上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2021年8月31日 QRコード決済

楽天ペイで「1年間ずーっと! 毎月全額還元抽選キャンペーン」

上級カード道場では、アフィリエイトプログラムを利用し広告収益を得て運営維持を行っています。よって記事中にPRリンクを含みます。 ただし、提携の有無が記事内容およびランキングに何ら影響を与えるものではありません。

2021年8月25日、楽天ペイの新しい施策が発表されました。ここで飛び出したのは、新規加盟店に対し、向こう一年間、中小店舗事業者の決済手数料を実質0円にするキャンペーンの実施です。さらに利用者を対象に、抽選で利用金額が全額ポイント還元されるキャンペーン、楽天モバイル新規申し込みで楽天ポイント20%還元されるキャンペーンも行われます。

1兆4555億円あると言われる楽天グループの売上のうち、約4割にあたる576.2億円を占めるのがフィンテックと呼ばれる金融事業。その一角を担う楽天ペイがキャンペーン期間中、どれだけ加盟店を拡大できるのか注目の集まるところです。

1年間ずーっと、楽天ペイアプリでの支払いがお得!

ではまず、利用者向けのキャンペーンをご紹介します。実施されるのは、全ユーザーを対象とした抽選で楽天ペイでの支払いが最大全額還元されるキャンペーンと、楽天モバイル契約者を対象とした楽天ペイでの支払いを20%還元するキャンペーンの2種類です。


楽天ペイアプリ利用者対象のキャンペーンは、エントリーを行った後に街のお店で楽天ペイで支払うと毎月抽選で500名に全額がポイント還元(期間限定ポイント)されます。上限は1万ポイント。支払い対象期間は2021年10月1日(金)0:00~2021年10月31日(日)23:59。期間中、毎月抽選が行われます。

 
【STEP1】キャンペーンへのエントリー
【STEP2】キャンペーン期間中、街のお店で楽天ペイアプリを使って支払い

\抽選で500名、全額ポイント還元(上限1万ポイント)/
 

もう一つは、楽天モバイル契約者向けのキャンペーンです。楽天モバイルに申し込んで「Rakuten Link」を利用すると、楽天ペイアプリで支払った金額の20%がポイント還元(期間限定ポイント)されます。上限は1000ポイント。楽天モバイルプラン申込み期間は2021年8月25日(水)10:00~2021年11月1日(月)9:59。楽天ペイアプリの支払い対象期間は2021年10月1日(金)0:00~2021年11月30日(火)23:59です。

楽天モバイルショップでの申し込みは対象にならないため、必ずオンラインで申し込みましょう!

 
【STEP1】キャンペーンへのエントリー
【STEP2】エントリー後、オンラインで楽天モバイルを申込み、プラン利用開始・「Rakuten Link」を利用
【STEP3】キャンペーン期間中、街のお店で楽天ペイアプリを使って支払い

\20%のポイント還元(最大1000P)/
 

繰り返しになりますが、どちらもエントリーが必要です。期間は2021年8月25日(水)10:00~2021年11月1日(月)9:59まで。ただしエントリーは毎月必要なので設定された期間内にエントリーしておきましょう。10月度については今からエントリーができます。

>>くわしくはこちら

中小店舗様応援 決済手数料実質0円キャンペーン


先に利用者向けのキャンペーンを紹介しましたが、次は今回の新施策のメインである「中小店舗様応援! 決済手数料実質0円キャンペーン」についてです。

楽天ペイ利用者に直接お得はありませんが、加盟店に対する大規模キャンペーンが始まると楽天ペイを導入する店舗がにわかに増えるかもしれません。そんな意味で要チェックです!

「中小店舗様応援! 決済手数料実質0円キャンペーン」は、本来加盟店が払うべき決済手数料が実質無料(上限なしで全額キャッシュバック)になるキャンペーンで、2021年10月1日から1年間実施されます。対象は8月25日以降に「楽天ペイ」に申し込んだ年商10億円以下の加盟店です。

上記適用店舗は、期間中、「楽天銀行」以外の振込先に指定した際に発生する自動入金手数料も実質無料で利用できます。(振込手数料同額をキャッシュバック)

既存加盟店はキャンペーンの対象外ですが、新規加盟店にとって従来3.24%の決済手数料が1年間も無料になるため、大きなチャンスが到来したと言えるでしょう。

>>くわしくはこちら

10月1日以降、事業者ごとの決済手数料

上記のキャンペーンが開始される10月1日と言えば、PayPayが決済手数料が有料化(1.6%-1.98%)される日。その日を狙って、楽天ペイは新規契約店に対し、本来加盟店が支払うべき3.24%の決済手数料を無料にする施策を打ち出してきました。新規加盟店獲得に向け絶好の商機ととらえたのでしょう。

ところが、楽天ペイの新施策が公表された5日後、今度はau PAYが決済手数料無料の延長を発表しました。

すでにau PAYは決済手数料無料を実施しており、そもそも今年9月末にキャンペーンは終わるはずでしたが、それを来年9月末まで延長すると発表。新規だけでなく既存加盟店も対象です。さらに売上規模の制限がないため、引き続きの大盤振る舞いと言えるでしょう。

こうした動きを見据え、ついにd払いも8月31日、新規加盟店を対象に実施中の無料キャンペーンを来年9月末まで延長することを発表しました。

 

■QRコード事業者の決済手数料
楽天ペイ PayPay au PAY d払い
21年9月末まで 3.24% 無料 無料 無料
21年10月-22年9月末
 無料
(新規契約)
1.6-1.98%  無料
(既存・新規契約)
 無料
(新規契約)
参考:基本となる手数料 3.24% 1.6-1.98%
※10月以降
2.6% 2.6%
※無料対象店舗は中小規模のコード表示型店舗が中心

秋以降も、引き続き繰り広げられる加盟店手数料競争。さすがに2020年度に726.5億円(税引前)の損失*を出したPayPayが再び土俵に上がることはなさそうですが、つばぜり合いは今後も続いていきそうです。

ともかく、利用者にとって加盟店が増えるのはうれしいことではありますが、消耗戦の末、コード決済事業が成熟期を迎えないまま衰退してしまわないか少し心配です。

*出所:ソフトバンクG有価証券報告書

あわせて読みたい

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる
magmagawards2019専門情報2位

カード比較