上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

岩田昭男の「お悩みをスッキリ解決!」<4>。「Visa? Mastercard?」クレカデビューはどっちを選ぶ?

上級カード道場では、アフィリエイトプログラムを利用し広告収益を得て運営維持を行っています。よって記事中にPRリンクを含みます。 ただし、提携の有無が記事内容およびランキングに何ら影響を与えるものではありません。

「お悩みをスッキリ解決!」は、その道の専門家「岩田昭男」がキャッシュレスに関するお悩みにズバリお答えするコーナーです。

 


クレジットカード、電子マネー、ポイント、スマホ決済に関し、専門家の意見を聞きたいという人は、どんな些細なことでも結構ですので、お悩み事、相談事をこちらへお寄せください。

キャッシュレスに関するお悩みはこちら

 

【質問】「Visa? Mastercard?」 最初のクレカはどのブランドを選ぶ?

【回答】「初めての人にはVisaがいいと思います」(岩田)

最初に手にするクレジットカードのブランドは使いやすさを考え、使える店舗が多いVisa、Mastercard®がおすすめです。

このうち一つを選ぶなら、現在、日本国内でタッチ決済の普及を進めているVisaがいいでしょう。

 

 

国際ブランドは決済ネットワークを提供する会社

クレジットカード利用をするうえで、Visa、Mastercardがどんな役割を担っているのか補足します。

Visa、Mastercard、さらにAmerican Express®、Diners Club、JCBは国際ブランドと呼ばれ、世界規模の決済ネットワークを使った“デジタル決済サービス”を提供しています。

カード発行会社はこうした国際ブランドからライセンスを得て、国際ブランド付きのカードを発行し、利用者が世界中でカード使って支払いができるようにしています

ちなみにVisaの名前はVISA(査証)にちなんだもの。外国に自由に出入りできる査証のように、どこでも支払いが出来るようにという意味が込められています。


とはいえ、国際ブランドはそれぞれの加盟店でしか利用できません。クレジットカードを保有するなら多くの加盟店をもつブランド付きが有利。その点で優れているのはVisa、Mastercardです。

この二社は、自社カードの発行は行わず、ブランドを使った決済サービスに注力しており、高い競争力を誇ります。

残るJCB、American Express、Diners Clubは、決済サービスに加え、自社カードも発行するハイブリッドなブランド。エンタメ、グルメといった分野で独自性の高い付帯サービスを提供しています。

こんな背景もあり、加盟店数はVisa、Mastercardが約1億ヵ所と最多です。

加盟店数
Visa Mastercard American Express Diners Club JCB
1億ヵ所 1億ヵ所 8000万ヵ所 5100万か所 4100万か所
出所:Mastercard 公式サイト(@2022年9月30日)©2022 Nilson Reportより

加盟店数だけでは、どれぐらい使われているのかビジネス規模がわかりづらいので、それぞれのショッピング取扱高を比較してみます。

■2022年 クレジットカードショッピング取扱高

($ trillions)


Visa Mastercard American Express Discover* JCB
5.8T 2.4T 1.0T 0.2T NA
出所:©2023 Nilson Report
*Diners Club International分を含む

クレジットカードのショッピング取扱高は、Visaが5.8兆米ドル、Mastercardが2.4兆米ドルと群を抜く高さ。日本の国家予算より大きい額です。さらにVisa、Mastercardはデビットカードの取扱高もクレジットと同程度あり、それを加算するとボリュームはこの倍に膨れ上がります。

Mastercardはヨーロッパ、Visaはアメリカに強いって本当?

世界におけるブランドごとの規模感が分かったと思いますが、次は地域ごとに比較したいとおもいます。

よく言われるのが「Mastercardはヨーロッパに強く、Visaはアメリカに強い」。果たして、ブランドごとに強い地域は存在するのでしょうか。本当にヨーロッパはMastercardが支配しているのでしょうか?

2022年のデータを使って、地域別の取扱高と取引件数を比較してみます。

■エリア別、年間取扱高と取引件数(クレジット+デビットカード)

($ billions)


Visa
(@2022/12/31)
Mastercard
(@2022/9/30)
取扱高 取引件数 取扱高 取引件数
アジア太平洋地域 2,045 38,768 1,596 36,130
カナダ 374 5,213 237 3,533
中欧・中東・アフリカ地域 648 23,012  -
ラテンアメリカ 667 26,035 433 19,056
アメリカ 5,700 90,371 2,441 37,305
ヨーロッパ 2,172 57,411 1,864 53,992
合計 11,607 240,809 6,571 150,016
出所:Financial Report @2022

これをみる限り、“Visa強し”。Visaが全地域でよく使われていることが見て取れます。

たしかにヨーロッパにおいてはアメリカほどのシェアはありませんが、取引高も取引件数もMastercardを上回っています。

ただ、一部の地域やサービスでMastercardが有利になることがあるのかもしれません。

まとめ

データを見ると世界中でVisaがよく使われていることが分かります。初めて手にするクレジットカードであれば、Visaが無難なチョイスといえるでしょう。

Visaは、現在、日本でのクレジットカードのタッチ決済(Visaのタッチ決済)普及に向け、利用店舗の拡大、公共交通機関の乗車実証実験など、さまざまな施策を行っています。新しい買い物体験、乗車体験をしたい人にもふさわしいブランドです。

とはいえ、世界中にはMastercardは使えるけどVisaが使えない、日本におけるCostco(コストコ)のようなところもあります。リスク分散という意味合いも込めて、2枚目をつくるときは1枚目と異なるブランドを選ぶとより安心です。

 
監修:消費生活ジャーナリスト 岩田昭男

アップルペイのすべてがわかる
magmagawards2019専門情報2位

カード比較