上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2020年12月15日 ブラックカード

ビジネス収入に直結するクレカ。「ラグジュアリーカード」が塗り替える“法人カードの常識”

法人カードを経費決済に使っている企業は多くありますが、ビジネスに直接結びつけられる法人カードはあまり見当たりません。そんな中、注目したいのが法人決済用のラグジュアリーカードです。

今年秋から「LCオーナーズコミュニティ」という独自のサービスを開始し、法人決済用(以下、法人カード)ゴールドカード会員のビジネスを直接支援するサービスを行っています。

ちなみに、今回のサービスは下図の赤枠にある法人カードのゴールドカード保有者が対象ですが、個人カードおよび法人カードのブラックカード、チタンカードを持っている人も、お得に買い物ができるので必見です!


>>【申し込み】法人口座決済用 Mastercard Gold Card
>>【申し込み】法人口座決済用 Mastercard Black Card
>>【申し込み】法人口座決済用 Mastercard Titanium Card

申し込み

ビジネスを拡大させる「LCオーナーズコミュニティ」を発足

新サービス「LCオーナーズコミュニティ」は、ラグジュアリーカードが持つデジタルツールを使って、法人カードのゴールドカード会員が提供する商品・サービスをラグジュアリーカード(LC)会員にPR・販売する仕組み。ラグジュアリーカードのチャネル利用料、制作費などの費用をかけずに利用できます。

利用できるチャネルは、ラグジュアリーカードの公式SNSアカウント、公式Webサイト、会員限定体験イベント、会員専用アプリ、マンスリーレターなど。どのメディアを使うかは事務局の判断に委ねられますが、メインはLC会員専用ホームページです。最長約半年間にわたって掲載され、多くのLC会員の目に触れることになります。


サービス利用時に必要なのは、LC会員限定の優待をつけること。ですから、LC会員からの反響が得やすい側面もあり、富裕層や地方在住している方など、今までリーチしにくかった新規顧客の獲得、新商品の市場リサーチに役立ちそうです。

β版での反響は上々

では実際にどのような反響が期待できるのか?昨年末にLCが実施したβ版における効果を見ていきたいと思います。

法人カード会員である高級ホテルは、全面リニューアルしたスイートルームへのアップグレードとガーデンラウンジでのアフタヌーンティー付プランをLC限定優待価格で提供したところ、稼働率が5.6倍に急伸。

さらに、ある日本酒メーカーは一般未発売の純米スパークリング1本をプレゼントして販売したところ、売上が5倍に増加したとの報告もあります。

会員限定優待で購入しやすくなっていることもありますが、それでも通常の数倍以上の売上増加、新規顧客の獲得などビジネス拡大の足掛かりとして一定の効果が認められたと言えるでしょう。


 

「LCオーナーズコミュニティ」利用手続きについて

サービスの準備に時間がとられ本業がおろそかになりそうで心配という人もいると思います。
ですが、プロセスは意外にシンプル。実際の利用手続きをみていきましょう。

まず、サービス利用前にエントリー&申請を行います。募集期間は年4回。直近では2020年12月、2021年3月、2021年6月です。毎年1回エントリーのチャンスがあります。

[申し込み]2020年12月→[掲載]2021年1月-2021年6月末
[申し込み]2021年3月→[掲載]2021年4月-2021年9月末
[申し込み]2021年6月→[掲載]2021年7月-2021年12月末

申請は、Web上から。自社の商品(サービス)内容/画像、LC会員への特別優待の内容などを入力し、送信します。

その後、審査が行われ、だいたい2~3週間以内に結果が知らされます。企業規模やカードの利用状況は審査に影響しないので、個人事業主であっても、入会したばかりであっても気軽に利用できます。

審査に合格すると翌月以降からLC会員専用ホームページで掲載が始まります。会員メリットが大きそうなビジネスについては、LC会員専用アプリでのPush配信、ニュースレター、SNSアカウントを使った告知なども行われます。

