上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2022年5月13日 ブラックカード

法人口座引落しもOK!Mastercard Black Card- ラグジュアリーカード(ブラックカード)で切り開く新しい体験!

最終更新日:2022年5月13日
公開日:2018年3月19日

「人が持っていないようなプレミアムカードがほしい」という人にすすめたい、米国生まれのハイエンドなクレジットカードです。


ラグジュアリーカードはグレード順にブラックダイヤモンド、ゴールドカード、ブラックカード、チタンカードが発行されています。

 
 

ラグジュアリーカード(以下、LC)の魅力は、なんといっても上質なサービスと独自性の高い特典。新しい体験へのパスポートとして利用できるクレジットカードです。

また、カード会員の6割が経営者層が占めていることから、会員同士の交流やビジネスのサポートにも力を入れており、法人代表者、個人事業主の方にもおすすめです。

では、早速、LCブラックカードの特典やサービスを紹介してみたいと思います。特別な日に利用する豪華サービスだけでなく、日々充足感を与えてくれるサービスにも注目です!

申し込み

目次

旅行をラグジュアリーに楽しむ
●高級ホテルで特別な優遇が受けられる
●空港ラウンジ「プライオリティ・パス」
●本当に頼れる「コンシェルジュ」

都会に自分の隠れ家!「ラグジュアリーカードラウンジ」
●STREAMER COFFEE COMPANYで1杯無料
●高級ホテルがいきつけの場所に

日々実感できるお得
●業界最高レベル!ポイント還元率1.25%
●映画を見ると次回分がタダに!
●国立美術館いつでも無料でアート鑑賞
●宿泊予約サイトで最大12%優待
●ラグジュアリー ダイニング
●GILTのショッピング優待

法人決済用クレジットカードもおすすめ!
●法人税をクレジットカードで納税しポイントをもらう
●法人ソーシャルアワーでビジネスネットワークを拡大
●事前入金で高額決済が可能

ラグジュアリーカード チタン/ブラック/ゴールドカードのちがい

審査の難易度は?

まとめ


旅行をラグジュアリーに楽しむ

LCブラックカードがあれば、旅行の質がぐんと向上します。


高級ホテルで特別な優遇が受けられる

ザ・リッツ・カールトン、ハイアット、マンダリン オリエンタル、アマン、ANAインターコンチネンタル などのVIPホテルをコンシェルジュ経由で予約すると、宿泊料金の優待、客室のアップグレード、ホテルクレジットの付与など、1滞在当たり平均総額55,000円相当の優遇が受けられます。

さらに、東急ホテルズの「ゴールド」会員、プリファード ホテルズ&リゾーツ(日本ではホテルニューオータニ、ホテル椿山荘、ザ・プリンス パークタワー東京ほか)の「エリート」ステータスといったホテルブランドの上級会員資格が取得できます。

上級会員になるには、事前にLC会員専用アプリからの申し込みが必要。宿泊料金が割引きされるほか、客室グレードアップ券、ウエルカムドリンク券などがもらえます。


空港ラウンジ「プライオリティ・パス」

海外の空港で役立つのが「プライオリティ・パス」。世界中1300か所以上の空港ラウンジが利用できるサービスです。LCブラックカードの会員および家族会員は無料で利用できます。同伴者も1回27米ドルで利用可能。

ラウンジを利用するときは「プライオリティ・パス」の会員カードが必要になるので、LC会員専用アプリからエントリーし、早めに入手しておきましょう。

一方、国内空港の空港ラウンジの利用は、LCと搭乗券があれば簡単に利用できます(無料)。同伴者は1名まで無料です。

このほか、LCには出発・帰国時の荷物を最大3個まで無料宅配してくれるサービスがあります。こうしたサービスを上手く使うと、旅行中の移動で疲弊することなく、快適な旅が楽しめるでしょう!


本当に頼れる「コンシェルジュ」

旅行の手続きが面倒で苦手、という人はコンシェルジュに頼むとスムーズです。旅行の予約代行はもちろん、「子連れで利用しやすいホテル」「綺麗な星がみえるグランピング施設」といった個々の条件にあった宿のリサーチもしてくれます。

コンシェルジュは旅行以外にも対応可能。「記念⽇ディナーやサプライズの提案」「海外旅⾏中、⾔葉が通じない中でのトラブルの解決」「ギフトの選定から発送までの⼿配」などの相談事にも応じてくれます。

LCのコンシェルジュのよさは、自動応答を使わず直接コンシェルジュデスクにつながるところ。メールやチャットにも対応しているので、時間やシーンを選ばす利用できます。
※24時間365日対応。ただしチャットの受付時間は月~金 10:00~18:00

都会に自分の隠れ家!「ラグジュアリーカードラウンジ」

⾼級ホテルや会員制ラウンジ、おしゃれなカフェをサードプレイスとして利⽤できる優待が用意されています。

家と会社以外の自分の居場所、が実現できます。


STREAMER COFFEE COMPANYで1杯無料

LCブラックカードの会員は、世界的に有名なサードウェーブカフェ「STREAMER COFFEE COMPANY」でドリンクを1杯注文すると2杯目のドリンクが無料(または同伴者1名のドリンクが無料)になります。LCでの決済が必須です。

