上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2022年6月3日 海外渡航者/安心・安全

[2022年度版] 旅行予約サイトの割引クーポンがもらえるクレジットカード!

コロナ禍で旅行を控えていたという人も、訪日ツアー客の受け入れ再開のニュースをきっかけに、一気に旅行気運が高まっているのではないでしょうか?

そんな時こそこんな話題を! 旅行予約サイトで使えるクーポンがもらえる“お得なクレジットカード”を調べてみました。

まずはここをチェック!「エクスペディア」

1996 年にマイクロソフト社の一部門として発足し、現在は世界30か国以上でサービスを展開する大手旅行予約サイト。宿泊、航空券、レンタカー、現地ツアーまで幅広く扱っているので、旅を自分でアレンジしたい人に最適です。

提携している航空会社は400社あり、LCCの予約も可能。しかも航空券の予約手数料は無料です。航空券を予約するとホテルが特別価格になる「航空券」+「宿泊」のパッケージ予約は人気。航空券または1泊分の宿泊料金が最大全額 OFF になるような「超目玉セール」もあります!


割引クーポンが利用できるクレジットカード
ホテル割引 航空券+ホテル
パッケージ割引
クーポンコード取得 有効期限
Visaカード 8%オフ 2500円オフ
※5万円以上の予約
こちら 2023/1/31
Mastercard
※利用の可否は
ここで確認
12%オフ こちら 2022/6/30
アメリカン・エキスプレス・カード 10%オフ こちら 2022/7/11
8%オフ 3750円オフ
※15万円以上の予約
2023/1/31
JCBカード 8%オフ 2500円オフ
※10万円以上の予約
こちら 2023/1/31
 エポスカード  8%オフ  2500円オフ
※5万円以上の予約
 こちら  2022/9/30
 イオンカード 9%オフ  こちら 2022/8/31
 8%オフ  2500円オフ
※5万円以上の予約
 2023/1/31
上の表にある「こちら」をクリックすれば、カード会社との連携サイトが開きます。サイトの上部にクーポンコードが記載されているので、それを使うと割引が適用されます。

ただし、割引対象外のホテルがあるほか、「事前払い」しか適用されないケースもあるので注意してください。

いろんな宿泊施設から理想の宿を!「Booking.com」

アムステルダム発、世界最大級の旅行ECサイト。世界で200万軒以上、国内で2万軒以上が登録されています。思い出に残る体験や効率の良い移動手段、そしてホテルからバケーションレンタルに至るまで多種多様な宿泊施設への予約をワンストップで提供しています。

差額保証の「プライスマッチ」も行っており、利用者が宿泊施設を予約した後に、他のウェブサイトで同じ宿泊施設を、同じ条件で、より低い料金で見つけた場合、差額の返金も行ってくれます。


割引クーポンが利用できるクレジットカード
特典 カード会社との
連携サイト
優待期間
Visaカード 最大10%ポイントバック
※ポイントは今後の予約で利用可
こちら 2023/12/31
現在はVisaブランドでポイントバックが実施されています。こちらはクーポンコードを使わず、決済時に対象カードを利用すれば、自動的に次回の予約で使えるポイントがBooking.com の利用者アカウントに付与されます。カード会社との連携サイトから予約しないと適用されないので注意しましょう。

クーポン割引以外でも、カード会社が運営するポイントモール経由すればポイントアップし、お得になるカードがあるので紹介しておきます。

自社ポイントモールの利用でポイント増量
ポイント還元率
※カード決済分含む
ポイントアップモール
セゾンカード
UCカード
3% セゾンポイントモール
dカード 4.5% dカード ポイントモール
三井住友カード 4% ポイントUPモール
※2022年9月現在
※ポイント還元率は予告なく変更となる場合があります
オリコカード 4.5% オリコモール
ビューカード 約3.6%  VIEW ショッピング ステーション

10泊すれば1泊無料!検索もサクッとできる「Hotels.com」

Expedia Group のグループ企業。世界中に数十万軒ある宿泊施設の予約が可能です。特に使いやすさにこだわりがあり、ラスベガスの豪華ホテルから、タイのツリーハウス、絶景のヴィラがサクッと手軽に検索可能。スマホアプリはダウンロード数7000万件にのぼっています。

対象宿泊施設で1泊するごとにスタンプを 1 個もらえ、10個貯まると1泊分が無料になるボーナスステイが人気。より安い料金を見つけた場合に、差額分を返金する価格保証も行っています。


