上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

100万円修行で年会費永年無料!完全ナンバーレス「三井住友カード ゴールド(NL)」

最終更新日:2022年9月8日
公開日:2022年4月13日

新たなるナンバーレス(NL)カードの出現で、選びたい放題!

相次ぐナンバーレスカードの誕生で、カードラインナップがさらに充実した三井住友カード。今回は、ゴールドカードの中でも、時代を先取りする完全ナンバーレス「三井住友カード ゴールド」(NL)を紹介します。

三井住友カード 主要カードラインナップ
一般カード ゴールドカード プラチナカード
スタンダード 三井住友カード(一般)年会費:1375円
※インターネット入会で初年度年会費無料
三井住友カード ゴールド年会費:1万1000円
※インターネット入会で初年度年会費無料
三井住友カード プラチナプリファード
年会費:3万3000円三井住友カード プラチナ
年会費:5万5000円
ナンバーレス
(NL)
三井住友カード(NL
年会費:永年無料
三井住友カード ゴールド(NL)
年会費:5500円
三井住友カード プラチナプリファード
年会費:3万3000円
カードレス
(CL)
三井住友カード(CL)
年会費:永年無料
「三井住友カード ゴールド(NL)」は、セキュリティに配慮した完全ナンバーレスのため、カードの裏面にもカード番号、セキュリティコードは印字されていません。カードを取り出すときも人に盗み見される心配はありません。

「三井住友カード ゴールド(NL)」のポイント還元率は通常0.5%ぐらいと、“ごく普通”ですが、コンビニ2社とマクドナルドなどでは最大5%をはじめ、いろんなところにポイントアップのチャンスがあります。

「三井住友カード ゴールド(NL)」で注目したいのが、年間100万円の壁です。タイトルに“100万円修行”と書きましたが、これを突破すると、年会費が永年無料になったり、1万ポイントが付与されたりと著しくお得度が増します。

前置きが長くなりましたが、さっそく「三井住友カード ゴールド(NL)」の魅力を詳しく探っていきたいと思います。

申し込み

「三井住友カード ゴールド(NL)」と「三井住友カード ゴールド」、どっちがお得!?

同じゴールドカードでも、「三井住友カード ゴールド(NL)」と「三井住友カード ゴールド」があります。この違いを紹介したいと思います。
三井住友カード ゴールド(NL) 三井住友カード ゴールド
年会費 5500円 1万1000円
家族カード:無料 家族カード:1人目無料/2人目以降1100円
年会費の優遇 ●年間100万円の利用で翌年以降の年会費永年無料 ●インターネット入会で初年度の年会費無料
●年会費割引特典あり
Vpassアプリ 必須 必須ではない
利用金額によるボーナスポイント 毎年100万円の利用で10,000P付与 毎月5万円以上の利用で100P、10万円以上で200P、以降5万円ごとに200P付与
旅行傷害保険 最高2000万円 (2022年4月16日以降、利用付帯) 最高5000万円 (2022年4月16日以降、利用付帯)
ショッピング補償 年間300万円 自己負担額:3000円
コンビニ2社+マクドナルドなどでタッチ決済*によるポイントアップ +2.5%還元 なし
空港ラウンジサービス
(国内主要空港)
ドクターコール24 ×
*セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどでVisaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスを使った決済

「三井住友カード ゴールド(NL)」の魅力は、何と言っても年会費の安さ。一度でも年間利用100万円を達成すると以降5500円の年会費は永年無料になります。10年間のカード保有で、5万5000円が節約できることになります。

また、カード利用金額によるボーナスポイントも、毎年1万ポイントを獲得できるチャンスがあります。

一方、付帯保険の補償やドクターコール24が使えないなどのデメリットはありますが、コスパ抜群のゴールドカードといえるでしょう。

「番号はどこ?」ナンバーレスカードの使い方

三井住友カード(NL)は、カード自体に番号の印字がないといいましたが、どこで確認できるのでしょう。

答えは、会員専用アプリ「Vpass」画面で見られます。

カード送付時に与えられたカード番号を「Vpass」に登録すれば、スマホ画面にカード名義人、カード番号、有効期限、セキュリティコードが表示されます。

カード情報は実店舗の買い物では必要ありませんが、ネットショッピング時にこれらの情報が必要となります。カードが届いたらすぐ「Vpass」登録を行っておきましょう。

三井住友カードアプリ 「Vpass」 /カード情報確認のページ
ポイントの貯め方

[ポイントの貯め方] ポイントアップ利用でザクザク貯める

セブン‐イレブン、ローソンやマクドナルドなどで最大5%還元

カードを利用すると200円(税引)ごとに1PのVポイントが付与され、1P=1円で買い物に利用できます。通常の還元率は0.5%ですが、「セブン‐イレブン」「ローソン」「マクドナルド」などでは最大5%のポイントが還元されます。


