上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

JR券予約、グリーン券購入、定期券購入で3%の還元!お得が止まらない「ビュー・スイカ」カード

Suicaへのオートチャージでポイント還元率は1.5%、えきねっとできっぷの予約時決済で3%、モバイルSuicaでグリーン券や定期券購入などで3%など、JR東日本のサービスを利用するとお得度が増すカード!

JR利用者必須アイテム“Suica”が搭載された「ビュー・スイカ」カード。Suicaへオートチャージできる唯一のクレジットカードです。改札時に自動的にチャージがされるので、残高不足で止められる心配もなく、スピーディに通過できるのが魅力。

クレジット決済では、ショッピングで0.5%還元、JR東日本グループサービスの利用で1.5%-3%にアップします。

※以下、価格はすべて税込表示です

ここがポイント

1 定期券購入、JR券予約(予約時決済)で3%の高還元
2 Suicaへオートチャージできる
3 たまったポイントはSuica(電子マネー)に交換できる


申し込み

「ビュー・スイカ」カードの基本情報

クレジットカード「ビューカード」と電子マネー「Suica」が一枚になったカード。Suica定期券としても利用できます。

ビューカードの魅力は、JR利用者へのポイント優遇が手厚いところ。ショッピング・食事・公共料金を決済では1000円=5PのJRE POINTが付与されますが、「Suicaへのオートチャージ」「えきねっとでのJRきっぷの予約」「モバイルSuicaでのグリーン券や定期券の購入」など、VIEWプラス対象サービス利用時には、ポイントは1000円=15P~30Pに増加します。

たまったJRE POINTポイントは1P=1円相当としてSuica(電子マネー)に交換でき、再び利用できます。

SuicaはIC乗車券として改札の読み取り機にかざすだけで入場可能なのは周知のとおり。定期券としても利用できますが、電子マネーとして駅ナカや、コンビニなどでの決済にも利用できます。Suicaを「JRE POINT WEBサイト」に登録すると、駅ナカの自動販売機(アキュア)やコンビニ(NewDays)などでJRE POINTを貯めることもできます。

年会費は524円(税込)と有料ですが、利用代金明細書をWeb明細サービスに切り替えるだけで実質無料にできます。

ではサービスの詳細をみていきましょう。

【ポイント1】Suicaへのチャージで1.5%、定期券購入などで3%の高還元

「ビュー・スイカ」カードはJR東日本グループでの決済で高い還元率が得られます。これをVIEWプラスと言います。

カードで決済する場合、ショッピング利用の場合は0.5%の還元が得られますが、VIEWプラス対象サービスであるSuicaへのオートチャージでは1.5%。えきねっとでJRきっぷの予約(予約時決済)、モバイルSuicaでのグリーン券や定期券の購入では3%にアップします。

VIEWプラスは2021年7月1日にリニューアルが行われたので、以前に増してポイントは貯まりやすくなっています。
ポイント対象サービス ポイント付与 備考
えきねっと JRのきっぷを予約
(予約時決済)
1000円=30P えきねっとの利用によるポイントが2%付与されると、ポイント還元率は合計5%になる
モバイルSuica グリーン券を購入 1000円=30P  モバイルSuicaの鉄道利用によるポイントが50円=1P付与されると、ポイント還元率は合計5%になる
定期券を購入 1000円=30P モバイルSuicaの鉄道利用によるポイントが50円=1P付与されると、ポイント還元率は合計5%になる
オートチャージ/
チャージ
1000円=15P  モバイルSuica入金残高で在来線に乗車および、ひと月に同じ運賃で10回乗車によるポイントが12%付与されると、ポイント還元率は合計約13.5%になる
Suica オートチャージ 1000円=15P
>>くわしくはこちら

 

では、電車利用でどれぐらいのポイントが貯まるのでしょうか?シミュレーションしてみます。

たとえば、「新橋―横浜」の通勤定期をモバイルSuicaを使って購入した場合、通勤定期券6ヶ月分が6万7980円なので決済分として2010Pが付与されます。さらにJRE POINT WEBサイトに登録したSuicaでの乗車分として1359Pが上乗せされます。年間にすると合計6738P(=6738円相当)が獲得できます。

カードを利用しないと、みすみす大量のポイントを見逃してしまいます。

また、毎月3000円程度モバイルSuicaにチャージしてJR東日本の在来線で使う場合は、年間で1260P(=1260円相当)が貯まります。

通勤・通学で使う人だけでなく、ときどきJRを利用する人にとってもお得が享受できます!

