上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

年会費無料法人カード

開業まもない法人経営者・個人事業主にとっては、法人クレジットカードの年会費は節減したいコストの1つ。

でも残念ながら、法人クレジットカードは個人向けのクレジットカードよりも年会費が高めに設定されていることがほとんどです。

ただ、中には数少ないながらも年会費無料の法人クレジットカードが発行されています。

そこでここでは、法人代表者・個人事業主が年会費無料で持てるオススメ法人クレジットカードを紹介していきますよ!

このページを最後まで読めば法人クレジットカードの年会費を節減できるだけでなく、法人カードを最高のコストパフォーマンスでフル活用することができます♪

 

 

年会費永年無料の法人カード2選+1

冒頭でも説明したとおり、年会費永年無料で持てる法人クレジットカードは数少ないのが実際のところです。

その中でもオススメできるのが、以下2種類になります。

 

オススメの年会費無料法人クレジットカード2選

●NTTファイナンスBizカード
●ライフカードビジネスライト

 

ここから、これら2種類の法人カードについてくわしく解説していきます。

NTTファイナンスBizカード

年会費永年無料で還元率1%!

経費節減効果が大きな法人カード

NTTファイナンスBizカードは還元率1%と、付与されるポイントが一般的な法人クレジットカードの2倍なのが大きな特徴です。

 

法人クレジットカードの多くは還元率が0.5%となっています。

 

そのため法人カードの年会費だけでなく、経費決済で貯まるポイントによる節減効果も図れるわけです。

ポイントは1ポイント=1円でさまざまな共通ポイント・電子マネーに移行することが可能なので、使い道にも困りませんね♪


ここまで説明した理由から、年会費はもちろんポイントによる節減も図りたいならNTTファイナンスBizカードがオススメです。

なお、ETCカードを年会費無料で手に入れたいと考えている経営者・個人事業主の方には、このカードは適していません。

NTTファイナンスBizカードは法人カード本体こそ年会費無料なのですが、ETCカードは550円(税込)の年会費が必要…。

 

ETCカードもカード本体と同じように利用金額の1%分のポイントが付与されてお得ではあります。

 

もしも法人カード本体はもちろんETCカードも年会費無料で手に入れたい場合、次で紹介するライフカードビジネスライトがオススメです。

いろいろ説明しましたが、NTTファイナンスBizカードはETCカードは年会費がかかってしまうという点を除けば、大きな経費節減効果が見込める優良な法人カードですよ♪

>>>NTTファイナンスBizカード
申し込み


ライフカードビジネスライト


最短4営業日で発行される!

ETCカードも年会費無料の法人カード

ライフカードビジネスライトは、最短4営業日という法人カードとは思えないほどスピーディーに発行されるのが特徴です。

法人カードの中には申し込みから発行まで1週間〜数週間かかるものもあることを考えると、このスピードは驚異的です。

「すぐに法人カードを手に入れて経費の決済に使いたい!」

と考えている経営者・個人事業主の方にオススメできますね♪

また、法人カード本体だけでなくETCカード、さらには3枚までの追加カードも年会費永年無料で持てるのも大きなメリット。

通常の経費はもちろん、ETCカード利用による高速料金や、これまでだと従業員が立て替えていた経費もこのカード1枚に集約できます。

また、公式サイト上で「スタートアップ企業・フリーランスの方へ」と書かれていることから、審査は柔軟で手に入れやすいと推測できるのもメリットです。


ただ、このカードはポイントが一切付与されないのがデメリット…。

ほぼすべての法人カードは決済金額に応じてポイントが貯まるポイントサービスが用意されています。

ところがライフカードビジネスライトは、ポイントサービスが存在しないんです。

法人カードの年会費を抑えて経費節減したい経営者・個人事業主の方なら、ポイントサービスでさらに経費を抑えたいと考えているはず。

そのためこのカードは、、、

* とにかく今すぐ法人カードが必要!

* 開業間もない or 赤字決算で審査が不安…

こういった経営者・個人事業主の方にオススメです。

>>>ライフカードビジネスライト

申し込み

(番外編)三井住友ビジネスカード for Owners

どんな業種でも活用できるスタンダードなスペック!

2年目以降も年会費1,375円(税込)と低コスト

この三井住友ビジネスカード for Ownersは年会費永年無料ではなく初年度無料の法人カードです。

ただ、2年目以降でも年会費1,375円(税込)と低コストで付帯サービスも優良なので紹介させていただきます。

このカードはポイントサービスやセキュリティ、電話窓口といった法人カードに最低限必要なサービスを網羅した、業種を問わず使いやすいのが特徴。

さらにETCカードをはじめPiTaPaやWAONなどの追加カードが豊富で、あらゆる経費決済に対応できるというメリットがあります。

1.375円(税込)なら、事業経費として十分許容できる範囲のコストではないでしょうか?