5%の内訳は、通常ポイントとして0.5%、「コンビニ2社+マクドナルド」などの利用で2%、さらにクレジットカードのタッチ決済(Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレス)で2.5%が上乗せされます。

たとえば、マクドナルドで1200円の買い物を、Visaのタッチで決済すると60Pが付与されます。

 

■[還元率とポイント数] マクドナルドで1200円をVisaのタッチで支払った場合
①【通常】ポイント(0.5%):6P
②【コンビニ2社+マクドナルド】などで利用(2%):24P
③【コンビニ2社+マクドナルド】などでVisaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスの利用(2.5%):30P

①+②+③:60P

 

ポイントは200円単位で付与されるため、利用金額によっては還元率が5%を下回ることもあります。利用金額1200円で60Pですが、1300円でも60Pになってしまいます。

[注意]
※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
※一部Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスが利用できない店舗があります。また、一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿し支払う場合があります。その場合の支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりません。
上記、タッチ決済とならない金額の上限は、利用される店舗によって異なります。

▶さらに詳しく算出方法を知りたい方はこちらでご確認ください。
三井住友カード「いつもの利用でポイント最大5%還元!」

クレジットカードのタッチ決済
先ほど、コンビニ2社+マクドナルドなどで最大5%の還元率を得るには、Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスの利用が必須です。クレジットカード(またはApple Pay利用)でタッチするたけで2.5%もアップするので使わない手はありません。

とはいえ、Visaのネットワークを使ってタッチ決済しなければ+2.5%のポイントは付きません。iDでは適用されません。

クレジットカードのタッチに慣れていない人のために、いくつか注意事項を紹介しておきます。

店員さんがいるレジでの利用方法

レジに店員さんがいる場合は、「クレジットカードで」「Visaのタッチ(Mastercard®コンタクトレス)で」と支払い方法を正確に伝えます。店員さんが支払方法を裏で操作してくれるので、利用者は端末にプラスチックカードまたはiPhoneを近づけるだけで決済は完了します。

レジの種類によっては、クレジットの“IC(差し込みタイプ)”なのか、“タッチ”なのか告げないといけないケースがあります。もし、「クレジットカード」といって決済できなかったら、「Visaのタッチ」と言い換えると上手くいくことがあります。

>>日本クレジットカード協会「タッチ決済について」

セルフレジでの利用方法

セルフレジでは、自分で支払方法を選んでボタンを押します。要注意はApple Payでの決済です。たとえ支払い画面に「Apple Pay」のボタンがあっても「クレジットカード」を選びます。Apple PayにするとiD決済になって2.5%のポイント加算はありません。

支払方法を正しく選んだのに、Apple Payで決済できないときは、端末のセンサーが感知していないのかもしれません。iPhoneの上部を端末に近づければ解決することもあるので試してみてください。画面上に完了マークが出ると決済完了です。

レシートを確認しよう

本当にVisaのタッチで決済されたかどうかは、レシートで確認できます。


これはローソンで決済したときのレシートですが、「APL」はおそらくApple Payの略称。その横に「Visa CREDIT」とあるのでVisaのタッチで決済できたようです。iDであれば「Visa CREDIT」の代わりに「iD」と印字されます。(店舗によって異なるかもしれませんが、、、。)

選んだお店でポイント+0.5%!

