上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2016年4月15日 プラチナカード

プラチナカードをすぐ手に入れる
4つの“奥の手”

プラチナカードの基本サービスといえば、コンシェルジュサービス、プライオリティ・パス、最高1億円の旅行傷害保険、コース料理が1名分無料になるグルメサービスでしょう。プラチナカードに憧れる人は多いのですが、ほとんどが招待制。入手するにはクレジットヒストリーを磨いてカード会社からのインビテーションをひたすら待たなければなりません。
そんなプラチナカードも手に入れるための近道があります。

①「誰にでもチャンス」!プロパーカードの申込み制をねらう!

hope
まずは、最近増えてきた申込み制のプラチナカードに申し込むことです。

三井住友プラチナカード」「MUFGカード・アメリカン・エキスプレス®・カード」「SBIプラチナカード」といったプロパーカードなら、Webから申し込むことができます。氏名や連絡先のほか、住まいの形態、居住年数、ローンの有無、さらに勤務先の名称・規模・勤続年数、年収、無担保借入の残高。こういった項目が審査の対象となります。カード会社の審査を通過すれば入手することができます。
申込み制「プロパーカード」
三井住友プラチナカード

(年会費5万円+税)
Platinum_mitsuisumitomo_V_WP
Orico Card THE PLATINUM

(年会費2万円+税)
MUFGカード・アメリカン・エキスプレス®・カード
(年会費20,000円+税)
platinum amex_WP
SBIプラチナカード

(年会費20,000円+税)
SBICARD_PLA
関連記事
▶家族カードは無料!家族でカードライフが楽しめる→「三井住友プラチナカード」
▶プラチナカードの価格破壊!家族カードは3枚まで無料!→「最強のパフォーマンス
『Orico Card THE PLATINUM』

▶利用額に応じてポイントUPが加速する→「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」

JCBザ・クラスへの近道を通る

プロパーカードでもアメリカン・エキスプレスの「プラチナ・カード」、ダイナースクラブの「ダイナースクラブ プレミアムカード」、JCBの「JCBザ・クラス」は、下位のカードでクレジットヒストリーを積み上げ信用を築き、カード会社からのインビテーションを待つしかありません。

しかし、JCBだけはちょっとした近道があります。JCBゴールドからJCBザ・クラスまでの間にある「JCBゴールド ザ・プレミア」というカードを経由することで、JCBザ・クラスへのインビテーションが得られやすくなるのです。「JCBゴールド ザ・プレミア」はJCBゴールドの基本サービスに、プライオリティ・パスやJCBプレミアムステイプランが加わったもの。JCBザ・クラスに近い高品質のサービスが提供されています。「JCBゴールド ザ・プレミア」は招待制ですが、獲得条件は明確。オリジナルシリーズ対象のJCBゴールドの保有者で、MyJCBのメールアドレスに登録があり、2年連続で年間100万円以上の利用者が対象です。「JCBゴールド ザ・プレミア」の利用で、よりJCBザ・クラスに近づくことができます。
「JCBザ・クラスへの裏ルート」
JCBゴールド
(年会費10,000円+税)
JCBゴールド ザ・プレミア
(年会費15,000円+税)
9000063400 ザ プレミア個人 FCUG&B
関連記事
▶年間60万円の利用でクラスを入手?→「JCB THE CLASSへの道」
▶観光客でにぎわう京都駅に会員専用ラウンジが→「“京都”で会員専用ラウンジをオープン」
▶もう利用しました?Apple Payにもおすすめです→「押さえておきたい『お得なクレカ3選』!」

③「知られざる裏技」、航空系カードをねらう

プロパーカードにこだわらないなら、航空系のカードがねらい目です。航空系の場合、JALの最上級カード「JALカード – プラチナ」、ANAの最上級カード「ANAカードプレミアム」への申し込みができます。ただし、「ANA ダイナース プレミアムカード」だけは招待制なので申し込めません。

