上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2013年8月13日 O2O/スマホ

決済はコミュニケーションだ!/岩田昭男

 スマートフォンやタブレット端末でクレジット決済できるサービスが広がっている。いくつか種類があるが、なかでも「Square(スクエア)」がひっぱりだこだ。日本には2013年5月に上陸したばかりだが、すでに昨年、三井住友カードから1,000万ドル(約10億円)の出資を受けている。2009年に創業のSquareは、米国での経験もまだ4年ほどしかない。そんなベンチャー企業に出資したと聞いて「大丈夫なのかな」とも感じた。

 しかし、米国での評価は全然ちがう。創業者のジャック・ドーシーはツイッターの共同創業者で、まさにカリスマ経営者だ。その人が手がける決済ビジネスだから、「未来を先取りした素晴らしいものに違いない」と皆が期待し、出資を希望する。実際、競争が激しすぎて、出資をしたくても思うようにはいかないのだ。では、Squareのどこが画期的なのか。どこが他と違っているのか。その理由を私なりに考えてみた。
 
 第一は、楽天スマートペイなどと違って、Squareはカードリーダを配って終わりではないことだ。対象とする事業主には、専用アプリ(POSアプリ)をダウンロードさせ、そこに蓄えられたデータを元に事業展開に役立つコンサルを行っている。Squareの狙いは、会員を増やすだけでなく、その人たちと業務コンサルタントとして長く付き合い、互いに成長していくこと。ここが人気を集める理由だ。POSアプリを使うと、クレジットカードだけでなく、現金も含めて毎日の売上高を記録することができるので、売上げ状況を完全に把握できる。
 こうした機能は通常、別途ソフトウエアを購入して対応しなければならない。Squareの場合は、3.25%の手数料の中にその料金も含まれているので、全体からみると割安になる。

 また、Square独自の「顔認証パス」も見逃せない。米国のスターバックスでは一部でスタートしているが、あらかじめ「Square Wallet」に自分の顔を登録して、買いたい商品を選んでおけば、店に行くだけでその商品を店員がもってきてくれる。しかも、ニコニコと挨拶をしながら。これなどは「決済はコミュニケーションである」というドーシーの主張を実現したサービスそのものだ。
 彼の作ったツイッターは、それまでの主流であるメールと異なる性格を持ったコミュニケーションツールだった。メールの特徴が“建前のコミュニケーション”であり、“文書の正確性”にあったのに対し、ツイッターは“本音の羅列”で、取り止めのない日常を記せる。両者は「表」と「裏」の関係だ。それと同じ関係をドーシーは、決済にも持ち込もうとしているのだ。
 これまでのクレジット決済は、どちらかというと高額利用が中心だった。これに対してSquareは、これまで加盟店になれなかったスモールビジネスを対象に、手軽に売り買いできるということを目指している。決済のツイッター化と言ってもよいだろう。そして、この分野は従来のカード会社が最も不得手とするところであった。三井住友カードは、カード決済が浸透していない約190万の中小企業の攻略をSquareの手を借りて成し遂げようとしている。また、クレジット業界の盟主Visaも同じ考えでSquareを強力に後押ししている。
 それを受けてドーシーは、ツイッターの手法で決済業界の質的転換を図ろうとしているのである。重要なことは、この分野に追い風が吹いていることだ。最小の単位のコミュニケーションのツイッターが社会のメインになりうることをドーシーは完全に実感している。だから、Squareも伸びるという自信をもっている。これは強い。

岩田昭男


『CardWave』 2013年7・8月号 掲載記事

関連記事

サンフランシスコ探訪(1)/岩田昭男~米国CMにみるカード事情~
サンフランシスコ探訪(2)/岩田昭男 ~スマホ決済の“イノベーターたち”~
サンフランシスコ探訪(3)/岩田昭男~日本発、新サービスの切り口を考える~
サンフランシスコ探訪(番外編)/岩田昭男~スマホ決済のSquare。“次なる一手”

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる
メルマガ登録・解除
岩田師範が本音で語る
クレジットカードの明日 

「達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場」

powered by まぐまぐ!
 

カード比較