知名度が高く定番の三井住友カードを、2年目以降も低コストで持てるのは魅力ですね。

>>>三井住友ビジネスカード for Owners

申し込み

ここまで、年会費永年無料の法人カード2種類+番外編を紹介しました。

ただ、「年会費永年無料」だとどうしてもデメリットが目立ってしまいます。

年会費永年無料の法人クレジットカードのデメリット

年会費永年無料の法人クレジットカードのデメリットを具体的に挙げると、、、

* 付帯サービスがほぼない

* 限度額が数十万円程度と低い(カードの種類により異なる)

この2つ。

法人カードの年会費を抑えるためとは言え、せっかくなら付帯サービスは利用したいところ。

また、出張や交際費、事務用品の購入といった経費で毎月数十万円(場合によっては100万円以上)といった経費を決済したい経営者にとっては、上記で紹介した3種類のカードだと利用限度額が足りない可能性があります。

利用限度額が足りずに経費が決済できないようでは、法人カードを持つ意味が薄れてしまいますよね…。

そこでオススメしたいのが年会費「初年度」無料の法人ゴールドカードです。

初年度無料のゴールドカードはコストパフォーマンス最高

年会費1万円以上の法人ゴールドカードの中には、入会初年度だけは無料で持つことができるものもあります。

具体的には、、、

* 三井住友ビジネスゴールドカード for Owners

* アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

こういった法人カードが挙げられます。

カード会社としては、法人カードの付帯サービスを手軽に試してもらうことにより、その後も引き続いて経費決済に使用して欲しいという狙いがあります。

そのため、入会初年度の無料期間であっても付帯サービスの利用制限などは一切ありません。

そこで、1年間だけ初年度無料の法人クレジットカードを活用して年会費がかかる前に解約すれば、法人ゴールドカードの充実した付帯サービスを無料で体験できるというわけです。

解約の条件や縛りはまったくないので、入会から1年以内であっても何の問題もなく電話1本で解約できますよ♪

ここからは、付帯サービスが充実した年会費初年度無料の法人クレジットカードを紹介していきます!

三井住友ビジネスゴールドカード for Owners

出張に便利な付帯サービスが充実!

国際ブランドVISAで経費を一元管理しやすい

このカードは、先ほど紹介した三井住友ビジネスカード for Ownersのゴールドカードになります。

国内・海外出張で便利な旅行傷害保険や空港ラウンジサービス、そして決済した商品の破損・盗難を年間300万円まで保証してくれるショッピング保険が付帯。

また国内だけでなく海外でも幅広く決済できるVISAブランドなので、海外出張中の経費も1枚のカードに集約できるというメリットが。

出張から経費の一元化まで、幅広くこなせるクセのない法人カードです。

>>>三井住友ビジネスゴールドカード for Owners

申し込み

アメリカン・エクスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エクスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(通称:アメックス・ビジネス・ゴールド)は、年会費34,100円(税込)。当サイトから申し込みいただくと初年度無料になります。

また、入会初年度の決済金額が200万円以上なら年会費以上のポイントが付与されるため、ここで紹介させていただきます。

 

200万円以上の決済で45,000円相当のポイント付与!

アメックス・ビジネス・ゴールドを入会初年度の1年間で200万円以上決済すると、ポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」のポイントが30,000ポイント付与されます。

30,000ポイントは航空会社ANAマイルなら30,000マイルに移行可能!

マイルの価値はいろいろな意見がありますが、一般的には1マイル=1.5円と言われることが多いため、30,000マイル=45,000円相当だと考えることができます。


このことから、アメックス・ビジネス・ゴールドは条件さえクリアすれば45,000円相当という年会費34,100円(税込)以上のポイント還元を受けることができるわけです!

 

年会費34,100円(税込)という法人ゴールドカードの中でも高額な年会費が実質無料になれば、コストパフォーマンスは非常に高いと言えますよね♪

アメックス・ビジネス・ゴールドは先ほど紹介した三井住友ビジネスカード ゴールド for Ownersと同じように海外・国内の旅行傷害保険と空港ラウンジサービスのほか、高額な年会費に見合った以下のような出張サービスが盛りだくさんです。

●手荷物無料宅配サービス
(出発時・帰国時の両方)
●海外空港ラウンジを年2回無料で利用できる
プライオリティ・パス
●空港クロースサービス
●無料ポーターサービス
●エアポート送迎サービス
●東京駅・新宿駅・博多駅から宿泊先まで手荷物を当日無料配送してくれる
手荷物宅配サービス
●国内便の遅延・欠航時の費用を補償
●法人会員制クラブ「クラブオフ」のVIPメンバーに
●事前に入金することにより限度額以上の決済が可能に
代表的な付帯サービスだけでもこれだけ。まだまだたくさんあります!

