上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

JR券予約、グリーン券購入で還元率が最大8%。お得はまだまだ続くよ♪「ビューゴールドプラスカード」!!

2021年7月から、JR東日本の対象サービスでポイントが優遇される「VIEWプラス」がますますパワフルにリニューアル。これまで一律1.5%だったVIEWプラスの還元率は最大8%に引き上げ!

近場の移動も、ちょっと足を延ばしたい時も持って出かけたい金色の一枚です!

※以下、表示価格はすべて税込です

ビューゴールドプラスカードをまとめるとこんなカード

いろんな機能やお得がありますが、簡単にまとめてみるとこんな感じです。

まず目玉となるのはポイント還元率(1)です。ショッピングや食事などの決済時には0.5%ですが、えきねっとでのJR券予約(予約時決済)、モバイルSuicaを使ってのグリーン券購入などVIEWプラス対象サービス利用で還元率が最大8%にアップします。

年会費(2)は1万1000円ですが、毎年5000ポイントがもらえるチャンス(2)があるほか、家族カードが1枚目無料など、家族で利用すると実質の年会費をぐんと安く抑えられます。

加えて年間の利用額に応じてビューゴールドボーナス(4)の加算もあります。ショッピングや食事、公共料金の支払いが対象となります。ですから、ショッピング利用が多いという人も還元率を上げるチャンスがある全方位的ゴールドカードなのです。

機能性も抜群!ビューカードの便利な機能(5)はそのまま受け継いでいます。Suicaへのオートチャージ機能を使えば残高を心配することなく改札を通過できるほか、Suica定期券機能も付いているので通勤、通学時もこれ一枚で乗り降り、買い物が完結できます!

普段の電車利用時以外にも、旅行に出かけるたいときにも必携のカードです。旅行が快適に安心して過ごせるサービス(6)がカードに付帯されているので、力強いサーポートが受けられます。

交通利用やカードショッピングなどの出し入れでカードを落としたら大変!といった心配も不要です。紛失時には補償が適用される(7)ので安心して使えます。

では、これらもポイントを詳しくみていきましょう。


申し込み

(1)【ポイント還元率】新しくなったVIEWプラスで最高8%!さらに・・・・

カードを使ってショッピング、食事、公共料金を支払うと1000円=5P(還元率は0.5%)が付与されますが、Suicaへのチャージ、JRきっぷの予約時決済、グリーン券や定期券の購入時(VIEWプラス対象サービス)は1000円=15P~80P(還元率は1.5%~8%)に優遇されます。

以前きっぷや定期券の購入は一律1.5%の還元率だったので、比較するとどれだけ貯まりやすくなったか分かると思います。

貯まったポイントは1Pは1円としてSuicaにチャージできるほか、JRE POINT 特典チケット(ポイント使って特定区間の新幹線、在来線特急に乗れる)、商品などに交換できます。

サービスごとに付与されるポイントをまとめるとこのようになります。JRの利用者はかなり有利です。
ポイント対象サービス ポイント付与 備考
えきねっと JRのきっぷを予約
(予約時決済)
1000円=80P えきねっとの利用によるポイントが2%付与されると、ポイント還元率は合計10%になる
モバイルSuica グリーン券を購入 1000円=80P  モバイルSuicaの鉄道利用によるポイントが50円=1P付与されると、ポイント還元率は合計10%になる
定期券を購入 1000円=40P モバイルSuicaの鉄道利用によるポイントが50円=1P付与されると、ポイント還元率は合計6%になる
オートチャージ/
チャージ
1000円=15P  モバイルSuica入金残高で在来線に乗車およびひと月に同じ運賃で10回乗車によるポイントが12%付与されると、ポイント還元率は合計13.5%になる
Suica オートチャージ 1000円=15P
みどりの窓口
駅たびコンシェルジュ
VIEW ALTTE
・みどりの窓口
・券売機
・駅たびコンシェルジュ
・VIEW ALTTE(エキナカATM)
1000円=10P ゴールドカード会員限定
>>くわしくはこちら

(2)【年会費】家族カードは1枚目無料

本人会員の年会費は1万1000円と平均的なゴールドカードの価格です。

ですが家族カードは 1枚目年会費無料、2枚目からは年会費3300円とリーズナブルな価格設定。

家族カードは本人会員と生計をともにしている同姓の配偶者、両親、子ども(高校生を除く18歳以上)がいれば、申し込むことができます。

家族会員は一部使えない特典はあるものの、本人会員と同様の優待や付帯保険が利用できるほか、JRE POINTを皆で合算できるので、高ポイントが狙いやすくなるメリットもあります。

貯めたポイントで新幹線・特急列車が利用できる「JRE POINT特典チケット」や、グリーン車やグランクラスにアップグレードできる「JRE POINTアップグレード」に交換できるので、家族で旅行に出かける楽しみも増えそうです。

(3)【毎年5000ポイントもらえるチャンス】があります!

ビューゴールドプラスカードには、毎年5000ポイントがもらえるチャンスがあります。新規入会後は、初年度の年会費を払うと自動的にポイントが付与され、2年目以降は年間利用額累計100万円以上をクリアするともらえます。

これはぜひとも狙いたい特典です。

(4)【ビューゴールドボーナス】は、毎年もらえる5000ポイントと一緒にもらえる!

