上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

最上級カード、秘密のブラックカード。そのつくり方を解説

┃クレジットカードの最上級カード、ブラックカード

クレジットカード、最上級のブラックカード。そのほとんどが招待制のため選ばれた人のみが持てるカードと言われています。ブラックカードとはどんなカードを指すのか、どのように入手するのかをご紹介いたします。

ブラックカードとは?

ブラックカードは、アメリカン・エキスプレス(以下、アメックス)の最上位カード、「センチュリオンカード」の通称です。1999年に米国で誕生したこのカードは特典の豪華さに加え、利用金額に一律の上限がないことや当時2500ドル(約27万5000円)という年会費の高さで話題を集めた超高級カード。日本でも2002年から発行が開始されました。

カード名にはブラックカードの名こそ付いていませんが、米国おいてはセンチュリオンカード=ブラックカードとして広く周知されており、アメックスが「BLACK CARD」(R#:3613898)の商標権を勝ち取っています。

ですが、日本でブラックカードの商標を持っているのはブラツクカード・リミテツド・ライアビリテイ・カンパニー、いわゆるラグジュアリーカードです。「BLACKCARD」(商標登録第5489287号)「ブラックカード」(商標登録第5810367号)ほか、多くの商標権を有しています。

ですから「ブラックカードって何?」と言われれば、正確にはこれらのカードということになります。

ですが、日本では多くのカード会社が最高級のカードを黒色にしているため、ブラックカードは最高級のステータスカードとして認識されているのが実情です。

ブラックカードの種類とは

では、具体的にはどんなカードがブラックカードと考えられるのでしょうか。

商標登録済みということで「アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード」(以下、センチュリオンカード)、「Mastercard(r) Gold Card(TM)- ラグジュアリーカード」「Mastercard(r) Black Card(TM)- ラグジュアリーカード」(以下、Mastercard Gold Card、Mastercard Black Card)。

あと、同じく商標登録(第5548141号)されている「楽天ブラックカード」。名称にブラックとあるので加えておきますが、Mastercardのグレードではプラチナです。

【Mastercardのグレード】
スタンダード<<ゴールド<<プラチナ<<ワールド<<ワールドエリート

さらにプラチナよりグレードが高いと言われる「ダイナースクラブ プレミアムカード」「JCBザ・クラス」などがあげられるでしょう。

カードの色が黒いだけでブラックカード?

繰り返しになりますが、ブラックカードに定義はなく最高級グレードのステータスカード。一般的にプラチナカードより上の位置づけです。

「三井住友カード プラチナ」「TRUST CLUB プラチナ Visaカード」「Orico Card THE PLATINUM」「ジャックスカードプラチナ」「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」も黒いデザインを採用していますが、名の通りプラチナカードです。これらはプラチナカードとしてカテゴライズするのが順当でしょう。

線引きが難しいのは「ANAカード プレミアム」です。基本的にはプラチナのサービスですが、これにANAの特典が加わり年会費も7万7000円~17万500円と高額。高い属性をもった人のみが保有できるカードなので、ブラックカードに価するもの。なかでも「ANAダイナース プレミアムカード」はダイナースクラブ プレミアムカードの特典が付帯されているので文句なしのブラックカードと言えるでしょう。


>>「ANAカード プレミアム」くわしくはこちら

ブラックカードの特典、年会費はどのくらい?

サービス内容はプラチナのワンランク上。

コンシェルジュサービスでは専任スタッフが応対してくれたり、グルメ特典では紹介なしで非公開レストランが予約できたり、カードを保有するだけで航空会社や高級ホテルの上級会員資格が得られたり、超高級ホテルを割安料金で利用できたり、飛行機の座席をファーストクラスにアップグレードできたり。このほか、美術館や世界遺産に登録される神社を貸し切って行う特別イベントを行うなど希少価値の高いサービスを提供しています。

またブラックカード会員には会社経営者も多く、こういった方たちが定期的に集え交流できる場を提供しているカードもあります。

気になるのは年会費。突出しているのは「センチュリオンカード」で、入会時には年会費35万円と入会金50万円が必要です。消費税込みで合計93万5000円になります。

センチュリオンカードよりは低めですが、「Mastercard Gold Card」「ダイナースクラブ プレミアムカード」「Mastercard Black Card」も年会費が10万円以上と、プラチナカードの2倍以上します。
カード名 発行会社 年会費
センチュリオンカード アメリカン・エキスプレス 35万円+税
※別途、入会金50万円+税
Mastercard Gold Card ラグジュアリーカード 20万円+税
ダイナースクラブ プレミアムカード 三井住友トラストクラブ 13万円+税
Mastercard® Black Card ラグジュアリーカード 10万円+税
JCBザ・クラス ジェーシービー 5万円+税
楽天ブラックカード 楽天カード 3万円+税