■割引クーポンが利用できるクレジットカード
ホテル割引 Hotels.comリワード
スタンプ
クーポンコード取得 有効期限
Visaカード 8%オフ こちら 2022/12/31
4%オフ +もらえる
Mastercard ※利用の可否は ここで確認 8%オフ こちら 2022/6/30
 4%オフ  +もらえる
JCBカード  4%オフ  +もらえる  こちら  2022/11/30
アメリカン・エキスプレス・カード 8%オフ  こちら  2022/12/31
ラグジュアリーカードカード 9%オフ こちら 2023/1/31
5%オフ +もらえる 2023/1/31
エポスカード 8%オフ こちら
3%オフ +もらえる
セゾンカード
UCカード
10%オフ こちら  2022/7/31
8%オフ 2022/9/30
イオンカード 8%オフ こちら  2023/1/31
4%オフ +もらえる  2022/6/30
「エポスカード」はカード番号を入力してクーポンコードを取得し、専用サイトから予約します。他のカードは、専用サイトにクーポンコードが表記されているので、それを使って予約します。

特にアジアはおまかせ!「Agoda」

2005年にシンガポールにてEコマースのスタートアップ企業として創業された旅行予約サイト。現在、世界中200以上の国・地域の宿泊施設250万軒以上を取り扱っています。特にアジアに強く、ホテルだけでなく、アパートメント、バンガロー、ヴィラ、貸別荘といった需要にも対応。ベストプライス保証もついています。

2019年から、航空券およびパッケージ商品の販売を開始。また、アゴダでの宿泊予約でブリティッシュ・エアウェイズ、ユナイテッド航空といった提携企業のマイル/ポイントを貯めることができるなど、マイラーにもおすすめです。(対象外の宿泊プランもある)


■割引クーポンが利用できるクレジットカード
カード種別 ホテル割引 専用サイト 有効期限
 Visaカード 最大8%  こちら  2025年12月31日
クーポンコードはなく、対象カードでの支払い時に割引が適用されます。

過去には、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレスと連携してプロモーションを行っていましたが、クレジットカードとの連携は他のサイトに比べてやや少なめ。

割引クーポンが見つからないときは、クレジットカード会社のポイントモールの利用がおすすめです。「オリコモール」を経由してBokking.comで予約するとポイント還元率は3.5%、「VIEW ショッピング ステーション」「EPOSポイントUPサイト」はポイント還元率が3%になります。

※還元率は、カード利用分のポイントを含む

「楽天トラベル」「Yahoo!トラベル」「じゃらんnet」と相性のいいクレジットカード

これまで紹介した外資系の旅行予約サイトは、いろんなクレジットカードと連携してプロ―モーションを行っていますが、国内系の旅行予約サイトはグループ会社の決済サービスとのみ、強くつながっているようです。


「楽天トラベル」は、当然ながら楽天カードです。カード会員は、毎月、国内旅行で使える1000円割引クーポンを楽天e-NAVIから入手できます。さらに、支払いを楽天カードにするとポイントが通常の2倍、2%にアップします。1000円割引クーポンはエポスカード会員の方も、会員専用サイトから入手できます。

「Yahoo!トラベル」は、同じZホールディングスのPayPayがお得です。「宿泊予約」や「宿泊+航空券(ヤフーパック)」をPayPay残高を使って予約すれば、通常1%~2%のPayPayポイントがもらえます。「Yahoo!トラベル」では、ホテルごとに500円~3000円オフになるクーポンがありますが、こちらはYahoo! JAPAN のIDがあれば、誰でも入手できます。

最後にリクルートが運営する「じゃらんnet」。こちらはリクルートカードで決済すると、カード決済ポイントに宿泊予約によるポイントを加え、合計3.2%のポイントがもらえます。

内訳は1.2%のリクルートポイントと1%のメインポイント、残り1%はじゃらん限定ポイントです。リクルートポイントはPontaポイントに交換可能。メインポイントはPontaポイント、dポイント、リクルートポイントから選べます。

「すごくお得」とまでは言えませんが、こうした組み合わせは、ポイントがまとめられるので使いやすいでしょう。

サイト内には誰でも使えるクーポンやキャンペーンは多くあるので、こちらも要チェックです!

まとめ

「エクスペディア」や「hotels.com」は多くのカード会社と連携のサイトがあり、探せば何かしら割引が受けられるカードが見つけられるでしょう。

一方、「booking.com」「Agoda」はクレジットカードとの連携は少なめ。あったとしても期間が短く、タイミングを逃してしまう可能性はあります。カード会社のポイントモールなら4-5%のポイントをもらえるので利用するとよさそうです。

外資系の旅行予約サイトの利用で注意したいのは、価格保証についてです。価格に自信があることの表れでなんとなく安心感はあります。しかし、同じ条件下での価格であることの証明、提携会社を介するものは適用外、チェックインの前日までに申請など、条件が厳しすぎるのが難点です。なるべくこうした制度を使わなくていいよう、事前に比較しておくのが無難です。

 

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる
magmagawards2019専門情報2位

カード比較