上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2017年3月24日 ポイント・マイル

日本マクドナルドと三井住友カード、クレカ・電子マネーなど複数の決済サービスを開始

日本マクドナルドはこのたび、三井住友カードと提携し、2017年下半期より順次、全国のマクドナルド店舗(約2,900店舗)において、クレジットカードによる決済サービスを開始するとともに、電子マネー決済サービスの取り扱いを拡大していくと発表した。


導入する「キャッシュレス・オール・イン・ワンデバイス」の利用イメージ



新たに取り扱い開始を予定するのは、「Visa」「Mastercard」などのクレジットカード、電子マネー「nanaco」、「Suica」などの交通系電子マネー、および「Visa payWave」「Mastercard コンタクトレス」などのNFCによる決済サービス。キャッシュレス・オール・イン・ワンデバイスとは、各種電子マネー、クレジットカード(磁気・IC)などを、一つの機械(デバイス)で対応できる、オール・イン・ワン型の端末のこと。

これまでも、電子マネー「iD」「WAON」「楽天Edy」の決済サービスを利用することができたが、このたびより良い「店舗体験」を提供するため、更なる利便性の向上を目的として、新たに決済サービスを導入した。

まず、2017年下半期を目標に利用できる電子マネーを拡大、その後、国内だけでなく海外からの顧客にとっても便利なクレジットカードやNFCによる決済サービスを順次開始する予定だという。また、ICクレジットカードに対応したマルチ決済端末を導入する予定としている。

利用できる決済サービス



今後、顧客の決済ニーズが多様化する中、マクドナルドのキャッシュレス化をサポートするパートナーとして、三井住友カードと提携することで、安全で利便性の高い決済環境を整備する。


関連記事

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる
メルマガ登録・解除
岩田師範が本音で語る
クレジットカードの明日 

「達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場」

powered by まぐまぐ!
 

カード比較