「JALカード – プラチナ」の国際ブランドは、アメリカン・エキスプレス®カード(アメックス)、JCB。「ANAカードプレミアム」は、VISA、JCB、ダイナース、アメックスから選べます。カードごとにサービス内容は異なりますが、いずれもプラチナ・コンシェルジュサービス、プライオリティ・パス、最高1億円の海外旅行傷害保険(一部利用付帯あり)が利用できます。

特に注目したいのが「ANA アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード」です。アメックス単独発行の「プラチナ・カード®」が招待制なのに対して、こちらは申し込み制なのでインビテーションはいらず、アメックスで履歴を積んでなくても申込みは可能。年会費は15万円(税別)と超高級ですが、アメックスのプラチナ・カードとほぼ同水準のサービスが堪能できます。ちなみに、「JALカード – プラチナ」もアメックスが選べますが、こちらは三菱UFJニコスとJALカードの提携カードなので、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードを基本としたサービスが用意されています。
「JALカード – プラチナ」
JAL アメリカン・エキスプレス®・カード プラチナ
(年会費33,480円)
platinum_jal_amex_WP
JAL・JCBカード プラチナ

(年会費31,000円+税)390-1 JALカードプラチナ(鶴丸)
「ANAカード プレミアム」
ANA VISAプラチナ プレミアムカード
(年会費80,000円+税)
16864365_P.eps
ANA JCB カードプレミアム

年会費(70,000円+税)
platinum_ANA_jcb_WP
ANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード
(年会費150,000円+税)
ana_prem_amex_WP
ANAダイナースプレミアムカード
(年会費155,000円+税)
関連記事
▶JAL8万マイルたまったので、うれしくなって書いてみました→「JALマイルデビュー!1年で8万マイル達成。」
▶カレーが絶品です!>>JALの「サクララウンジ」 出発前から旅気分!
▶ANAダイナースは招待制ですがマイルへの交換率が高いようです→「4券種そろったANAカードプレミアム」
▶4券種のスペックを比較してみました→「ブラックカード・最高級カードANAカード プレミアム」

④ビジネスカードをねらう

ビジネスカードのプラチナカードに申込むという方法もあります。たとえば、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」です。セゾンカードの場合、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード」は招待制ですが、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」は申込み制。個人事業主または経営者の方が申込むことができます。

ポイントの付与は1000円=1Pと、1000円=1.5P付与されるセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードに比べ少し低くめに設定されていますが、年間の利用額によって年会費の優遇、ビジネスに役立つサービスの付帯といったメリットがあります。さらに、コンシェルジュサービス、プライオリティ・パス、最高1億円の海外旅行傷害保険(国内旅行傷害保険は最高5千万円)が提供されています。

このほか、個人事業主、経営者であれば「JCBプラチナ法人カード」(年会費30,000円+税)への申込みも可能です。プラチナ・コンシェルジュデスク、プライオリティ・パス、最高1億円の海外・国内旅行傷害旅行保険、国内の厳選した有名レストランの所定のコースが1名分無料といったサービスが利用できます。
プラチナ・ビジネスカード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード
(年会費20,000円+税)
JCBプラチナ法人カード
(年会費30,000円+税)


9260004400 プラチナ法人 FCUG&B
申込み制であっても、カード会社独自の厳正な審査を通過しなければ手に入れることはできません。しかし、すでに審査基準を満たしている人にとっては、下位のカードで一定の期間クレジットヒストリーを磨くことなくプラチナカードを入手することができる近道といえるでしょう。

あわせて読みたい

▶年間60万円でクラスが入手できた納得の理由>>読者アンケート「招待制クレカ」(1)
▶カード会社に直談判?>>読者アンケート「招待制クレカ」(3)

関連記事

4券種そろったANAカードプレミアム

5種類ある「ANAゴールドカード」でマイルざくざく

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる
メルマガ登録・解除
岩田師範が本音で語る
クレジットカードの明日 

「達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場」

powered by まぐまぐ!
 

カード比較