加えて、月1回Luxury Cafe BEYOND ESPRESSO(通常680円)が無料で味わえます。こちらは専用アプリで特典チケットを表示させるだけでもらえます。

店舗は渋谷、原宿、赤坂、神田、茅場町など、立ち寄りやすい場所にあります。


高級ホテルがいきつけの場所に

「アンダーズ東京」「ザ・キャピトルバー」「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」「マンダリンオリエンタル 東京」などの高級ホテルや会員制ラウンジで、ドリンクとアミューズなどがお手ごろ価格で利用できます。

優待内容は、
・3種類のカナッペ、2種類のドリンクでおひとり様2,000円(サービス料・税込み)
・フリーフロー+トリュフポテト おひとり様4,600円 (税サ込)
・季節のスイーツとお飲み物のケーキセット おひとり様2,500円(税サ込)
など。※ホテルによって異なる

親しい友人と過ごすのもよし、自分だけの場所として利用するのもよし。会社帰りに至福の時間が過ごせます。

日々実感できるお得

贅沢なサービスだけでなく、日常シーンで感じられるお得も多くあります。


業界最高レベル!ポイント還元率1.25%

LCブラックカードで決済すると、月間利用金額合計200円につき2Pが付与され、さらに利用明細400円ごとに1Pが上乗せされます。ポイントの価値は1P=1円相当なので、還元率は1.25%になります(キャッシュバック時)。

最もお得な使い方は、上質なワイン通販で人気「フィラディス」の買い物クーポンへの交換。1ポイントの価値が最大2.2円に高められ、還元率が2.75%になります。

一般的にプレミアムカードのポイント還元率は、0.3%~0.5%ぐらいとそれほど高くないので、LCの還元率は群を抜いています。(ゴールドカード1.5%、ブラックカード1.25%、チタンカード1%)
年会費 還元率
(キャッシュバック時)
プラチナ・カード(アメックス) 14万3000円 0.5%
メンバーシップ・リワード・プラスに登録
ダイナースクラブ プレミアムカード 14万3000円 0.3%
三井住友カード プラチナ 5万5000円 0.5%
JCBプラチナ 2万7500円 0.3%
マイルへの移行もOK。ANA、JAL、ハワイアン航空、ユナイテッド航空のマイレージに1ポイントを0.6マイルのレートで移行できます。登録費・移行手数料は一切かかりません。


映画を見ると次回分がタダに!

全国のTOHOシネマズ、イオンシネマ、またはユナイテッド・シネマで映画のチケットを購⼊すると、映画1回分がタダで見られる「映画GIFT」(=プリペイドコード)がもらえます。事前に「全国映画館優待」へのエントリーが必要です。

映画GIFTコードは、映画チケットを1回購入するごとに1つ発番されます。(以下のメールは2回購入したときのもので、2つのGIFTコードもらえました)


LCブラックカード会員は毎月最大2つまでもらえるチャンスがあります。

■映画GIFT プリペイドコード

・Gold Card:毎月最大3つ
・Black Card: 毎月最大2つ
・Titanium Card:毎月最大1つ

映画GIFTコードを入手したら、次回、映画チケットを得るときに、コードを入力するだけで(1回分無料で)もらえます。ただし、映画GIFTコードは当日券にしか使えません。

以前は無料でチケットがもらえたので、正直、それに比べるとやや使いづらくはなりましたが、それでも長年続いているサービス。劇場に足を運ぶと気分も盛り上がります!



国⽴美術館いつでも無料でアート鑑賞

国⽴美術館の所蔵作品展を同伴者1名とともに無料で鑑賞できます。また、企画展は金曜日限定でになりますが、同伴者1名とともに無料で鑑賞できます。


≪対象施設≫
所蔵作品展:東京国⽴近代美術館・京都国⽴近代美術館・国⽴⻄洋美術館・国⽴国際美術館・国⽴映画アーカイブの7階展⽰室
企画展:東京国⽴近代美術館(東京・⽵橋)・国⽴⼯芸館(⽯川県)・国⽴新美術館(東京・六本⽊)

企画展を観賞するときは、受付で会員専用アプリで特典チケットを提示すれば、その場でチケットが手に入ります。

企画展は1人2000円前後するので、かなりお得です。



宿泊予約サイトで最大12%優待

宿泊予約サイト利用時には、最低価格からさらに10%前後の割引が適用され、よりリーズナブルに利用できます。会員専用予約ページがあるので、そこから申し込むと適用されます。

Hotels.com:最大9%割引
Agoda:最大12%割引
Booking.com:最大10%割引


ラグジュアリー ダイニング

全国約200の対象店舗にて、2名以上で所定のコースを予約すると、1名分が無料になります。

利用方法は、Mastercard「Taste of Premium」にカード番号を入力してサインインし、Web上で予約します。1ヶ月に2回まで利用可能です。


GILTのショッピング優待

NY発、高級ブランドを扱う会員制ショッピングサイト「GILT」の上級ランク資格が得られます。

人気商品はセール開始と同時になくなってしまうこともありますが、上級ランク資格があると、一般の人より早くセールにアクセスでき、ゆっくりショッピングが楽しめます。

このほかLC会員限定のシークレットセールの招待や送料無料チケットももらえます。
新規会員登録時には30%OFFクーポンがあります!

