上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

年会費U-1万円でコスパ抜群!「ANA VISA ワイドゴールドカード」

ANA VISA /マスター ワイドゴールドカードとは?

空港ラウンジの無料利用やビジネスクラスカウンターでのチェックインなど、ワンランク上のサービスが光る「ANA VISA /マスター ワイドゴールドカード」。人気の理由は、後述する「マイ・ペイすリボ」とWEB明細書を併用することで、年会費が割引になること。ゴールドカード会員は、カード入会時と毎年の継続時に2000マイルがもらえるほか、飛行機利用でも+25%のボーナスマイルもらえるので、効率よくANAマイルが貯まります。

申し込み

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードもおすすめ!

コスパで選ぶなら「「ANA VISA /マスター ワイドゴールドカード」が最強ですが、旅行や出張で飛行機に乗る機会が多いなら「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」もおすすめ。ANAの航空券購入で貯まる3倍のマイルが貯まったり、帰国時に手荷物1個を無料で配達してくれたりと、トラベルサービスが充実しています。


申し込み
ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費(本カード)
(税抜)
1万4000円 3万1000円
年会費(家族カード)
(税抜)
4000円 1万5500円
マイル還元率 1% 1%
ポイント有効期限 3年 無期限
ANAグループ利用でのポイント優待 ANA航空券で2倍 ANA航空券、旅行商品、機内販売などで3倍
入会・継続ボーナスマイル 毎年2000マイル 毎年2000マイル
フライトボーナスマイル 25%アップ 25%アップ
空港ラウンジの無料利用 国内31空港、海外1空港(ホノルル)
※カード会員+同伴者1名
国内28空港、海外1空港(ホノルル)※カード会員+同伴者1名
空港手荷物無料宅配サービス なし 帰国時にカード会員1名につきスーツケース1個が無料(成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)
空港クロークサービス なし カード会員1名につき荷物2個が無料(成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、福岡空港)
優先チェックイン エコノミークラス利用時もビジネスクラスカウンターの利用OK エコノミークラス利用時もビジネスクラスカウンターの利用OK
海外旅行傷害保険 最高5000万円(自動付帯) 最高1億円(利用付帯)、最高5000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 最高5000万円(自動付帯) 最高5000万円(利用付帯)
 

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードの特典 ビジネスクラスカウンターでのチェックイン

空港のチェックインカウンターで、混雑にイライラした経験がある人も多いのでは? ANA VISA /マスター ワイドゴールドカードがあれば、エコノミークラスの利用でもビジネスクラスのカウンターでチェックインOK 。長い行列に並ぶことなく、スムーズにチェックインできます。
(ANA国際線利用時、同行者不可、ANAワイドカード・ANAワイドゴールドカード・ANAカード プレミアム共通の特典)

ANA VISA /マスター ワイドゴールドカードの審査難易度は?

入会資格は、「原則として、満20歳以上で本人に安定継続収入のある方」。もちろんこれだけではなく、職業や勤務先、勤続年数、預金、住宅ローンの有無などの情報をもとに独自の基準で審査が行われます。詳細は明かされていませんが、一般的には借家よりも持ち家、世帯持ちより独身が有利とされています。逆に、クレジットカード代金の延滞・滞納や複数カードの同時申し込みは、審査に落ちる要因となるので気をつけましょう。

ANA VISA /マスター ワイドゴールドカードの年会費は安くなる!

ANA VISA /マスター ワイドゴールドカードの年会費は1万4000円+消費税ですが、2つの割引を併用すると9500円+消費税となり、大きく節約できます。


まず、毎月の利用明細を「WEB明細サービス」にすると1000円+消費税の割引。さらに、「マイ・ペイすリボ」申し込み+年に1度以上のカード利用で3500円+消費税の割引。合計すると4500円+消費税の割引に! ゴールドカードとしては破格の年会費といえるでしょう。

気をつけたいのが、「マイ・ペイすリボ」の設定。「マイ・ペイすリボ」はリボ払いの一種で、例えば毎月の支払い額を2万円に設定していて3万円分の買い物をした場合、残りの1万円+手数料(残高×15%)は翌月以降に支払うことになります。こうなると、手数料が雪だるま式に膨らんでいくリスクがあり、大変危険です。リスクを避けるには、毎月の支払い額をクレジットカード限度額いっぱいに設定しておくのが鉄則。例えばクレジットカード限度額が20万円なら、毎月の支払い額を20万円に設定すると、手数料の発生はゼロ。無駄なお金を一切使わずに、年会費割引の特典が受けることができます。カードが手元に届いたら、まず毎月の支払い額=クレジットカード限度額に変更しておきましょう。

ANA VISA /マスター ワイドゴールドカードの還元率は?

