上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2019年1月25日 O2O/スマホ

今日からはじめるQRコード決済(2)_ローソンスマホペイ

ローソンスマホペイとは、ローソンアプリを利用してレジに並ぶことなくローソンの商品を決済できるサービスです。自前のスマートフォンを使って商品に付いているバーコードを読み取って決済します。

現在は実証実験の最中なので利用店舗は限定されていますが、都内近郊11店舗(※)で使えます。ただし、これらの店舗は無人店舗ではないので、もし操作が分からなかったら店頭スタッフに尋ねることもできます。また、通常通りレジで会計を行うことも可能です。
※ローソン JEBL秋葉原スクエア店/ローソン 丸の内パークビル店/ナチュラルローソン 慶應義塾大学病院1号館店/ローソン H八丁堀一丁目/ローソン 晴海トリトンスクエア店/ローソン H芝浦シーバンス・ア・モール/ローソン H溜池山王/ローソン H品川インターシティ/ローソン フジテレビ店/ローソン TOC大崎店/ローソン ゲートシティ大崎店/ローソン オリエンタルホテル東京ベイ店 2019年1月25日現在
 

ローソンスマホペイの利用手順

■利用前の準備
①「ローソンアプリ」のダウンロード&登録
②支払い方法の設定

①「ローソンアプリ」のダウンロード&登録

「ローソンスマホペイ」はローソンアプリ内に設定されているので、ローソンアプリをダウンロードします。

▶ダウンロードはこちらから


②支払い方法の設定

買い物代金の支払いは「Apple Pay」「楽天ペイアプリ」「LINE Pay」「クレジットカード」を使って行います。クレジットカードの場合は、ローソンアプリの下にある「設定」をタップすると「クレジットカード設定」が表示されるのでクレジットカード情報などを入力し設定します。

「Apple Pay」「楽天ペイ」「LINE Pay」の場合は、すでに登録している人は実際に精算するときに選択しタップすればいいだけです。登録がまだという人は、事前にダウンロードをし手続きを行っておきましょう。支払い方法によって利用額に上限があるので注意が必要です。

・Apple Pay…「Wallet」アプリにクレジットカードを登録(ダウンロード不要)
・楽天ペイ…アプリのダウンロードおよび楽天会員の登録(1回4000円まで)
・LINE Pay…アプリのダウンロードおよび会員登録(1回3万円まで)
・クレジットカード…クレジットカードの登録(1万円以上の決済は不可)


■入店~決済~退店
①ローソンアプリを起動し入店
②購入する商品のバーコードをアプリで読み取る
③アプリ上で決済
③決済後に表示されるバーコードを専用リーダーにかざして退店

①ローソンアプリを起動し入店

入店前に利用端末のBluetooth、位置情報がオンになっていることを確認します。
iOS 設定>Bluetooth
Android 設定>機器接続>Bluetooth
※Androidは機種によって異なります

店舗(入口付近)から10m以内に入ると利用店舗名が表示されるので、それを確認し入店します。もしタイムアウトしたら再度「店舗を検索する」をタップして検索します。自動検出ができない場合はQRコードを読み取って入店することができます。


②購入する商品のバーコードをアプリで読み取る

購入したい商品を手にとってローソンスマホペイにあるカメラでバーコードを読み取ります。すると、自動的に商品名と代金が表示されます。

③アプリ上で決済

購入代金をアプリを使って支払います。Apple Pay、楽天ペイ、LINE Payを利用している人はこれらも選択できます。


今回はLINE Payで支払うことにしたのでLINE Payをタップします。支払い内容を確認してタップします。LINE Payの支払いでLINEポイントが後日2P付与されます。


④決済後に表示されるバーコードを専用リーダーにかざして退店

付与されるポイントは?

ローソンスマホペイを利用すると決済ポイントがたまります。クレジットカード払いであればクレカポイントが、アプリならアプリ決済でのポイント(楽天ペイなら楽天スーパーポイント、LINE PayならLINEポイント)です。このほか、ローソンで景品に交換できる「たまるよスタンプ」が付与されます。また、期間限定ではありますが、2019年2月28日までは、アプリにポイントカード(Pontaカード、dポイントカード)を紐づけておけば100円(税抜)買上げごとに5Pが付与されます。

ですが、基本的にローソンスマホペイでは買上ポイントやボーナスポイント等は付与されません。

最後に

コンビニに入ったけどレジが混雑していたのでそのまま退店したといった経験はないでしょうか?そういった時に、自分で操作できるローソンスマホペイがあると便利だと感じました。

バーコードが読み取りにくいといった声を聞いていたのですが、現時点では改良されたようで全く問題なく読み取ってくれました。

難点をあげると商品のバーコードの位置が分かりづらかったこと。普段バーコードを意識することがなかったので、少し戸惑ってしまいました。商品点数が多くなると面倒に感じてしまいそうです。もう一つは、退店の際にかざすべき専用リーダーの場所が分からなかったことです。結局店員さんに伺いました。

ですが、商品をそのまま持ち帰れる体験はとても新鮮です。近くにローソンスマホペイが体験できる店舗があれば、一度試してみてはいかがでしょう?
※制作当時の内容に基づき掲載していますが、すべてを確約するものではありません。正確な情報はカード会社の公式サイトにてご確認ください

あわせて読みたい

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる

カード比較