い。カード事業者としては喉から手が出るほどおいしい優良顧客である。
その人たちを取り込めるのだから、楽天とすると「してやったり」の心境だろう。さらに電車に乗って楽天ポイントが貯まるようになるわけで、「次のステップも見えてきた」と経営幹部も安心しているのではないか。まさに前途洋々だ。

JR東日本のメリットが少なすぎる?

それに対して、JR東日本の焦りが目立つのである。

「ポイント欲しさに自らの資産を投げ売りして、楽天にくれてやるようなものである」「ポイントがそんなに欲しくて大切なら、まずJREポイントという東日本を強調した曖昧な名前を止めて、Suicaポイントにしたほうが良いのではないか」といった声が溢れている。

たしかに楽天のメリットに比べて、JR東日本の得るメリットは少なすぎるので皆が心配しているのだ。

卵を預けて孵化してもらう「托卵戦略」

ただ、最近のSuicaを取り巻く状況を見ていると、それほど単純な話ではないように思える。特に昨年8月から始まった「みずほ銀行」との提携が引っかかるのだ。

JR東日本はみずほ銀行と提携して「Mizho Suica」を活用するプロジェクトを始めている。JR東日本は様々な企業と組んでスマホにSuicaを入れて、使わせようとしている。しかし、当たり外れが大きいこともあり、かなり悩んでいるようだ。

私はこのSuicaの繁殖行動を「托卵戦略」と名付けた。ホトトギスがウグイスの巣に卵を産んで、ウグイスにヒナを育てさせるという独特の繁殖行動のことだ。まず最初にそれをみずほ銀行でやったという見立てをしている。

みずほユーザーのうち、希望者には「Mizho Suica」をスマホのウォレットで生成させて、それを通勤や買い物で使ってもらう。そうした会員が増えれば、Suicaもスマホでどんどん増えていく。その第2弾を楽天で予定しているのだ。それから第3弾、第4弾もあるかもしれない。

しかし、無闇に数だけ増えれば良いというものではない。最良のパートナーと組んで、最高のパフォーマンスを得られなければ意味がないのだ。

そこで新しいアイデアをくれたのが、メルペイとiDのコラボだったと思われる。

コード決済は電子マネーの味方だった

5月にメルペイはiDと組んでセブンイレブンで7割還元キャンペーンを成功させたが、その立役者がiDだった。

セブンイレブンで支払いができるという立場を利用して、メルペイに恩を売ったのだが、iDからすればメルペイと同じスマホに入り、ペイを助けながら増殖しようというまさに「托卵戦略」を実行したといえるだろう。

それをSuicaに続いて行ったというのは、やはり目ざといといわねばならない。同じことをJR東日本も感じている。コード決済は電子マネーの敵ではなく、良きパートナーになりうると気づいたのだ。

それを知ったJR東日本の幹部は、他の電子マネー陣営に横取りされるのを恐れて、慌てて楽天との提携を表明したのではないだろうか。

そうでなければ、事業開始の1年前に発表する理由が思いつかない。

コード決済に激震の予感

そう考えるとこの「托卵戦略」の行方は大いに気になる。

なかでも、コード決済+電子マネーの連携は今後のカード業界全般を左右する重大な変化といえるかもしれない。

コード決済は、アプリを立ち上げねばならず、この手間が最大の弱点といわれた。しかし、電子マネーとうまく組み合わせれば、タッチ決済でかなりの部分をカバーすることができるので利点は計り知れない。

この特徴をうまく生かせば、コード決済がキャッシュレス時代の決済の主役になる可能性は高まる。

その結果、これからはタッチ決済の使える電子マネーとの提携をめぐって、さらに複雑な動きが出るだろう。

注目はnanaco、WAON、QUICPayがどのコード決済と組むか、最大勢力のペイペイはどの電子マネーと組むのか。また、楽天はEdyという電子マネーも持っているので、それをSuicaと使い分けてどう活かすのか。

今後の動きに大いに注目したい。

>>次回、岩田昭男のキャッシュレス最新状況(3)「スマホ決済。いよいよコンビニに波及」(2019年7月5日配信予定)

あわせて読みたい

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる

カード比較