選んだお店でポイントが0.5%アップする特典があります。サイト上からよく利用する店舗を選んで登録すれば、200円ごとに0.5%が加算されます。登録は最大3つまで。「コンビニ」「スーパー」「ドラッグストア」「カフェ・ファストフード」などで利用できます。

対象店は

デイリーヤマザキ
ライフ
ヤオコー
イズミ
マツモトキヨシ
すき家
モスバーガー
スターバックス カードオンラインチャージ

など約60店舗あります。

「家族ポイント」で一緒ポイントアップ!最大5%還元も

三井住友カードを保有している家族(2親等以内)を家族登録すると、コンビニ2社+マクドナルドなどの利用でポイントがアップします。本会員のみが登録できます。

登録人数が1人増えるごとに1%分のポイントが還元されます。最大5%までですが、「三井住友カード(NL)」は5人以上登録すると、コンビニ2社+マクドナルドなどで最大10%までアップします。

ちなみに「三井住友カード ゴールド」の場合は、タッチ決済での2.5%加算がないため、最大で7.5%。最大10%には届きません。

「ポイントUPモール」「ココイコ!」でポイント+0.5~9.5%!

実店舗だけでなく、ネットショッピングでも高ポイントが狙えます。おすすめは「ポイントUPモール」「ココイコ!」です。

「ポイントUPモール」は、三井住友カードが運営するポイントサイト。さまざまなネットショッピングの入り口となるサイトです。このサイトを経由してネットショッピングすると、ポイントは通常の+0.5~9.5%に。

「楽天市場」「Amazon」「ユニクロオンラインストア」も利用できます。ひと手間かかりますが、通常より多くのポイントが得られます。

>>ポイントUPモール(三井住友カード)

次は「ココイコ!」です。これは事前に行きたい店をエントリーしておき、実際にその店舗に出かけてカード利用するとポイントがアップするというサービス。

還元方法は「ポイント」「キャッシュバック」の2通りあって、ポイントなら+2倍、キャッシュバックなら+1%が別途加算されます。タカシマヤ、大丸、東急百貨店、伊達の牛たん本舗、びっくりドンキーなどで利用できます。

※上記は2022年9月現在
※ポイント還元率は予告なく変更となる場合があります

つみたて投資で0.5%のポイント

三井住友カードを使ってSBI証券の投信積立ができます。毎月、クレジットカードで支払った積立額の0.5%のVポイントが貯まります。

うれしいのは、つみたてNISAにも対応していること。これを利用すると、通常、投資信託で得た利益(分配金や譲渡益)にかかる20.315%もの税金が非課税になります。

投資積立を利用するためには、証券口座が必要です。開設していない人は、カード入会時に証券口座を同時につくることができます。

※【注意】投資信託の基準価格は変動するため、元本の保証はありません。

▶くわしくはこちらをご覧ください

>>つみたてNISA(金融庁)
>>三井住友カードつみたて投資とは

年間100万円のカード利用で1万ポイントプレゼント

「三井住友カード ゴールド(NL)」を、毎年、年間100万円利用すると、1万ポイントがプレゼントされます。通常もらえるポイントと合算すると合計1万5000P。還元率に換算すると1.5%になります。

利用金額に含まれるのは、通常の買い物利用ほか、家族カードの利用代金、税金・家賃、公共料金の支払いなど広範囲にわたっています。コード決済と紐づけた決済もOKです。

▶くわしくは、こちらを参照してください。
>>三井住友カード FAQ

貯まったポイントの使い道

「Vポイント(プリペイド)」のチャージもおすすめ

ポイントの使い道でおすすめは、スマートフォンアプリ「Vポイント(プリペイド)」へのチャージです。Vポイントのアプリが必要になりますが、ポイント移行や決済がスムーズに行えて便利です。1P=1円で買い物ができます。

残高が足りない場合は、クレジットカードや銀行口座からチャージが可能。三井住友カードからのチャージでは、チャージ金額の0.25%分のポイントが付与されてお得です!


ポイントは他社のポイントと交換、キャッシュバックにも使える

このほか、貯まったポイントはVisaプリペイドへのチャージ、キャッシュバックで1P=1円として使えます。また、他社ポイントへの交換も幅広く行われていますが、ポイントの価値が2割程度目減りしてしまうのが難点。使いやすさを踏まえ、有利な交換先を考えてみるといいでしょう。

<ポイント交換先 一例>
●キャッシュバック→1P=1円
●Visaプリペイド→1P=1円
●Amazonギフト券→1P=1円分
●App Store & iTunesギフトカード→1P=1円分
●ANAのマイル→1P=0.5マイル
●nanacoポイント→1P=0.8P
●楽天ポイント→1P=0.8P
●dポイント→1P=0.8P
●Pontaポイント→1P=0.8P
●WAONポイント→1P=0.8P

 

>>「三井住友カード(一般)」くわしくはこちら
>>「三井住友カード(NL)」くわしくはこちら
>>「三井住友カード ゴールド」くわしくはこちら
>>「三井住友カード プラチナプリファード」
>>「三井住友カード プラチナ」くわしくはこちら

旅行のお供に最適!