毎年5000ポイント、VIEWプラスのポイント増量など、なにかとポイントの貯まる機会が多いカードですが、これに加え年間の利用額に応じてもらえるビューゴールドボーナスもあります。

対象となるのはショッピングや食事、公共料金などの支払い。Suicaへのチャージ、定期券・きっぷ、年会費などは対象外になりますが、日常的に駅周辺で買い物や食事をする人にとっても大きなメリットある特典と言えるでしょう。

たとえば、カードを利用して年間100万円のショッピングや食事、公共料金を支払った場合、決済で得られるポイントは5000P、毎年もらえる利用特典5000P、ビューゴールドボーナス3500Pで合計13500P。還元率は1.35%に上ります。

 
年間の利用額累計とボーナスポイント
●70万円→1500P
●100万円→3500P
●150万円→6500P
●200万円→1万500P
 

(5)【ビューカードの便利な機能】オートチャージでで改札もスムーズに通過

クレジットカード機能だけでなく、ビューカードならではのオートチャージ機能はそのまま使えるので、Suicaの残高を気にすることなくスムーズに改札を通過できます。定期券機能も使えるので、通学や通勤時も便利です。

(6)【旅行が快適に安心して過ごせるサービス】ラウンジでゆっくりできる

旅行時にゆっくりと安心して過ごせるサービスが付帯されています。

特に人気なのはビューゴールドプラスカード限定サービス、東京駅構内のビューゴールドラウンジの利用です。

丸の内の歴史・八重洲の先進性をイメージした空間と、丸の内ドーム天井のレリーフをリデザインした細工を施した内装や調度品に囲まれ、出発までの優雅な時間が過ごせます。

ラウンジはゴールドカード会員と同伴者が利用できます。利用条件として、ビューゴールドプラスカードの会員は当日東京駅発の新幹線グリーン車・特急列車グリーン車または「ビューゴールドラウンジご利用券」を持っていること。その同伴者については別途3300円の利用料、または「ビューゴールドラウンジご利用券」が必要です。

このほか、国内の主要空港内に加え、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジを年中無休・無料で利用できる空港ラウンジサービスや、最高5000万円が補償される国内/海外傷害保険などもしっかり付帯されています。

(7)【紛失時には補償が適用される】定期券、チャージ残高もカバー

カードを紛失して場合、クレジットカードとしての補償はもちろん、定期券部分およびSuicaへのチャージ残額まで補償されます。

不正使用があった場合には、利用者から紛失・盗難の連絡があった日の前日から起算して、60日前にさかのぼりその日以降に不正使用された分が補償されます。

ただし、Suica付きビューカードのSuica機能の不正使用があった場合は、使用停止措置が完了するまでの間の不正使用分は補償対象外となります。ですから、紛失や盗難に気づいたらできるだけ早く連絡することをお勧めします。




申し込み

ビューゴールドプラスカード

カード名 ビューゴールドプラスカード
国際ブランド JCB
年会費(本会員) 1万1000円
年会費(家族会員) 1枚目無料。2枚目より3300円
ポイント有効期間 獲得した日から24ヵ月後の月末
ポイント還元率(%)  0.5%~8%
ポイント付与率 1000円=5P~80P
ポイント換算率 1P=1円相当
ボーナスポイントなど  年間利用額(※)が70万円で「1500P」、100万円で「3500P」、150万円「6500P」、200万円で「1万500P」がボーナスポイントとして付与される

※Suicaへのチャージ、定期券・きっぷなど一部の商品・サービスのお支払い及び、年会費、各種手数料、キャッシングは対象外
ポイント交換最小単位 1P(Suicaへのチャージ等)~
付帯保険 ●旅行傷害保険(自動付帯):海外最高5,000万円、国内最高5,000万円
●ショッピングプロテクション(国内・海外):最高300万円(※1)(※1)事故あたり自己負担額5,000円
<<国内・海外旅行傷害保険、ショッピングプロテクションの適用条件など、詳しくはビューカードホームページに掲載されているビューゴールドプラスカード付帯保険のご案内(あらまし)をご覧ください>>
海外サービス ハワイ・ホノルル国際空港内の空港ラウンジが無料で利用可能
※家族会員も無料で利用可能
電子マネー Suica
特徴 ●年間100万円以上の利用で、入会特典と同様の特典がもらえる(8コースから1つ選択)
●東京駅構内のビューゴールドラウンジが利用可能
※要、ビューゴールドプラスカードと、当日発新幹線グリーン券・当日発特急グリーン券または、ラウンジ利用券
●Suica定期券機能付き
●ビューETCカードの年会費無料
●「Suica等で改札を入ってから出るまで」を補償する国内旅行傷害保険
●国内主要空港内とハワイ・ホノルル空港内の空港ラウンジサービス
●空港手荷物サービス優待割引(通常料金の15%割引など)
●JR東日本ホテルズ(※1)での宿泊及び直営レストラン・バーの年間カード利用額10万円ごとに、7,000円分のホテル利用券プレゼント
●東京駅周辺の対象施設(※2)における年間カード利用額5万円ごとに、3,000円分の施設利用券プレゼント
(※1)東京ステーションホテル、メトロポリタンホテルズ、ホテルメッツチェーン、ホテルニューグランドなど
(※2)黒塀横丁、キッチンストリート、北町ダイニング、グランルーフ、グランスタなど
「JRE MALL」でクレジット払いすると100円(税抜)につきJRE POINTが3ポイント貯まる
申込み ビューゴールドプラスカード
申し込み

 

※掲載内容等につきましては万全を期しておりますが、すべてを確約するものではありません。正確な情報はカード会社の公式サイトにてご確認ください
※ポイント還元率:カードで利用した金額に対して付与されるポイントを現金に換算して独自に算出

アップルペイのすべてがわかる
magmagawards2019専門情報2位

カード比較