ブラックカードがつくれる人とは

ブラックカードはインビテーションを受け取った人が入会できます(一部除く)。カード会社がほしい人物像は「長年にわたってカードをよく使い、きちんと返済してくれる人」でしょう。入手するには年収、利用状況といった項目がカギになりそうです。


招待制のカード
センチュリオン・カード(アメックス)
Mastercard Gold Card(ラグジュアリーカード)
ダイナースクラブ プレミアムカード
JCBザ・クラス
楽天ブラックカード

申込み制のカード
Mastercard Black Card(ラグジュアリーカード)

年収はカードによって異なりますが、ブランド力のあるカードなら800万円以上はほしいところ。楽天ブラックカードのようにサービス利用重視と言われるカードなら、年収400~500万円でも可能性はありそうです。

年収が足りない人も利用実績でカバーすることは十分可能でしょう。すべての支払いを特定のカードに集約して利用履歴を磨き、ブランドへのロイヤルティをアピールしてみてはいかがでしょう。

ただし、規格外なのはセンチュリオンカード。アメックスのMEDIA KIT 2020の会員プロフィールによると、世帯収入180万ドル(約1億9800万円)、53%が経営者、平均年齢57歳。ちょっと怖気づいてしまいますね。

ですが、以前取材を行った日本人の方はここまでのハイスペックではありませんでした。アメックス歴8年、年収1500万円、年間利用額500万円、外資系金融機関勤務、33歳でインビテーションが送られて来たとのこと。このギャップは不明ですが、戦略的に会員数を増加させたい期間があるのかもしれませんし、門戸は思ったより広いのかもしれません。

ブラックカードは利用上限なしでクレジットカードを使える?

利用金額に一律の制限設けていないカードもあります。ですが多くの場合、年収や利用状況よって個々に上限額が設定されています。それを無視していきなり家を買う、なんてことはできません。

利用上限を超えて支払いたいときは、指定口座に事前入金(デポジット)することで決済可能になることもあります。こうすれば利用上限を気にすることなく高額決済ができます。

ダイナースクラブカードでタマホームを買う!こともできるようです。※事前承認が必要


>>クレジットカードで大きな買い物。家を買う!

ブラックカードを手に入れるためには?年齢、年収は関係あるのか?審査、つくり方を解説

センチュリオン・カード

クレカの最高峰といわれるカードですが、すべての情報は非公開。

正式な会員数もわかりませんが、アメックスのMEDIA KIT 2020によると日本における会員誌「CENTURION」の発行部数は8500。なので会員数は7000~8000人ぐらいと予想されます。ちなみに2015年は6800部数、 2017年は7500部数だったのでじわじわ増えています。

日本ではどんな人が入手しているのでしょう?こちらも以前取材した人の情報から。
カード保有者である外資系金融機関勤務、41歳の男性(※上記で紹介した方とは別)は、アメックスのプラチナカードを年間1000万円ぐらい利用したら、勧誘の電話があったとのこと。「米国では年間250万ドル(約2750万円)と言われていますが、そこまでは使っていません」。日本の審査は若干緩いのでは?と思われたそうです。

「カード決済はほとんどが海外旅行の費用。それ以外に洋服代とか」。たしかにセンチュリオン会員の年間旅行回数はレジャー14回、ビジネス11回が平均。世界を飛び回っている人が大半です。渡航回数や旅行代金も重要な評価基準の一つなのでしょう。

残念ながらこの方の年収は教えていただけませんでしたが、数千万円以上の高収入であることは間違いなさそうです。

カードのランク
カード名 申込み方法 ステータス 年会費
アメリカン・エキスプレス・カード 申込み制 一般カード 1万2000円+税
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 申込み制 ゴールド 2万9000円+税
プラチナ・カード® 申込み制 プラチナ 13万円+税
センチュリオンカード 招待制 ブラック 35万円+税
>>「アメリカン・エキスプレス・カード」申込みはこちら
>>「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」くわしくはこちら
>>「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」くわしくはこちら
>>「アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード」くわしくはこちら

ビジネス決済に使いたいという人もいると思いますが、センチュリオンのビジネスカードは日本では発行されていないようです。ところが、米国にはビジネスカードがあるようです。“年間50万ドル(5500万円)前後の利用が必要だが、経営者にとっては個人カードより入手しやすいかも?”との投稿も目にしました。

日本でビジネスカードがほしいなら、アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・プラチナ・カードが最高のカードになるでしょう。法人格のある会社をはじめ個人事業主でも申し込むことができます。年会費は14万3000円(税込)で追加カードは4枚まで無料です。

>>「アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・プラチナ・カード」申込みはこちら

ダイナースクラブ プレミアムカード

ステータスカードとして人気の高いカードです。カード名にある通りダイニングに強いこだわりがあり、カードがあるからこそ利用できる店舗も少なくありません。グルメ必携のカードです。

