上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2014年4月24日 その他

アメリカン・エキスプレス限定イベント
「京都 醍醐寺・三宝院の桜の特別夜間拝観」

daigoji 桜の季節が近づくと、桜の開花が待ち遠しく感じられます。今年はどんな桜を観ようかと心弾ませる人のために、とっておきの“桜”を披露してくれるのがアメリカン・エキスプレスの「京都 醍醐寺・三宝院の桜の特別夜間拝観」(カード会員限定)。今年は4月3日に開催され、200名ものカード会員の方が風情豊かな鑑賞会を堪能しました。

●太閤秀吉ゆかりの「醍醐の桜」●2014.4.3Daigoji-152
 醍醐寺といえば「醍醐の花見」として、毎年この時期になると多くの参拝者でにぎわいます。「醍醐の花見」は今から約400年前、豊臣秀吉が畿内から700本もの桜を醍醐寺の境内に植え、近親者から大名、女中まで総勢1300名を集めて贅の限りを尽くして宴会を行ったのがその云われ。これが今日の「花見」の始まりと言われています。
 そんな由緒ある醍醐寺では、春の彼岸ごろから、かわづ桜が咲き始め、しだれ、ソメイヨシノ、山桜、八重ザクラ、そして、三宝院の大紅しだれと金堂わきに大山桜……と順番に咲き誇り、最後の桜が咲き終わるまでの約3週間、桜を堪能することができます。

●洛南に佇む名刹「醍醐寺」●
 桜の美しさだけでなく、醍醐寺は世界遺産にも登録されている名刹。約7万点ある国宝をはじめ、重要文化財、寺宝・伝承文化財などが数多く収蔵されているところでもあります。また創建以来、火災や戦乱に巻き込まれ多くの建物が焼失したものの、難を逃れた五重塔は現在、京都府下で最も古い木造建築物に指定されています。
「桜鑑賞に出かけたのですが、とにかくあちこちに国宝級の宝があるお寺で驚きました。桜だけでなく京都の歴史文化まで感じ取ることができ、特別な時間を過ごせました」(消費生活ジャーナリスト・岩田昭男)

●アメックスが誘う“至高の体験”●???????????????????????????????
 このイベントは、一般の参拝客が帰った夕方以降、三宝院を貸し切って行われます。三宝院は醍醐寺の本坊的な存在。その庭園は豊臣秀吉が「醍醐の花見」のために自ら設計したことでも有名です。「桜はまさに圧巻。ライトアップした枝垂れ桜は、流れるような曲線美を浮かび上がらせ、幻想的な世界を醸し出していました。夜間は一般公開されていないので、とても貴重な体験。雨月茶屋でいただいた花見膳も味わい深いものでした」(同・岩田氏)
2014.4.3Daigoji-101a
 また、一般には公開されない三宝院にある白書院では、お抹茶と花見団子のおもてなしもあり、醍醐寺座主仲田順和大僧正による法話も行われました。「夜間に国宝級の寺にいるだけでも、神妙な面持ちになるものです。そんな中で聞く法話は、いつもにもまして心に染み入るものでした」(同・岩田氏)

●参加者がどよめいた“粋な演出”●
 法話の会場では、ドラマティックな演出の用意も。「法話の最中に仲田氏がばっと障子を開けられたのです。すると太閤秀吉が設計した庭園が眼前に現れました。ライトアップされた庭園はまるで絵画のよう。全国の大名たちが先を争って集めたといわれる奇岩に囲まれた大きな池が暗闇に静かに浮かび上がりました。そこに落ちる滝の音が私の心を遠い桃山時代へと誘ってくれるようでした。花もよし、法話もよし、イベントのクライマックスともいえる見事な演出でした」(同・岩田氏)。

 このイベントは、アメリカン・エキスプレスのカード会員であればだれでも申込みが可能。参加費は3,000円(税別)または、アメリカン・エキスプレスのポイントプログラムであるメンバーシップ・リワード(R)3,000ポイントを利用することもできます。
これから迎える行楽シーズン。いつもと違う体験を味わいたくなったら、そんな時こそプレミアカードの出番。カードを片手に特別な体験を楽しんでみてはいかがでしょう。2014.4.3Daigoji-151a

関連記事

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

カード比較

メルマガ登録・解除
岩田師範が本音で語る
クレジットカードの明日 

「達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場」

powered by まぐまぐ!