掲載までの手順をまとめると以下のとおりです。申請者に負担を感じさせることなく、使いやすく設計されています。
STEP1 エントリー&サービス申請 申込期間は2020年12月、2021年3月・6月・9月
申請はビジネス内容、会員向け優待
STEP2 審査  審査結果は2~3週間程度でメール連絡される
※遅くなる場合もある
STEP3 サービス公開  LC会員専用HPに最長6ヶ月間掲載
STEP4 売上

どういったサービスが受け入れられやすいのか

とはいえ、自社の商品がLC会員に受け入れられるかどうかは気になる点です。

ラグジュアリーカードによると、カード会員の6割は経営者・会社役員・自営業とのこと。トレンドに敏感な人たちが興味を持ちそうなもの、ユニークで希少性の高いもの、限定サービスなどは親和性が高そうです。世の中にまだ認知されていないサービスが目に留まるチャンスも大いにありそう。自分たちの商品を口コミで広めたい!という人にもぴったり。

新サービス立ち上げの“立役者”

いつも斬新なサービスを立案し世に送り出しているのは、ラグジュアリーカード代表取締役社長、林ハミルトン氏です。この新サービスを立ち上げた背景には、ありきたりの法人カードへの疑問があったと言います。

「いろんな法人カードがありますが、ほとんどが費用面でお得になるサービスの割引などに留まっています。でも、経営者の関心事は“ビジネスの成功”です。ですから我々はビジネスの収入面において直接成功につながる法人カードを提供したいと思いました」(林社長)。


林社長は日本生まれ、ニューヨーク育ち。米国アイビー・リーグの一つコロンビア大学・大学院で学び、米国系金融機関で北米、欧州、アジアの新規カードの立ち上げた実績の持ち主。ラグジュアリーカードでは日本および中国での立ち上げにかかわっています。こうした自身のビジネス経験が経営者の視点に立った開発を可能にしたと語ります。

LCオーナーズコミュニティはこれで終わらせるつもりはなく、「今後さらに、コミュニティ内で将来のビジネスパートナーに出会ったり、チームをつくったりと新しいビジネスが生まれる可能性があります」(林社長)とコミュニティの発展を加速させる考え。会員にとってワクワクする展開は今後も続きそうです。

申し込み

まとめ

ラグジュアリーカードの新サービスを紹介いたしました。法人カードといっても個人カードと大差ないクレカは多くありますが、その点でもユニークなカードと思います。

ですが、ラグジュアリーカードの最高峰であるゴールドカードは年会費20万円(税別)。単なるクレジットカード利用では高いと感じる人は多いでしょう。カードを利用してそれ以上の価値を生み出したいと考える人向けのカードと言えるでしょう。ビジネス利用、限定コミュニティへのパスポートと考えれば、月約1.7万円の会費はそう高く感じられないかもしれません。

これ以外にLC法人決済用Gold Card付帯されているサービスの特徴を追記しておきます。ラグジュアリーカードは個人の富裕層が持つカードというイメージがありますが、経営者や個人事業主向けがビジネスに利用できるサービスは意外に多くあります。

 
①ポイント還元率が高い
通常プレミアムカードのポイント還元率は0.4%~1.0%ですが、LC法人決済用Gold Cardはキャッシュバックの還元率は1.5%。通常、公共料金、税金払いでは、ポイントの還元率が半減するカード会社が多いですが、ラグジュアリーカードでは、税金払い、公共料金でもモバイルSuicaチャージでもショッピング同様1.5%の還元率です。商品交換還元率は最大3.3%

②追加会員は最大4名まで可能
法人用カードは最大5名まで発行可能。本会員以外に4枚追加発行が可能

③一流コンシェルジュサービスが使える
24時間365日、ラグジュアリーカードコンシェルジュサービスが利用できます。他に比べ優れている点は自動応答がなくオペレーターに直接繋がります。急な時も対応が可能このほかホテル優待、グルメ優待などの利用も可能

 

>>【申し込み】法人口座決済用 Mastercard Gold Card
>>【申し込み】法人口座決済用 Mastercard Black Card
>>【申し込み】法人口座決済用 Mastercard Titanium Card

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる
magmagawards2019専門情報2位

カード比較