入手の基本は「ダイナースクラブカード」を使い込んでインビテーションを待つこと。目安は年収1000万円以上、利用金額は年間300万円以上と言われていましたが、ハードルはやや下がっているようです。以前はHP上にプレミアムカードに関する紹介はありませんでしたが、現在はサービス内容を確認することができます。会員数を積極的に増やしたいのかもしれませんね。

プレミアムカード会員の紹介で入手したという人もいます。もし周りにいれば、こういったコネクションを利用してみてはいかがでしょう。HP上に電話での問い合わせ先が明記されているので不明な点を伺うこともできそうです。

カードのランク
カード名 申込み方法 ステータス 年会費
ダイナースクラブカード 申込み制 ゴールド~プラチナ 2万2000円+税
ダイナースクラブ プレミアムカード 招待制 ブラック 13万円+税
>>「ダイナースクラブカード」くわしくはこちら

Mastercard Gold Card

米国発、ラグジュアリーカードの富裕層向けのクレジットカードでMastercardの最上位商品「World Elite Mastercard」を採用。2016年から日本でサービスを開始しています。特徴は映画や美術館など心を豊かにしてくれるサービスが多いこと。カードの質感も重厚で独自性が際立っています。

カードは「Mastercard Gold Card」「Mastercard Black Card」「Mastercard Titanium Card」の3種類あり、最高グレードはゴールドカード。インビテーションがなければ入手できません(法人カードは申込み制)。

基本の入手方法はブラックカード「Mastercard Black Card」を使い込んでインビテーションを待つこと。年間利用額200万円~300万円以上が目安になるでしょう。

ほかのブラックカードと異なりミレニアル世代にも大いに使ってほしい、という点でもユニーク。年収は1000万円近くあるけどまだ20代だから…と躊躇していた人にもチャンスは大いにあります。法人カードも用意されているので個人事業主、経営者の方にもよさそうです。

会員交流の場であるソーシャルアワーを上手く利用し、カード会社のスタッフと親しくなるのも効果的かもしれませんね。

Mastercard Black Card

こちらも同じくラグジュアリーカード。「Mastercard Gold Card」「Mastercard Black Card」「Mastercard Titanium Card」の真ん中のグレードで申込み制です。ラグジュアリーカードを使ったことがない方でも審査に通れば入手できます。年収は700万~800万円以上が目安となりそう。

チタンカード「Mastercard Titanium Card」で利用実績を積んで切り替えるという手もあります。個人事業主の方にも広く門戸が開放されています。

カードのランク
カード名 申込み方法 ステータス 年会費
Mastercard Titanium Card 申込み制 プラチナ 5万円+税
Mastercard Black Card 申込み制 ブラック 10万円+税
Mastercard Gold Card 紹介制 ブラック 20万円+税
>>「Mastercard Gold Card」くわしくはこちら
>>「Mastercard Black Card」くわしくはこちら

JCBザ・クラス

年会費以上のサービスが得られるコスパに優れたカードです。年に1度のメンバーズセレクションを利用すれば、東京ディズニーリゾート内会員制ラウンジ利用券がもらえます。ディズニー好きにはたまらないカードといえるでしょう。

「JCBザ・クラス」は招待制なので、JCBから届くインビテーションが必要。最も重要視されるのは、JCBカードの利用実績では?と言われています。

当サイトが行った読者アンケートでは、年間利用金額は60万円ながら、JCBカードのオリジナルシリーズを18年4ヶ月利用しインビテーションを受け取った方もいました。長年JCBカードを愛用し続けてきた人は大いに有利です。

JCBザ・クラスの一般的な入手方法は、「JCBゴールド」で実績を積んで「JCBゴールド・ザ ・プレミア」のインビテーションをもらい、さらに実績を積むのが従来の流れ。今はいきなり「JCBプラチナ」に申し込んで「JCBザ・クラス」のインビテーションを待つのが最短ルートと言われています。

最近は審査のハードルもやや下がり、「年齢30代以上、年収500万円以上、サラリーマン」といった条件で審査に通過している人もいるようです。

カードのランク
カード名 申込み方法 ステータス 年会費
JCB一般カード 申込み制 一般カード 1250円+税
JCBゴールド 申込み制 ゴールド 1万円+税
JCBプラチナ 申込み制 プラチナ 2万5000円+税
JCBザ・クラス 紹介制 ブラック 5万円+税
<<「JCB一般カード」くわしくはこちら
<<「JCBゴールド」くわしくはこちら
<<「JCBプラチナ」くわしくはこちら

楽天ブラックカード

楽天カードの中で最上位のカード。インビテーションがなければ入手できません。カードを保有すると、楽天市場で5%以上の還元が得られるほか、楽天プレミアム(年会費3900円)に1年間無料で入会できポイント増量のチャンスが広がります。

