上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2023年11月30日 ポイント・マイル

dカード GOLDが1000万枚を突破。一般カード会員より多いゴールド会員[2024年3月期2Q]

上級カード道場では、アフィリエイトプログラムを利用し広告収益を得て運営維持を行っています。よって記事中にPRリンクを含みます。 ただし、提携の有無が記事内容およびランキングに何ら影響を与えるものではありません。

NTTは2023年度第2四半期の連結決算を11月7日に発表しました。NTTドコモが上場廃止となっているので親会社NTTの資料を基にdカード、d払いの取扱高や会員数、dポイントの動きを見ていきたいと思います。

トピックスとしてはdカード GOLDが2023年度1Qで1000万枚を突破し、2Qでも微増ながら契約数を伸ばしています。年会費1万1000円のゴールドカードが年会費永年無料の一般カードを上回るのはdカードならではの特徴。同業者であるauとも比べてみたのでそちらもご覧ください!

dカード、dカード GOLD、d払いの決済取扱高

最初はdカードとd払いの取扱高の推移です。

下の棒グラフは灰色がdカードおよびdカードGOLDの取扱高、赤色がd払いです。前年同期に比べdカード等が17.9%、d払いが39.4%増加しています。特にd払いは著しく伸びています。

折れ線はdポイントが利用可能な店舗ですが、ここ最近スーパーはじめ、地方の中小規模の店舗などにも拡大中。前年同期の438万箇所から508万箇所に増え、+59.8%と急速に伸びています。

NTTグループの2022年度-2023年度決算資料を基に上級カードが作成



ただ、利用されたポイント数を見てみると前年とあまり変わっていません。発行数が分からないので何とも言えませんが、ポイントを失効してしまったのか、クリスマス、年始で大きく買い物をしようと貯めているのかもしれません。

NTTグループの2022年度-2023年度決算資料を基に上級カードが作成


dカード、dカードGOLD契約数、d払いユーザー数

ではdカードやd払いでどれぐらいの人がどれぐらい決済をしたのかを調べてみました。

d払いのユーザーはクレジットカード会員の3倍ぐらいいるようです。それでも取扱高はクレジットカードの方が3倍以上あるので、カードは高額決済、d払いは少額決済とすみ分けされている様子がうかがえます。

NTTグループの2022年度-2023年度決算資料を基に上級カードが作成



上の図では少し分かりにくいのですが、dカードで特徴的なのがゴールドカードの会員数の多さ。ゴールドカードが占める割合の高さが目を引きます。下図のように同業他社のauと比較してみるとよく分かります。

dカードの場合、一般カードはややau PAY カードより少なめですが、ゴールドカードは圧倒的といった感じです。

NTTグループの2022年度-2023年度決算資料を基に上級カードが作成



※単位未満の位で四捨五入しているため、総数と内訳の合計が必ずしも一致しない場合があります。

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる
magmagawards2019専門情報2位

カード比較