そして何よりも大きいのは、「アメックス・ゴールド」のステータスを1年間は実質無料で体験できること。

ビジネスでは「信頼」が重要なので、ステータスも単なる見栄ではありませんよ♪

そのため、年間200万円以上の決済が可能な経営者・個人事業主の方にはアメックス・ビジネス・ゴールドを1年間持つことをオススメします。

>>>アメリカン・エクスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

申し込み

ただ、年間の決済金額が200万円以下の場合は30,000ポイントのボーナスが付与されないため、年会費実質無料とはなりません。

もしも年間200万円の決済が難しい経営者・個人事業主の方には、次で紹介するアメックス・ビジネス・グリーンをオススメします。

アメリカン・エクスプレス・ビジネス・カード


アメリカン・エクスプレス・ビジネス・カード(通称:アメックス・ビジネス・グリーン)は、先ほど紹介したビジネス・ゴールドよりも年会費と付帯サービスが抑えられたカード。

ただ、アメックス・ビジネス・グリーンは無条件に年会費初年度無料で持つことができるのがメリットです。

ビジネス・ゴールドとくらべて付帯サービスが抑えられているといっても、もとは年会費13,200円(税込)の法人カード。

そのため他社の法人ゴールドカードとくらべても十分充実した付帯サービスとなっています。

●海外・国内旅行傷害保険
●空港ラウンジサービス
●ショッピング保険
●手荷物無料宅配サービス(出発時・帰国時の両方)
●空港クロースサービス
●無料ポーターサービス
●エアポート送迎サービス
●事前に入金することにより限度額以上の決済が可能に

このカードで注目すべき付帯サービスは、出発時・帰国時両方の手荷物無料宅配サービスと、事前入金による限度額以上の決済。

中にはこの2つの付帯サービスのどちらか、または両方を利用するためだけにビジネス・グリーンを持つ経営者もいるほどの人気サービスなんです♪

 

事前入金は限度額以上の決済が可能!

「事前入金」は、利用代金を先払いすることにより利用限度額以上の決済ができるしくみ。


法人カードの後払いができるというメリットはなくなりますが、主に以下2つのメリットがあります。

●経費が一元化できる
●税金など高額な経費もポイント付与される

事前入金ができる法人カードは数少ないので、このサービスを利用するためだけでもアメックスを持つ価値は大いにありますよ♪

 

また、アメックス・ビジネス・グリーンでも他社法人ゴールドカードと変わらないステータスもあります。

まとめると、アメックス・ビジネス・グリーンのメリットは、年会費13,200円(税込)の法人カードを無条件に年会費初年度無料で持つことができること。

経費の決済金額が年間200万円以下の経営者・個人事業主の方にオススメです。

アメリカン・エクスプレス・ビジネス・カード

申し込み

コストパフォーマンスで言うとアメックス・ビジネス・ゴールドがオススメ

以上、年会費無料の法人クレジットカードとして、6種類を紹介しました。

年会費永年無料の法人カードも確かに存在します。

ただ、せっかく法人カードを持つなら年会費初年度無料の法人ゴールドカードを1年だけ持ってみることをオススメしたいところです。

1年間とは言え、年会費1万円以上の法人ゴールドカードを年会費無料で持つことができる魅力はかなり大きいですよ^^

中でもコストパフォーマンスがもっとも高いのは、年会費34,100円(税込)のアメックス・ビジネス・ゴールド。

年間200万円以上の決済が可能なら、年会費に見合う充実した付帯サービスを無料で利用できるコストパフォーマンスは計り知れません。

もしも2年目以降に「年会費を3万円以上も払って持つ価値はない」と判断すれば、電話1本で簡単に解約またはビジネス・グリーンにダウングレードできます。

 

アメックスはダウングレード・アップグレードしてからしばらくの間は旧カード・新カードの両方が使えます。

そのため、アメックスを光熱費やプロバイダ、月額サービスといった毎月の自動支払いに設定していたとしても、比較的スムーズに移行できます。

 

もしも入会から1年以内に解約してもペナルティなどは一切受けませんし、経費の決済で獲得したポイントは解約前にANAマイルなどに全部移行しておけば無駄がありません。

>>>アメリカン・エクスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

申し込み

また、無条件に年会費初年度無料のアメックス・ビジネス・グリーンも、ゴールドとくらべると劣るものの他社にはないユニークで便利な付帯サービスが盛りだくさん。

そのためぜひ1年間はその付帯サービスを体験してみることをオススメします。

アメリカン・エクスプレス・ビジネス・カード

申し込み

アップルペイのすべてがわかる
magmagawards2019専門情報2位

カード比較