またブランドは「Mastercard」「JCB」「アメリカン・エキスプレス」から選べ、それぞれのブランドのプラチナ特典(またはその一部)が利用できます。

インビテーションを受け取るには、下位カードである「楽天プレミアムカード」で利用履歴を磨くのが近道ですが、「楽天カード」からいきなりインビテーションを受け取れることもあるようです。

インビテーションの発行で重視されるのは、楽天カードの利用頻度や楽天グループとの取引状況。カードの年間利用額の目安はだいたい200万円以上。さらに、楽天市場、楽天トラベルを頻繁に利用し、楽天銀行や楽天証券に金融資産があればなおインパクトを与えられそうです。楽天ポイントクラブで上位ランク(ダイヤモンド会員)の方はさらに有利でしょう。

ネット情報ではありますが、楽天カードを持たない楽天会員の方にインビテーションが届けられたとの話も。属性より、楽天へのロイヤルティが問われるカードと言えそうです。

カードのランク
カード名 申込み方法 ステータス 年会費
楽天カード 申込み制 一般カード 永年無料
楽天ゴールドカード 申込み制 格安ゴールド 2000円+税
楽天プレミアムカード 申込み制 ゴールド 1万円+税
楽天ブラックカード 紹介制 ブラック 5万円+税
<<「楽天カード」くわしくはこちら
<<「楽天ゴールドカード」くわしくはこちら
<<「楽天プレミアムカード」くわしくはこちら

┃おわりに

ブラックカードと比較されるのがプラチナカード。いまや多くのプラチナカードが招待制から申込み制に移行し、年会費も抑え気味でコスパのいいカードを発行しています。一方、押され気味なのがブラックカード。プラチナ以上のクオリティ、独自性の高いサービスを提供できない限り、数年後にはプラチナカードに飲み込まれ(統合され)そうで心配です。

そんななかでも異彩を放つのは、アメックスのセンチュリオンカード。

米国でもその神秘性ゆえ、サービス内容は注目の的のようです。
「1万マイル(日本から南米ぐらい?)先に忘れたヘッドフォンを探してくれた」
「バリ島で火山噴火が起こったときにクルマ、フェリー、飛行機を手配してくれ、無事島から逃れられた」という体験談から、
「カード会員の子どものプロジェクトため、一握りの砂を求めてバイクで死海まで行ってくれた!?」といったうわさ話までが次々とポストされていました。

玉手箱を開けるようなドキドキ感がブラックカードの魅力。優等生プラチナカードにはない個性的なサービスをこれからも期待したいところです。


※1米ドル=110円で換算
※当記事については取材およびネットから収集した情報をまとめたものです。正確性を保証するものではないほか、特定のサービス利用を推奨するものでもありません。


おすすめの「ブラックカード・最高級カード」


カード名

国際
ブランド

年会費
アメリカン・エキスプレス・
センチュリオンカード
American Express 35万円+税
センチュリオン・パーソナル・コンシェルジュ。国内航空券アッパーシートプログラム。スイートルーム・ステイ・プログラム

くわしくはこちら
Mastercard Gold Card-
ラグジュアリーカード
Mastercard 20万円+税
ラグジュアリーカードの中でも一番グレードの高いカード。24金でコーティングされた金属性カードがきらめく。

くわしくはこちら
ダイナースクラブ プレミアムカード
ダイナースクラブ プレミアムカード Diners Club 13万円+税
コンシェルジュサービス(24時間年中無休)。利用金額に一律の制限なし。ダイナースグローバルマイレージの参加料無料

くわしくはこちら
Mastercard Black Card-
ラグジュアリーカード
Mastercard 10万円+税
米国生まれのハイエンドなクレジットカード。Mastercard最上位クラス「World Elite Mastercard」を採用。

くわしくはこちら
JCBザ・クラス

 
JCB 5万円+税
※家族会員無料
ザ・クラス・コンシェルジュデスクの利用。年一回メンバーズセレクションの進呈。グルメ・ベネフィット。プレミアム ステイ プラン

くわしくはこちら
ANAカード プレミアム
Visa
JCB
Diners Club
AMEX
V:8万円+税
J:7万円+税
D:15万5000円+税
A:15万円+税
ANA国内空港ラウンジ無料。コンシェルジュサービスの利用。クレカポイントからマイルへの移行手数料無料

くわしくはこちら









※掲載内容等につきましては万全を期しておりますが、すべてを確約するものではありません。正確な情報はカード会社の公式サイトにてご確認ください
※ポイント還元率:カードで利用した金額に対して付与されるポイントを現金に換算して独自に算出

アップルペイのすべてがわかる
magmagawards2019専門情報2位

カード比較