上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2018年10月12日 プラチナカード

「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」が新たなカード券面とともに、サービスや特典もリニューアル

更新日:2019年11月5日
(公開日:2018年10月12日)

アメリカン・エキスプレスの「プラチナ・カード®」がデザイン、サービスともに大幅に刷新されました。


申し込み

日本で1993年にローンチしたこのカード。“持つだけでステータスのカード”から、“アクティブに活動する人に信頼され利用されるカード”へと大きく舵を切ることに。新しいサービスとともに、カードの申し込み方法についても必見です!


アメリカン・エキスプレス・インターナショナル
日本社長 清原氏


プラスチック製のカードからメタルのカードに

2018年10月15日より、カードのデザインが従来のプラスチックからメタル製に変わります。従来、表面にあったカード番号や会員取得年の刻印がなくなり、手で触れるとなめらかで上品な質感が感じられます。

新しいカードは世界中で通用する国際規格に準じたコンタクトレス決済に対応しています。Wi-Fiマークを横にしたようなリップルマークのあるカードで利用できます。コンタクトレスに対応するアメリカン・エキスプレスの加盟店では、リーダーにタッチするだけでスピーディに買い物が可能。ロンドンの地下鉄をタッチで通過できるなど、利便性にも優れています。

家族カードは4枚まで年会費無料

本会員の年会費は13万円+消費税。ですが、家族カードは4枚まで年会費無料で利用できます。子どもが小さいうちは両親に家族カードを利用してもらい、成長とともに子どもに持たせるといった使い方もできそうです。家族カードはプラチナ色のほかにも、グリーン、ゴールド色が用意されているので持つ人に合わせて利用カードが選べます。

センチュリオン・ラウンジも利用できる

プラチナ・カードをお持ちの方は、『アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション』として、世界1200ヵ所以上にある7つのラウンジプログラムが利用できます。

【7つのラウンジ・プログラム】
・センチュリオン・ラウンジ
・インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ
・プライオリティ・パス
・デルタ・スカイクラブ
・エスケープ・ラウンジUS
・エアスペース
・プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ

中でも注目は、アメリカン・エキスプレスが独自に運営に携わっている「センチュリオン・ラウンジ」が利用できること。センチュリオン・ラウンジは、アメリカを中心に世界9ヵ所に設置されています。地元有名シェフによるこだわりの料理やドリンク、リラクゼーションスペースやキッズスペースなどワングレード上のサービスが味わえます。


<センチュリオン・ラウンジ 設置場所>
ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港 アメリカ・ヒューストン
シアトル・タコマ国際空港 アメリカ・シアトル
サンフランシスコ国際空港 アメリカ・サンフランシスコ
マッカラン国際空港 アメリカ・ラスベガス
ダラス・フォートワース国際空港 アメリカ・ダラス
マイアミ国際空港 アメリカ・マイアミ
ラガーディア国際空港 アメリカ・ニューヨーク
フィラデルフィア国際空港 アメリカ・フィラデルフィア
香港国際空港 中国・香港

フリー・ステイ・ギフト

フリー・ステイ・ギフトはプラチナ・カード会員に人気の高いサービスの一つ。プラチナ・カードを連続して1年間以上保有すると更新時に、国内のホテルで利用できる1泊2名の無料宿泊券がプレゼントされます。すこし足を延ばして週末を過ごしてみるのも良さそうです。

※イメージ画像



<対象ホテル 一例>
ホテルオークラ東京ベイ
ヒルトン成田
ヒルトン福岡シーホーク
グランドプリンスホテル京都
ザ・プリンス 軽井沢
仙台ロイヤルパークホテル

ファイン・ホテル・アンド・リゾート

世界中のホテルから厳選された1000ヶ所以上のラグジュアリーホテルやリゾート施設でカード会員ならではの優待が受けられます。ホテルでゆっくりくつろげるほか、朝食は2名まで無料。また、ホテルごとに独自の特典が用意されています。