<年間たまるポイントのシミュレーション>
利用サービス 年間ポイント数 内訳
「新橋―横浜」通勤定期券を
モバイルSuicaを使って購入
6738P 2010P×2(決済分)
1359P×2(JRE POINT WEBサイトに登録したSuicaで乗車分)
毎月3000円分モバイルSuicaにチャージ 1260P 月45P(決済分)
月60P(JRE POINT WEBサイトに登録したSuicaで乗車分)
 

【ポイント2】Suicaへオートチャージできる

「ビュー・スイカ」カードのメリットはオートチャージができることです。Suicaの残額が設定金額以下になると、改札入場時・出場時に自動的にSuicaへチャージ(入金)されるので、混雑する改札も残高の心配をせずにスムーズに通過できます。

当たり前のようですが、Suicaにオートチャージできるのは唯一ビューカードだけです。

オートチャージの設定は、申込時に選択するか、駅のATM「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」やモバイルSuicaやApple Payのアプリ上でできます。

設定できるチャージ金額は1000円以上1万円以下。1日にオートチャージができる上限金額は2万円です。

ひんぱんにJRを利用しないという人も、チャージ金額は自由に設定できるのであると便利です。

「ビュー・スイカ」カードをはじめ、ルミネカード、ビックカメラSuicaカードなどのビューカードも同様に設定ができます。
<オートチャージが利用できるビューカード>
●「ビュー・スイカ」カード
ビューゴールドプラスカード
●ルミネカード
●ビックカメラSuicaカード
●大人の休日倶楽部ジパングカード/ミドルカード
●JALカードSuica
●アトレビューSuicaカード
●ジェクサービュー・スイカカード
●weビュー・スイカカード
●エスパルカード

【ポイント3】貯まったポイントはSuica(電子マネー)に交換できる

クレジット利用で貯まったJRE POINTは、1P=1円、1P単位でSuicaに交換でき電子マネーとして利用できます。このほか商品への交換、商品券への交換、提携ポイントへの交換も可能です。

特に商品への交換では、Suicaのペンギングッズや鉄道グッズといったJR東日本ならではの商品に換えられるのも魅力。ビューカードオリジナルといった限定商品も用意されています。プレゼントしても喜ばれるでしょう。


 

年間利用額に応じてボーナスポイントがもらえる

カード決済でもらえるポイントに加え、年間利用額に応じてボーナスポイントが用意されています。年間利用額30万円で250P、70万円で1250P、100万円で2750P、150万円で5250Pのボーナスポイントが加算されます。(Suicaへのチャージ、定期券・きっぷなど一部の商品・サービスの支払いおよび、年会費、各種手数料、キャッシングなどの利用分は対象外)

<JRE POINT>
年間利用金額 250P 1000P 1500P 2500P ボーナスP
合計
30万円 250P
70万円 1250P
100万円 2750P
150万円 5250P
 

まとめ

Suica利用者にとって高いリターンが期待できるカードです。

現在、10種類以上のビューカードが発行されているので、自分にあったものを選ぶことが大切です。中でも人気のある「ビックカメラSuicaカード」「ルミネカード」「JRE CARD」の特長も紹介しておきます。

「ビックカメラSuicaカード」はビックカメラでSuica決済するとお得なカードです。Suicaへのチャージで1.5%のJREポイントがたまるほか、チャージしたSuicaで決済すると10%のビックポイントが得られます。年1回の利用で年会費が無料になるのも魅力です。ビックポイントは、ビックカメラで利用すると1P=1円ですが、Suica(電子マネー)へのチャージは1500ポイント=1000円分と交換レートは少し悪くなってしまいます。

「ルミネカード」はルミネの利用でお得なカードです。初年度の年会費は無料ですが、翌年度以降は1048円。ほかのビューカードに比べ少し高めですが、ルミネの利用で5%OFF、年数回は10%OFFと高いリターンが得られます。年間1~2万円以上の利用で、年会費分は簡単に取り戻せるでしょう。

最後に「JREカード」ですが、これは駅ビルなどで3.5%のJREポイントがたまるカードです。たまったポイントは駅ビル等での支払いに使えて便利です。年会費は初年度無料、次年度以降は477円(税抜)かかります。

ビックカメラやルミネ、駅ビルはそれほど利用しないという人は定番の「ビュー・スイカ」カードがおすすめです。年会費は524円ですが、利用代金明細書をWeb明細に切り替えると毎月20P(=50円)が付与されます。年間にすると600円相当となり、実質年会費無料で利用できます。


カードスペック

カード名 「ビュー・スイカ」カード
国際ブランド Visa、Mastercard、JCB
年会費(本会員) 524円(税込)
年会費(家族会員) 524円(税込)
※最大9枚まで
ポイント有効期間 獲得した日から24ヵ月後の月末
ポイント還元率(%) 0.5%~3%
ポイント付与率
(一般店舗)
1000円=5P~30P
ポイント付与率
(特約店舗)
ポイントの種類 JRE POINT
ボーナスポイントなど ● 年間利用額が30万円で「250P」、70万円で「1250P」、100万円で「2750P」、150万円「5250P」がボーナスポイントとして加算される
付帯保険 ●海外最高500万円(自動付帯)
●国内最高1000万円(利用付帯)
電子マネー Suica
申し込み 「ビュー・スイカ」カード
「ルミネカード」
「ビックカメラSuicaカード」
申し込み

 
 
 

あわせて読みたい

「Suicaが世界を制覇する」アップルが日本の技術を選んだ理由

Suica一人勝ちの秘密① iPhoneにフェリカ搭載までの道のり

Suica一人勝ちの秘密②―最強の決済ツールのSuicaって本当にスゴイのか?
※掲載内容等につきましては万全を期しておりますが、すべてを確約するものではありません。正確な情報はカード会社の公式サイトにてご確認ください
※ポイント還元率:カードで利用した金額に対して付与されるポイントを現金に換算して独自に算出

アップルペイのすべてがわかる
magmagawards2019専門情報2位

カード比較