上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

ブラックカード・最高級カード ANAカード プレミアム【2018年改定版】

最もグレードの高いANAカード。国際ブランド別に4種類が発行されています。カードごとにサービス内容は異なりますが、基本サービスとしてボーナスマイルの付与、ANA国内空港ラウンジの利用、プライオリティ・パス、コンシェルジュサービスが提供されています。「ANAダイナースプレミアムカード」は招待制ですが、それ以外はすべて申込みが可能。特にアメックスブランドに関しては、アメックス単独発行のプラチナ・カード®が招待制であるのに対し、「ANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード」は同水準のグレードで申込み制です。

ANA VISAプラチナプレミアムカード

ANA JCB カードプレミアム



ANAアメリカン・エキスプレスプレミアム・カード

ANAダイナースプレミアムカード



<1>ANAカード プレミアム ここがポイント


<1>ここがポイント
【ポイント1】ボーナスマイルが積算される
【ポイント2】国内線ANAラウンジが利用できる
【ポイント3】プライオリティ・パスが利用できる

【ポイント1】ボーナスマイルが積算される
入会時、継続時、フライト時にボーナスマイルを獲得でき、マイルをざくざくためることができます。

<その1>入会時、継続時に1万マイルプレゼント
入会時はボーナスマイルとして1万マイル、さらに毎年継続するたびに1万マイルのボーナスマイルが積算されます。仮に1万マイルを特典航空券に交換すれば、ローシーズンに「東京=大阪」「大阪=福岡」を往復できます。週末に美味しいものを食べに大阪や福岡へといった贅沢な楽しみ方ができそうです。


<その2>フライトでボーナスマイル50%加算
ANAグループ便への搭乗のたびに、通常のフライトマイルに加え、「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率の50%」が積算されます。たとえば、「東京=ニューヨーク」を運賃倍率100%の航空券で往復した場合、通常、1万3446マイル(片道6723マイル)が積算されますが、これにボーナスマイル50%(片道3361マイル)が加算されて合計2万168マイルが獲得できます。

2万マイルを特典航空券に交換すれば、レギュラーシーズンにエコノミークラスで「東京=香港」を往復できます。

ほかのANAカードでもボーナスマイルは付与されますが、ANAカード プレミアムは圧倒的にマイルがたまりやすく設計されています。

<カード種類別 ボーナスマイル数>
入会時、継続時 搭乗時
ANAカード一般 1000マイル 10%UP
ANAゴールドカード 2000マイル 25%UP
ANAカード プレミアム 1万マイル 50%UP

【ポイント2】国内線ANAラウンジが利用できる
ANAカード プレミアムの本会員になると、国内線の「ANAラウンジ」が利用できます。「ANAラウンジ」は、通常、ANAのプレミアムメンバーやプレミアムクラスの搭乗者といったごく限られた人が利用できるラウンジですが、ANAカード プレミアムの本会員になれば、上級会員資格の有無、搭乗クラスに関係なく利用できます。

ラウンジ内にはソフトドリンクやアルコールが用意されており、無線LANの利用や電子書籍・雑誌やニュースなどデジタルコンテンツの閲覧が可能。出発までの時間をゆっくりと贅沢に過ごすことができます。

「画像提供:ANA」



「画像提供:ANA」



「画像提供:ANA」


ラウンジ名 空港名
「ANA LOUNGE」 羽田、新千歳、仙台、小松、伊丹、関西、岡山、広島、松山、福岡、熊本、鹿児島、那覇空港
「セントレア エアライン ラウンジ」 名古屋(中部)空港
「ラウンジ大淀」の共用待合室 宮崎空港

【ポイント3】プライオリティ・パスが利用できる
世界130ヶ国、500都市、1000ヶ所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスを利用できます。


ラウンジ内では、通常、軽食や飲み物、アルコールが無料で提供されているほか、インターネット接続サービスの利用も可能です。

プライオリティ・パスには「スタンダード」「スタンダード・プラス」「プレステージ」の3段階のグレードがあり、それぞれ年会費と利用料金が設定されていますが、ANAカード プレミアムに付帯されているのは最上級「プレステージ」と同等のサービスで、利用回数に制限なく無料で空港ラウンジが利用できます。家族会員や同伴者へのサービス内容については国際ブランドによって異なります。

ブランド名 本会員 家族会員 備考
年会費 利用料金 年会費 利用料金
Visa 無料 無料 無料 無料 家族会員は自動発行
JCB 無料 無料 家族会員無料 対象者は本会員のみ
Diners Club 無料 無料 無料 無料
American Express 無料 無料 無料 無料  同伴者1名無料

<2>カードスペック

カード名 ■ANA VISAプラチナプレミアムカード

■ANA JCB カードプレミアム

■ANAアメリカン・エキスプレスプレミアム・カード

■ANAダイナースプレミアムカード
国際ブランド Visa、JCB、Diners Club、American Express
年会費 ■Visa:8万円+税
■JCB:7万円+税
■AMEX:15万円+税
■Diners Club:15万5000円+税
ポイント
有効期間
■Visa:4年間
■JCB:5年間
■AMEX:無期限
■Diners Club:無期限※マイルの有効期限は36ヵ月
マイル還元率 ■Visa:1.5%~
■JCB:1.3%~
■AMEX:1.0%~
■Diners Club:2.0%~
ポイント/
マイル付与率
(一般店舗)
■Visa:
1000円=1P(15マイル)
■JCB:
1000円=2P*(13マイル)
*うち1Pはボーナスポイントで500ポイント以上1P単位でマイレージへの移行が可能。移行レートは「1P=3マイル」
■AMEX
100円=1P(1マイル)
■Diners Club:
100円=2P(2マイル)
クレジットP
付与率
(特約店舗)
ANAカードマイルプラス提携店でANA航空券や機内販売を利用した場合、100円につき2マイル加算
ボーナスポイント ●入会、継続時ごとに10,000マイル
●搭乗ごとに区間基本マイレージの50%プラス
旅行傷害保険 ■Visa
海外1億円/国内1億円(自動付帯)
■JCB
海外1億円/国内1億円(自動付帯)
■AMEX
海外1億円/国内1億円(利用付帯)※自動付帯分は海外のみ5000万円。
■Diners Club
海外1億円/国内1億円(自動付帯)
海外サービス プライオリティ・パス
電子マネー ■Visa:楽天Edy、iD、PiTaPa
■JCB:楽天Edy、QUICPay、PiTaPa
■AMEX:楽天Edy
■Diners Club:楽天Edy
特徴 ●ANA国内空港ラウンジが無料
●クレジットポイントからマイルへの移行手数料無料
●コンシェルジュサービスの利用
一言コメント ●関連記事「4券種そろったANAカード プレミアム」
●関連記事「5種類ある『ANAゴールドカード』でマイルざくざく」
申込み ANAカードプレミアム


 
 
※掲載内容等につきましては万全を期しておりますが、すべてを確約するものではありません。正確な情報はカード会社の公式サイトにてご確認ください
※ポイント還元率:カードで利用した金額に対して付与されるポイントを現金に換算して独自に算出

アップルペイのすべてがわかる
メルマガ登録・解除
岩田師範が本音で語る
クレジットカードの明日 

「達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場」

powered by まぐまぐ!
 

カード比較