上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2013年10月11日 海外渡航者/安心・安全

ホテルステイが楽しくなる至高の一枚

世界を駆け巡るトラベラーのカードといえば、“マイル”がたまるエアライン系のカードが定番でした。しかし、トラベラーにとって旅先でゆったりと過ごせるホテルも重要な存在。そんな充実のホテルステイが実現できる、とっておきのカードをご紹介いたします。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
SPG_WP
2013年9月に発行された人気のカード。ホテル業界大手のスターウッド・グループとアメリカン・エキスプレス(アメックス)が提携して誕生しました。スターウッド・グループは、シェラトンやウェスティンなど世界100カ国で1100以上のホテルを展開するホテルチェーン。その強みを生かして、優雅なホテルステイが体感できる数々の特典が用意されています。

その一つが、入会と同時に与えられるスターウッド プリファード ゲスト(SPG)の「ゴールド資格」です。これは本来、年間10回以上、または25泊以上滞在した人だけに与えられるエリート資格で、部屋のアップグレード、ウェルカムドリンク、レイトチェックアウトなど、ワンランク上のサービスが受けられます。

このカードは日常のショッピングで100円ごとに1スターポイントが付与されますが、ゴールド会員が系列ホテルでカードを利用すると、ポイントが倍増。通常の100円=1スターポイントに加え、1米ドル=3スターポイントが加算され、高ポイントを獲得することができます。たまったスターポイントは無料宿泊特典や300以上の航空会社の航空券と交換することが可能です。

さらにカードを毎年継続利用すると、世界中で利用可能な無料宿泊特典(一泊一室、2名様まで)がもらえます。除外日が設定されていない無料宿泊特典なので、年間を通していつでも利用が可能です。

カード名 スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カード
年会費 本会員31,000円+税/家族カード15,500円+税
利用可能なホテル(税込) 「シェラトン」「ウェスティン」「セントレジス」など、9つのホテルブランド
優雅なホテルステイが実現できる、コストパフォーマンスに優れたカードです。スターウッド・グループが展開する、歴史的なホテル、トロピカルなバンガローから都会派のホテルまで自分のスタイルや好みに合わせて、宿泊先を選ぶことができます。次のバカンスが待ち遠しくなる一枚です。
●関連記事「海外をかけ回るエグゼクティブのためのカードの条件は」

■ヒルトンHオナーズVISAプラチナカード
16789664_P(4).eps
ヒルトン・ワールドワイドと三井住友カードが提携して発行されたカード。「ヒルトンHオナーズVISAカード」の最上位ランクカードとして、2012年10月に誕生しました。

「コンシェルジュサービス」などプラチナならではのサービスを提供しつつも、ホテル利用に役立つ数々のサービスが特徴的。主なホテル特典として、ヒルトンHオナーズの「ゴールドステータス会員資格」の獲得と、「ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン」(通常年会費2,5000円)への無料登録があげられます。

ヒルトンHオナーズのゴールド会員になると、エグゼクティブラウンジの利用、客室のアップグレード、ホテル内にあるフィットネスクラブの無料利用などの特典が与えられます。また、もう一つの特典である「ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン」へ登録すると、参加ホテルの宿泊料金が20%オフ、直営レストラン・バーの利用が最大20%オフ。また入会時、更新時に10,000円の割引券がプレゼントされます。
※「ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン」のサービスは日本国内のヒルトン・ワールドワイドのホテルが対象

このカードを通常利用すると、1,000円ごとにヒルトンHオナーズポイントが10ポイント与えられますが、参加ホテル内で利用すると、最大2000 ポイント(※)が付与されるチャンスもあります。また、ゴールド会員が宿泊時にカードを利用すると、通常のベースポイントに加え25%のボーナスポイントが加算され、お得が倍増。また、希望に応じて、獲得ポイントの一部を7つの航空会社のマイルに移行することも可能です。たまったポイントは、世界各国3,700軒を超えるヒルトン・ワールドワイドのホテルでの無料宿泊券、そのほか体験特典などに交換ができます。
※利用期間の制限あり
カード名 ヒルトンHオナーズVISAプラチナカード
年会費 本会員 66,500円/家族会員 無料
利用可能なホテル(税込) 「ヒルトン」「コンラッド・ホテルズ&リゾート」「ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ」ほか、ヒルトン・ワールドワイドのホテルブランド。
エグゼクティブラウンジの利用や無料のフィットネス、とゆったりとしたホテルでのひとときが約束されるカード。コンシェルジュサービスなど、プラチナならではの特典と合わせると、旅先でも、日常でも頼りになる一枚と言えるでしょう。また、家族カードが無料なので、家族でサービスを共有できる楽しさも見逃せないところです。

ダイナースクラブカード
16860691.eps
ダイナースクラブとして独自の特典を提供しながらも、ホテル利用時の利便性とお得を兼ね備えたカードです。カードでためたポイントを「スターウッド・ホテル&リゾート」「ヒルトン・ホテルズ・ワールドワイド」「マリオット・インターナショナル」の3つの大きなホテルチェーンのホテルポイントに移行することが可能。ポイントを旅先で実用的に活用することができます。
またお得という点では、Hotels.com から申し込むと室料が10%オフ。さらに、客室のグレードアップなど、ホテルステイがより豪華になる特典も用意されています。

ホテルポイント以外にも、マイレージサービスへの移行も可能。現在(2013年8月1日)、ANA、アメリカン航空、デルタ航空など大手航空会社のマイルに移行できる点もトラベラーにとって魅力的と言えるでしょう。※年間参加料6300円(税込)
カード名 ダイナースクラブカード
年会費 22,000円+税
利用可能なホテル(税込) 「スターウッド・ホテル&リゾート」「ヒルトン・ホテルズ・ワールドワイド」「マリオット・インターナショナル」へのポイント移行が可能
年会費22,000円(税別)とリーズナブルながら、トラベラー、ビジネスパーソンが必要とする特典が盛りだくさん。ホテルかエアラインか…、それぞれの状況に応じて使い分けることができる万能なカードです。

※記事内容は制作された時点での情報です。その後サービス等が変更されている場合がありますので、最新の情報につきましては公式サイト等でお確かめください。

関連記事

知っておきたいコンシェルジュの基本(1) ~コンシェルジュサービスとは?~
知っておきたいコンシェルジュの基本(2) ~コンシェルジュサービスの利用方法~
海外旅行傷害保険は、カード付帯で十分か!?
空港ラウンジサービスを利用できる“コスパに優れたカード”とは!
海外をかけ回るエグゼクティブのためのカードの条件は

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる
メルマガ登録・解除
岩田師範が本音で語る
クレジットカードの明日 

「達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場」

powered by まぐまぐ!
 

カード比較