還元率は通常1%。1000円(税込)の利用ごとに三井住友VISAカードのワールドプレゼントポイントが1ポイント貯まり、1ポイント→10ANAマイルに移行できます。マイル移行手数料は無料。ANA普通カードの場合、同じレートでマイルに移行するには移行手数料(6000円+消費税)が必要なので、お得です。

さらに還元率を上げるには、上で紹介したマイ・ペイすリボの活用がカギとなります。リボ手数料の支払いが1円でも発生した場合、通常ポイントとは別に1000円=1ポイントのボーナスポイントがもらえますが、このボーナスポイントは1ポイント→3ANAマイルに移行可能。通常ポイントと合わせるとマイル還元率は1.3%と、他を圧倒する高還元率が実現します。

注意すべきは、「ボーナスポイントをもらうには、リボ手数料を支払う必要がある」という点。リボ手数料が発生しない月には、ボーナスポイントはいっさいもらえません。最小限のリボ手数料でボーナスポイントがもらえるよう、毎月ギリギリの金額を計算して設定する必要があります。

ANA JCBワイドゴールドカードやANAダイナースとの違いは?

ANAのゴールドカードにはほかに、ANA JCB ワイドゴールドカード、ANAダイナースカード、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードがあります。いずれも入会・継続マイルは2000マイル、搭乗ボーナスマイルは25%と同じ。違いはどこにあるのか、見てみましょう。
ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード ANA JCBワイドゴールドカード ANAダイナースカード ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費(税抜)  1万4000円  1万4000円  2万7000円  3万1000円
家族会員年会費 4000円 4000円 6000円 1万5500円
マイル還元率 1%(ANA航空券購入は2%) 1%(ANA航空券購入は2%) 1%(ANA航空券購入は2%) 1%(ANA航空券購入は3%)
海外旅行傷害保険 最高5000万円 最高1億円 最高1億円 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5000万円 最高5000万円 最高1億円 最高5000万円
海外航空機遅延保険
国内航空機遅延保険
ビジネスクラスカウンターでのチェックイン
空港ラウンジ 国内31空港、海外1空港(ホノルル) 国内31空港、海外1空港(ホノルル) 国内外に800カ所以上 国内28空港、海外1空港(ホノルル)
空港手荷物宅配サービス × × ○(帰国時に1個無料) ○(帰国時に1個無料)
大きな違いは年会費。ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードは年会費割引の条件をクリアすると9500円+消費税とさらに安くなります。ANA JCB ワイドゴールドカードには割引はありませんが、目を惹くのは旅行保険の充実ぶり。海外旅行傷害保険の補償額が高額な上、海外航空機遅延補償も付帯しています。


特典で選ぶなら、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードANAダイナースカード。年会費は高額ですが、海外に行く機会が多い人に支持されています。

ANA SKYコインへの交換レートが有利

ANAマイルは、航空券やツアー購入に使える「ANAスカイコイン」に交換できますが、交換レートはANAカードの種類や会員ステータスによって異なります。

4万マイルまではANA一般カードとANAゴールドカード(ANAワイドゴールドカード、ANAダイナースカード、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード等)の交換レートに差はまったくありません。しかし、5万マイルを超えるとANA一般カードが5万マイル→7万5000円相当(1.5倍)に対して、ANAゴールドカードは5万マイル→8万5000円相当(1.6倍)と有利になります。

利用可能な空港ラウンジは?

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードで利用できる空港ラウンジは以下の通りです。


国内……北海道(新千歳空港、函館空港、旭川空港)、東北(青森空港、秋田空港、仙台国際空港)、中部(新潟空港、富山空港、小松空港、中部国際空港、富士山静岡空港)、関東(成田国際空港、羽田空港)、近畿(伊丹空港、関西国際空港、神戸空港)、中国(岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港、出雲縁結び空港)、四国(徳島空港、高松空港、松山空港)、九州(福岡空港、北九州空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、鹿児島空港)、那覇空港

海外……ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードで使える電子マネーは?

クレジットカード本体に、iDと楽天Edyが搭載されています。ただし、楽天EdyやSuica、ICOCAへのチャージはポイント対象外と、使い勝手はいまいち。iDは後払い式なので、通常のクレジット利用と同様のポイントが貯まります。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードのETCカード

ETCカードは発行手数料・年会費ともに無料です。ただし、年に1度もETCカードの利用がない場合、翌年は年会費(500円+消費税)が必要となります。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードの旅行傷害保険は?

保険金額は海外旅行が最高5000万円、国内旅行・航空が最高5000万円。どちらも自動付帯なので、カード利用の有無にかかわらず、持っているだけで適用されます。うれしいのは、カード会員以外も補償される家族特約が付いていること。家族旅行に出かける前に、作っておきたい1枚です。

まとめ

ANAマイラーに人気のANA VISA/マスター ワイドゴールドカード。割引条件を満たした場合の年会費は9500円+消費税で、マイル移行手数料は無料。トータルコストではANA VISA 一般カード(年会費2000円+消費税、マイル移行手数料6000円+消費税)とあまり差がありません。入会・継続マイルや搭乗時のボーナスマイルが多くもらえるほか、ゴールドカードならではの特典も付くので、お得な1枚と言えるでしょう。

申し込み

アップルペイのすべてがわかる

カード比較