上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

ポイ活ビギナーも必見! 簡単にポイントが貯められる「楽天カード」のツボを伝授!

「2021年度JCSI(日本版顧客満足度指数調査」のクレジットカード業種で、13年連続で顧客満足度第1位を獲得し続ける楽天カードは、年会費永年無料。18歳以上(高校生を除く)であれば、インターネットから簡単に申し込みができるクレジットカードです。

楽天カードで支払いをすると、通常1%のポイントが還元されますが、キャンペーンの利用や、他の楽天サービスとの組み合わせで、これ以上の還元が簡単に得られます。

どういったシーンでどういった使い方をすればいいのか、楽天カードを最大限お得に使う方法を紹介します。

「クレジット」「電子マネー」「ポイント」払いごとのポイント数

まずは、基本のポイント数から。

楽天カードは、クレジットカード、電子マネー、ポイントカードの3つの方法で決済できますが、決済方法ごとに、楽天ポイントの貯まり方は異なります。


●クレジット払いで1%

クレジットカードの利用では、基本100円の利用で1ポイントの楽天ポイントが貯まります。公共料金、税金などの支払いは500円で1ポイントが貯まります。

※一部ポイント還元の対象外、もしくは、還元率が異なる場合があります。

●電子マネー払いで0.5%

電子マネー(楽天Edy)は200円で1ポイントが貯まります。

クレジットカード利用よりポイント還元率は低下しますが、楽天カードから楽天Edyにチャージすれば0.5%貯まるため、合計で1%の還元が得られます。

●ポイント払いで1%

楽天ポイントカードの加盟店では、楽天ポイントで支払うことができます。1ポイント1円相当です。※一部の店舗ではポイントを利用した支払いに対応しておりません。

楽天ポイントの貯め方

●楽天ポイントをがっつり貯める「Tips」
では、どうすれば基本ポイント以上のポイントを稼げるのでしょう?


ここからは、ポイントアップできる利用方法を具体的に紹介していきます。

【その1】楽天市場で楽天カード払い (+2%UP)

楽天市場では、決済方法を問わず、通常100円=1ポイント(1%)の楽天ポイントがもらえます。

①決済方法を「楽天カード」にすれば、100円で2ポイント(2%)が加算され、通常分と合わせて3ポイント(3%)の楽天ポイントが付与されます。

②さらに、楽天市場の買い物をWebでなく、楽天市場アプリにすると200円で1P(0.5%)が上乗せされます。

③さらに、さらに…、楽天カードの引き落し口座を「楽天銀行」にすると、200円で1P(0.5%)が加算されます。

【その2】楽天市場で特定日に買い物 (+2%UP)

楽天市場でドカンとポイントアップを狙うなら、キャンペーンの利用がおすすめ。「毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍」「楽天スーパーDEAL」「お買物マラソン」などを積極的に利用しましょう!

たとえば、「楽天カード利用」「楽天市場アプリ」「楽天銀行引落し」「5と0のつく日に買い物」した場合は最大6.5%のポイントが還元されます。

 
[6.5%の内訳]
●楽天カード通常分+1倍
●楽天カード特典分+1倍
●楽天市場+1倍
●楽天市場アプリ+0.5倍
●楽天銀行で楽天カードの引き落とし+最大1倍(※)
●5と0のつく日エントリー+2倍
※銀行については、条件によって倍率が異なるため、詳細についてはこちらよりご確認ください。https://www.rakuten-bank.co.jp/campaign/spu/
 

楽天市場の主なキャンペーン
キャンペーン名 ポイント付与率 開催日 参加方法
毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍 5% 毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日 エントリーしたのちに楽天カードを使って買い物
楽天スーパーDEAL 10%~50%
(対象商品に適用)
毎日
(対象商品は毎日更新される)
エントリー不要。対象商品を購入
お買い物マラソン 最大10倍 不定期
(月に1回ぐらい)
エントリーしたのちに、1000円(税込)以上のお買い物をした「ショップ数」に応じて1倍ずつポイントアップする。最大10ショップまで。
【その3】楽天ペイにチャージして買い物 (+0.5%UP)

楽天ペイ(アプリ)に楽天カードを紐づけて買い物をするとお得です。

お得な利用方法は、楽天カードから楽天キャッシュにチャージしてから楽天ペイのチャージ残高で支払います。チャージ時に0.5%のポイント還元があり、チャージ残高(楽天キャッシュ)での支払い時に1%還元、合計で1.5%還元となります。アプリ上でチャージも決済もすべて完結できるので簡単です。

さらに、楽天ペイはオンライン決済にも対応しており、日曜日、月曜日限定で最大3%還元を実施しています(楽天ペイの日)。家電量販店、百貨店、総合通販サイト、コスメといった多様なサイトで使えます。

▶詳しくはこちら

【その4】「楽天カードポイントプラス」対象店で買う (+0.5%UPなど)

楽天カードのサービスである「楽天カードポイントプラス」の対象店で買い物をすると、いつものお買い物がよりお得になり、さらにポイントを貯めることが可能です。事前エントリーが必要な対象店があります。楽天カード会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」、または「楽天カードアプリ」で確認ができます。

※一部、エントリー不要のショップがあります。各ショップの詳細を必ずご確認ください。

楽天カードポイントプラス 一例
エネオス/大丸・松坂屋/ワコール/キャスティング/メガネスーパー

▶詳しくはこちら

【その5】ポイントカード対応店を利用 (+0.5~1%UP)

楽天ポイントカードが使える店舗で楽天カードで決済すると、「ポイントカード」の提示ポイントと「楽天カード」の決済ポイントが二重取りできます。還元率は合わせて1.5%~2%になります。