法人決済用クレジットカードもおすすめ!

個人利用だけでなく、法人利用もおすすめです。法人決済用ブラックカードは、登記簿謄本・決算書が不要で、スタートアップや個人事業主の方も申し込めます。法人決済用カードも、個人カードと同じ特典が付与されます。


法人税をクレジットカードで納税しポイントをもらう

クレジットカードを使って国税や地方税の納税ができます。税金の支払いも通常と同様、1.25%相当が還元されます。

支払い方法は、国税庁や各自治体が立ち上げている納付サイトにアクセスし、利用者情報およびカード情報等を入力すれば完了です。※利用できない自治体もあります

利用手数料がかかる点には注意が必要です。といっても、国税の場合、手数料は1万円ごとに約84円の加算。LCブラックカードで支払うとそれ以上の還元が得られるため、多くの会員が利用しています。(昨年比530%に伸長(2021年12月時点))。


法人ソーシャルアワーでビジネスネットワークを拡大

LCは一流ホテルでワインやフィンガーフードを会員向けに提供するソーシャルアワーを開催(コロナ禍で開催されないときもある)し、会員同士の交流をサポートしています。法人口座決済用カード会員限定の「法人ソーシャルアワー」も不定期ながら行われ、異業種交流が行われています。


事前入金で高額決済が可能

高額商品の購入や法人税納付など、利用可能枠を大幅に超える高額な支払いもラグジュアリーカードが利用できます。

事前にカスタマーサポートへの連絡が必要ですが、カード利用金額同等額を振込むことで最大9,999万円までの決済が可能になります。ポイントも通常ショッピングと同等に貯まってお得です。

>>【申し込み】ラグジュアリーカード(法人決済用ゴールドカード)
>>【申し込み】ラグジュアリーカード(法人決済用ブラックカード)
>>【申し込み】ラグジュアリーカード(法人決済用チタンカード)


ラグジュアリーカード チタン/ブラック/ゴールドカードのちがい

ブラックカードの特典を中心に紹介しましたが、チタンカード、ゴールドカードとはどういった点が異なるのかあげてみました。
ゴールドカード
(年会費:本会員22万円/追加会員5万5000円)
ブラックカード
(年会費:11万円/追加会員2万7500円)
チタンカード
(年会費:5万5000円/追加会員1万6500円)
キャッシュバック還元率 1.5% 1.25%  1%
マイレージ移行レート
(1万円利用ごと)
90マイル 75マイル 60マイル
LCオーナーズコミュニティ内での商品紹介 法人決済用カード会員は可
※購入は可能
不可
※購入は可能
不可
※購入は可能
ラグジュアリーリムジン 往路、復路いずれか片道 往路の片道送迎 なし
ストリーマーコーヒーのエスプレッソ無料 毎日 月1回 なし
全国映画館映画鑑賞券をプレゼント 月3枚まで 月2枚まで 月1枚まで
国立美術館
①所蔵作品展
②企画展
①②可 ①可
②金曜日のみ可
①可
②不可
交通事故傷害保険&個人賠償責任保険  あり なし なし
グレードがあがるにしたがって、より手厚い優遇が受けられるようになっています。

審査の難易度は?

ラグジュアリーカード利用データ調査によると、2021年のラグジュアリーカード会員の約6割が「経営者・会社役員・自営業」。平均年収は1700万円となっています(2021年12月)。

日本のサラリーマンの平均給与は433万円(令和2年分 民間給与実態統計調査)ですから、かなりの高収入、富裕層が利用しているカードであることは明らかです。審査は当然厳しそうです。

とはいえ、申込みの注意書きには、「20歳未満の方はお申込みいただけません」と年齢についてのみ言及しているので、高収入ではないけど安定している職業で、カードを頻繁に利用し期日までにきちんと返すことができる人であれば、申し込んでみるといいかもしれません。

LC会員の年齢構成は、ミレニアル世代が49%、次いで40代が25%、50代が19%、60代以降が7%。1981年以降に生まれたミレニアル世代の新富裕層に支持されているカードです。

たとえ駆け出しの社会人であっても、新富裕層の予備軍と見込まれれば、ポジティブに判断されるかもしれません。

申し込み

まとめ

いかがだったでしょうか?

自らを「エクスクルーシヴな体験型優待サービスを提供」と称すとおり、いろんなサービスが体験できるカードです。

新しいサービスは月単位で生み出されており、カード会社への期待感も高まります。

ブラックカードの年会費は11万円なので、月にすれば9200円ほど。これらのサービスを使いこなせば、新しい体験が楽しめるだけでなく、十分元も取れそうです。

申し込み

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる
magmagawards2019専門情報2位

カード比較