上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2014年12月11日 ゴールドカード

岩田昭男が「探る!」
アメックスゴールド
リニューアルの理由が知りたい!

アメックスゴールドも3000円の値上げ!?●gold_rcp_front_WP
消費税のアップを受けて、プレミアムといわれる上級カードが相次いで年会費を改定しはじめた。そして9月末には「アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード」の年会費も引き上げられた。それまでの2万6千円(税抜)から3000円引き上げられて2万9千円(税抜)となったが、値上げと同時にサービスメニューも大幅に改定されて、値上げ分をカバーするのに十分なほど、魅力的になった。日本ではじめて発行されたゴールドカードでもあるアメックスゴールドの値上げと改定は、ほかの上級カードにも少なからず影響を及ぼすと思われる。

今回の改定の背景について、アメリカン・エキスプレス(以下、アメックス)社広報部の喜田氏に聞いた。「値上げも理由のひとつですが、基本的にはお客様のライフスタイルや嗜好の変化に伴うコンセプトの変更が原因」(喜田氏)という答えが返ってきた。

では、どのようにコンセプトが変わったのか、新たなコンセプトについて伺ってみると、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはステータスカードのようなイメージがありますが、これを見直して、『大切な方と一緒に過ごす大切な時間を豊かにしていただくカード』という位置づけにしていこうと思っているのです」という。これまではどちらかというと、会員本人だけにスポットライトが当たっていたが、今後は恋人、友人、家族と一緒に過ごす時間を豊かにするカードという視点からサービスメニューを改定したというのだ。

●コンセプトの変更で何が変わる?●
たしかにアメックスのゴールドは、一般のクレジットカードと一線を画し、ステータスカードの代表格として君臨してきた。バブルの時代にはステータスの象徴として金ぴかのカードを保有していた人も少なくなかった。その路線を軌道修正する時がきたということなのか?

「もう、そういう時代ではなくなったと思うのです」と喜田氏は続ける。「今保有している人は、ステータスを求めているんじゃなくて価値ある体験機会を求めているのではないかと私たちは考えています。そうであれば、大切な方と一緒に過ごしていただける大切な時間を豊かにできるサービスを提供していきたい」と強調するのだ。

ちまたではポイント還元率が熾烈さを増しているが、そこに参入するのではなく、アメックスはあくまでも独自のコンセプトに沿った独自のサービスを提供していくという道を選んだのだ。

●大切な時間にとっておきのサービス内容は●
その思いを具現化するよう、サービス内容は大幅に拡充されている。
今回の改定によって新たに加わった主だった特典4つを紹介しよう。

①家族会員カードが年会費無料
②ゴールド・ダイニングby招待日和が年会費無料
③プリファード・ゴルフが年会費無料
④プライオリティ・パスが年会費無料

新しい特典の一つめは、従来1万2千円の年会費が必要だった家族会員カードの無料化。今回の改定では、1枚が無料で提供されることになった。家族会員カードは配偶者、または両親、または18歳以上の子どもが対象となる。

二つめは、招待日和が行っている『ゴールド・ダイニング』という会員制のプログラムを年会費無料で利用できる。『ゴールド・ダイニング』は、国内外約200店あるレストランで所定のコースを2名以上で予約をすると1名分が無料になるというプログラム。通常年会費は32400円(税込)だ。

三つめは、『プリファード・ゴルフ』を年会費無料で利用できる。『プリファード・ゴルフ』は、今までプラチナ・カード会員以上が利用対象であったが、今回、ゴールド会員も利用できるようになった。サービス内容は、世界70ヶ所以上の提携ホテルに2泊以上ご宿泊すると、ホテルが契約するゴルフコースのプレー代(1ラウンド / 1名様分)が無料になる。

最後は、通常約1万円かかる『プライオリティ・パス』の年会費の無料化だ。『プライオリティ・パス』とは、国内外600ヶ所以上にある空港VIPラウンジが利用できるプログラム。この特典については、年会費無料だけでなく、1回27米ドルかかる会員利用料金も年2回無料で使えるサービスが付与されている。

どのサービスも、自分だけでなく同伴者も享受できるお得で楽しいサービスがそろっている。

●3000円分の元は取れるか?●
サービスが拡充されても、気になるのはそのお得度だ。余計なお世話ながら、値上げの3000円分の元は取れているのか分かりやすく表にまとめてみた。

通常料金(または旧・料金) カード会員料金
家族会員カード 年会費12000円(税抜き) 無料(1名)
ゴールド・ダイニングby招待日和 年会費32400円(税込) 無料
プリファード・ゴルフ 年会費295米ドル 無料
プライオリティ・パス 年会費99米ドル 無料
 

1ドルを115円で計算したとしても、これを合算するだけでも8万9千円くらい、9万円近いものが無料になっている。さらにサービスを利用するごとにお得度は増していくことになる。年会費の値上げ分である3000円に対して、それに付随しているサービスはかなり豪華。ワクワクするような体験を素敵なパートナーとともに満喫するに十分なカードと思われる。

●取材を終えて。岩田の目●
新しいクレジットカードが次々と発行されているが、興味の対象は年会費とポイント還元率に集中しがちである。しかしカード選びの際に、自分の身の丈に合った価格帯(年会費)、自分の人生を豊かにしてくれるサービス、といった基準が加わってこそ、クレジットカード文化が成熟したと言えるのではないだろうか。そういった意識改革を促してくれるカードにも思えた。

●アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 詳細データ

※記事内容は制作された時点での情報です。その後サービス等が変更されている場合がありますので、最新の情報につきましては公式サイト等でお確かめください。

関連記事

岩田昭男が「探る!」 共通ポイント・業界ルール 「一業種一社」の壁
岩田昭男が「探る!」 NFC搭載のiPhone6登場 新時代の扉が開いた【前編】
岩田昭男が「探る!」 NFC搭載のiPhone6登場 新時代の扉が開いた【後編】
岩田昭男が「探る!」 シニアのカード管理術 佐倉市消費生活センター講演レポート

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる
メルマガ登録・解除
岩田師範が本音で語る
クレジットカードの明日 

「達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場」

powered by まぐまぐ!
 

カード比較