楽天ポイントカードは、コンビニ、ファストフード店、レストラン、ドラッグストア、家電量販店、アパレルショップなどで使えます。

▶くわしくはこちら

楽天ポイントの使い方

楽天ポイントは1ポイント1円相当として、「楽天市場」「楽天ブックス」「楽天トラベル」などで使えるほか、「楽天ペイ」「楽天ポイントカード対応店」での買い物、「楽天カード(請求額)」の支払い)に充当できます。
※通常ポイントのみ利用可能

このほか、ANAのマイルやJALのマイルにも2P→1マイルで移行できます。

ポイント利用上の注意点は、楽天ポイントには「通常ポイント」のほかに「期間限定ポイント」があり、期間限定ポイントの場合、利用先に制限があることです。たとえば、楽天Edyへのチャージ、マイルへの交換には使えません

また、有効期限についても、ポイントを獲得するたびに有効期限は延長される「通常ポイント」に対し、「期間限定ポイント」は延長措置がなく、だいたい1ヶ月程度(ポイントによる)で失効してしまいます。


入会特典が豪華!通常5000P、最高は10000ポイント!?

楽天カードの入会特典は、基本、5000Pの還元があります。

ポイントの内訳は新規入会で2000P(通常ポイント)、カード利用で3000P(期間限定ポイント)です。両方の条件をクリアするのは難しくありません。期間限定ポイントの付与もあるので、あらかじめ使い道を考えておくといいでしょう。

新規入会特典は、入会タイミングによってポイント数が変わります。直近では、2022年7月に8000P、2022年8月に7000P、2022年9月に10000Pがありました。

●2022年7月15日~2022年7月25日 8000P
●2022年8月22日~2022年8月29日 7000P
2022年9月12日~2022年9月20日 10000P

現在、何ポイントもらえるかは、こちらでチェック!
↓   ↓   ↓
>>「楽天カード」新規入会キャンペーン

追加カードはある、ない?

本カードに加え、「家族カード」「楽天ETCカード」「2枚目のカード」が追加できます。

●家族カード
家族カードは、18歳以上の生計をともにする配偶者、子ども、両親が対象。年会費は永年無料です。家族の利用分は、本会員のカード利用分とまとめられ、本会員の口座から引き落とされます。

家族カードをつくらず、それぞれが楽天カードをつくることももちろん可能ですが、家族カードにすれば、家族間でポイントを貯めたり、融通し合ったりすることができて便利です。

●ETCカード
「楽天ETCカード」は本カード会員だけが持てます。

年会費は通常550円(税込み)ですが、楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード会員、または楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンド会員・プラチナ会員の人は、年会費無料になります。

●2枚目の楽天カード
楽天カードは、「2枚目の楽天カード」が持てます。

Visa、Mastercard、American Express、JCBの中から、1枚目の楽天カードと異なるブランドが選べます(同じブランドでも可能)。特に海外利用が多い人は利用可能店が増えるので使いやすくなるでしょう。ただし、カードの枚数が増えても利用限度額は変わりません。

※一部デザインカードにて、2枚目に持てないカードがあります。楽天e-NAVIのお申し込みフォームより、2枚目に申し込み可能なカードをご確認ください。

カード付帯のうれしいサービス!

楽天カードは「海外旅行傷害保険」「カード盗難保険」「ハワイのラウンジ利用」などのサービスを付帯しています。

●海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険は、最高2000万円の補償。事前の申込みは不要です。出国前に『募集型企画旅行の料金』 に該当する代金を楽天カードで払うと保険が適用されます。

もし、本カード会員が家族会員の代金を一緒に支払えば、家族会員にも適用されますが、楽天カードをもたない子どもは適用外。別途旅行傷害保険に加入する必要があります。

●カード盗難保険

カード盗難保険もついています。万が一、カードの紛失・盗難後に不正使用された場合、連絡が受理された日から60日前にさかのぼって被害額が補償されます。

●ハワイラウンジ

楽天カード ハワイラウンジが利用できます。原則5名までの同伴者も無料で利用可能。

Wi-Fiやフリードリンク、荷物の当日中一時預かりなどが利用できます。ラウンジで一息つきながら、現地で利用できるお得なクーポンをWebから取得してみるのもおすすめです。

▶楽天カード 特典クーポン

場所はアラモアナセンター エヴァウィング 3階。ショッピングついでに立ち寄ってみてはいかがでしょう。

申込みと審査

最後に楽天カードの申し込みついてです。

高校生は申し込めませんが、日本在住で18歳以上の方であれば、主婦(夫)・パート・アルバイトの方も申し込めます。

申込みは、インターネットから行います。常時、新規入会キャンペーンが行われているので、ポイント数、ポイント付与の条件を確認しておくといいでしょう。

入会審査・カードの発行状況は、WEBページで確認できます。カードは「お申し込み受付のお知らせ」メールを受け取ってから、通常約1週間~10日前後で手元に届きます。

まとめ

利用日時や利用方法を変えるだけで、ポイントはアップします。

自分の中で、買い物ルールをつくっておけば、ポイントは各段と貯まりやすくなるでしょう。

たとえば、実店舗ショッピングは、楽天カードでチャージして楽天ペイで支払う。ネットショッピングは5と0のつく日に楽天市場でカード決済といった具合です。いろいろ考えるのが面倒と感じる人は、この2つだけでも実行してみてはいかがでしょう。

また、最近は西友との協業体制が強化されています。「西友」「リヴィン」「サニー」で楽天カードや楽天Edy、楽天ペイを使うと、曜日によってポイントが倍増するチャンスもあります。近隣に西友がある人は、楽天カードで生活費節約につなげることもできそうです。


申し込み

アップルペイのすべてがわかる
magmagawards2019専門情報2位

カード比較