・12:00よりチェックイン
・部屋のアップグレード
・滞在中、2名分の朝食サービス
・客室内のWi-Fi無料
・チェックアウト時間を16時まで延長(16:00まで)
・ホテルのオリジナル特典※アーリーチェックイン、部屋のアップグレードは空室状況による

※イメージ画像


入会初年度に3万円分の旅行クーポンがもらえる

入会初年度にはカード会員向けの旅行サイト「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」で使える3万円分のクーポンがプレゼントされます。「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」で10万円以上ご購入の際に利用可能です。

>>アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン

【プラチナ・カード限定特典】「メンバーシップ・リワード・プラス」が無料

メンバーシップ・リワード・プラスは、ポイントの有効期限がなくなったり、対象店(サービス)での利用でポイントが通常の数倍付与されたりするポイントアップグレードプログラムです。通常なら登録料として年間3,300円(税込)かかるところ、プラチナ・カード会員は無料で登録できます。特にオンラインで旅行のチケットを購入したり、買い物をしたりする人には欠かせないサービスと言えます。

「メンバーシップ・リワード・プラス」の特典内容 一例
メンバーシップ・リワード・プラス
なし あり
ポイント有効期限 原則3年間 無期限
ポイント付与
・Yahoo! JAPAN
・iTunes Store/App Store
・JAL公式ウェブサイト
・H.I.S.の公式ウェブサイト
・アメリカン・エキスプレス・
トラベルオンライン
・アマゾン
※一部利用できないサービスあり
100円=1P 100円=3P
ANAのマイルへの移行 2000P→1000マイル 1000P→1000マイル
支払いへのポイント利用
(最少3000ポイントから)
 1P→0.3円  1P→1円
 

【入会方法】プラチナ・カード会員からの紹介もOK

さて最後に、今回の目玉としてカードの入手ルートが増えたことも紹介したいと思います。いままで「プラチナ・カード」は、基本的に「アメリカン ・エキスプレス®・ゴールド・カード」の利用者の中から、特定の人のみが招待される招待制のカードでした。しかし、今回新たに4つの申し込み方法が加わりました。


一つ目は「既存会員からの紹介」です。プラチナ・カード会員は、会員用のオンライン・サービスを使って、身内や知人を紹介できるようになりました。紹介をお願いする側も、オンライン紹介なら気兼ねなく頼めそうです。

二つ目は「パートナー経由」です。これは、みずほ銀行の紹介でプラチナ・カードに申込めるルート。2018年4月に始まったサービスです。プラチナ・カードのデザインはほぼ同じですが、みずほ銀行のロゴが入ります。

三つ目は「対面営業」です。空港に設置されているアメリカン・エキスプレスのブースで申し込みができます。プラチナ・カードの特典やサービスについても、気軽にスタッフに尋ねることができるメリットもあります。

四つ目は「専門の問い合わせ窓口」の利用です。電話による問い合わせです。知り合いもいない、空港にもあまり行かない、という人に便利な方法です。

多くの人に申し込みのチャンスが与えられるようになりました。ただし、どのチャネルにおいても、アメリカン・エキスプレスが定める基準を満たしている方のみ申し込みを受け付けているとのこと。こちらは肝に銘じておきましょう。

ですが、今までは、所定の審査基準を満たしていると考えられる人でも、アメリカン・エキスプレスのカードを保有していないとインビテーションは受け取れず、「プラチナ・カード」の申し込みすらできませんでした。そういった人に門戸が開かれる画期的な試みであることに違いはありません。

まとめ

今回のリニューアルに先んじて、2018年10月2日にアンダーズ東京でメディア説明会が行われました。そこで感じたのは、サービスの質に対する自信でした。プレゼンテーションの途中で何度も口にされていたのが「見かけではない」という言葉。たとえばホテル特典でレイトチェックアウトや部屋のアップグレードを、自社は高い確率で実現していると強調されていました。そういったサービスの質の高さも、このカードならではの魅力といえそうです。

申し込み

あわせて読みたい

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる

カード比較