空港ラウンジサービスが利用できる
本会員、家族会員は国内主要空港のラウンジを無料で利用できます。海外ではハワイにあるダニエル・K・イノウエ国際空港も利用できます。利用方法は、ラウンジ受付でカードと当日の搭乗券(航空券)を提示するだけ。事前の予約は不要です。ただし、Apple Payのカード表示は不可のため、プラスチックカードを持参しましょう。

クレジットカードのタッチ決済は海外でも便利!
これ1枚で、差し込みタイプのIC決済をはじめ、クレジットカードのタッチ決済、Apple Pay(またはGoogle Pay)の決済と多様な支払方法が選べます。

クレジットカードのタッチは、日本で使える店舗は現在拡大中ですが、海外ではすでに普及している通信規格なので海外旅行や出張時にも便利。旅先で慣れない小銭を取り出す必要もなく、駅やスーパーでタッチ決済ができます。

どんなキャンペーンが行われている?

キャンペーンは期間限定で行われているのがほとんど。新規入会時、新サービスの開始時に多く行われています。

新規入会の方を対象としたキャンペーンは、入会時にVポイントギフトコードのプレゼント、さらにカード利用金額に応じてVポイントをプレゼントするなど。キャンペーン期間ごとにポイント数や獲得条件は変わりますが、ほぼ1年を通して行っているようです。

このほか、新サービスが始まると利用促進のためのキャンペーンが行われます。最近では、「Apple Pay/Google Pay™ でVisaのタッチ払いすると最大1000円分プレゼント」「定期払いでVポイントギフト1万円分が当たる」「家族ポイント登録でもれなく1000円」など。いずれも簡単に条件がクリアできそうなのが魅力です。

また、抽選ではありますが、ワクワク度の高いキャンペーンは、毎年開催している「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン貸切ご招待」。新型コロナによるユニバーサル・スタジオ・ジャパンのパーク休業(2020年)で開催されなかった年もありましたが、通常5月末~6月初旬(のうち1日)ごろに行われます。キャンペーン期間中に5万円以上カード利用すると、キャンペーンに申し込みが可能。抽選1万名にパーク貸切イベントご招待チケットが届きます。

最短、5分で発番。即時利用可能に!

申込み方法
インターネットから入会申込みができます。運転免許証、金融機関の通帳を手元に用意しておくとスムーズに進められます。最短5分でカード番号が表示されるので、それの番号をApple PayやGoogle Payに登録すれば、プラスチックカードの到着を待たずにスマホで決済が行えます。(即時に審査が完了しない場合もあります)

[注意]
※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※入会には、連絡が可能な電話番号が必要

審査は厳しい?
入会資格は、「原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」となっています。

一方の「三井住友カード ゴールド」が「満30歳以上~」とあるので、「三井住友カード ゴールド(NL)」は社会人になりたての若い方にもチャンスがあります。

収入の制限は明記されていないので、文字通り安定継続収入が見込まれているのであれば、過去のカード利用履歴に問題がない人であれば、正社員でなくても、通過の可能性は高いと考えられます。

もし否決されたとしても、6ヶ月後に再度申し込むことは可能。手堅く三井住友カード(NL)にランクを下げて再トライしてみるのもよさそう。1~2年使ってカードの利用実績を積んでからゴールドに切り替える手もあります。

申し込み

 

まとめ

若い人がもちやすいゴールドカードです。審査ハードルもやや低め、ポイントも貯まりやすく、年会費の優遇がある点も魅力です。

インターネットのクチコミで、カード番号がプラスチックカードに記載されていないため探すのが面倒では?という意見もあります。利用状況にもよるとは思いますが、個人的にはプラスチックカードを取り出すより、スマホの方が確認しやすいので支障を感じたことは今のところありません。

普通にスマホを使っている人であれば、とても利用しやすいカードと思います。

申し込み

アップルペイのすべてがわかる
magmagawards2019専門情報2位

カード比較