上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

一般カード ファミマTカード(Visaデビット付キャッシュカード)

Visaデビットとキャッシュカードが付いたファミマTカード。通称ファミデビと呼ばれジャパンネット銀行が発行しています。メリットは、ファミリーマートの利用でお得にポイントがたまること。カードの利用代金はその場で引き落とされるため、使いすぎの心配はありません。もちろん、Visaデビットとして国内外にあるVisa加盟店での買い物にも利用できます。

ここがポイント

1 高校生(満15歳以上)でも使える
2 火曜日、土曜日はファミリーマートでポイント5倍!
3 汎用性の高い「Tポイント」がたまる

申し込み

【ポイント1】使い過ぎの心配なし。高校生でも使える

ファミマTカード/Visaデビット付キャッシュカード(以下、ファミデビ)は、クレジットカードが持てない高校生(満15歳以上)でも利用でき、Amazon、Yahoo!ショッピングといったネットショッピングやモバゲーといったデジタルコンテツの支払いができます。ただし、口座残高以上は利用できないため、使い過ぎの心配はなく安心です。

ちなみに、発行元であるジャパンネット銀行の調べによると、当銀行発行のデビットカードは1000円以下の少額決済に使われるケースが最も多く、ネットショップやコンビニ、デジタルコンテンツの支払いに利用されているそうです。

<利用先ランキング>
ランク 店舗名 業種 ランク 店舗名 業種
1位 Amazon.co.jp ネット
ショップ
6位 セブンイレブン コンビニ
2位 ファミリーマート コンビニ 7位 ローソン コンビニ
3位 iTunes store デジタル
コンテンツ
8位 メルカリ ネット
ショップ
4位 Yahoo!ウォレット ネット
ショップ
9位 Yahoo!ショッピング ネット
ショップ
5位 Google デジタル
コンテンツ
10位 楽天市場 ネット
ショップ
引用:2018年4月「JNB Visaデビットを利用した取引」/ジャパンネット銀行

【ポイント2】火曜日、土曜日はファミリーマートでポイント5倍

通常、ファミリーマートでカードの提示&現金払いは200円=1PのTポイントが付与されますが、カード払いにすると200円=2Pになります。さらに、毎週火曜日と土曜日の「カードの日」にカード払いすると200円=5Pになります。また水曜日の「レディースデー」に女性会員がカード払いすると200円=3Pがたまります。これ以外にも利用に応じてポイントレートがアップする特典があります。このようにファミリーマートで利用するとどんどんポイントがたまります。


■毎週火曜日、土曜日「カードの日」はポイント5倍
毎週火曜日と土曜日にクレジットカード、デビットカードで支払うとポイントが5倍になります。

<200円ごとのポイント数>
ショッピング
ポイント
決済
ポイント
合計
カード決済 3P 2P 5P
カード提示&現金決済 3P 0P 3P
 

■「レディースデー」でショッピングポイントが2倍
女性対象の特典。毎週水曜日にファミリーマートでファミマTカードを提示すると、ショッピングポイントが2倍になります。

<200円ごとのポイント数>
ショッピング
ポイント
決済
ポイント
合計
レディースデーに
デビットカード決済
2P 1P 3P
レディースデー以外に
デビットカード決済
1P 1P 2P
※ショッピングポイントとは、カードの提示でもらえるポイント。決済ポイントとは、カード決済でもらえるポイント。

■「ファミランク」でポイント率がアップ
ファミリーマートでの1ヶ月間の買い物金額に応じて、翌月のポイントレートがUPします。
ランク 当月買い物金額合計 翌月ポイントレート(税込)
ブロンズ ~4,999円 200円=1P
シルバー 5,000円~14,999円 200円=2P
ゴールド 15,000円~ 200円=3P

【ポイント3】汎用性の高い「Tポイント」がたまる

カード利用でたまるのは、汎用性の高いTポイント。使いやすさが魅力です。すでに別のカードでTポイントをためている場合でも、ポイントは集約でき管理は簡単。Tポイントは1P=1円として提携先で利用できるほか、ANAのマイルや他社のクレカポイントへ交換できます。

<Tポイント提携先 例>
●ファミリーマート
●サークルK・サンクス
●ウエルシア
●吉野家
●牛角
●ドトールコーヒーショップ
●ENEOS
●TSUTAYA ほか

ファミデビ基本情報

ファミデビは、ジャパンネット銀行の「キャッシュカード」、Visa加盟店で利用できる「デビットカード」、またファミマ「Tカード」、と3つの機能を持ったカードです。Visa加盟店での決済では500円=1Pが、ファミリーマートでの決済では200円=2P(ショッピングポイントを含む)が、Tカードの加盟店では提示で100円~200円=1PのTポイントがたまります。

ただし、カードの利用代金はジャパンネット銀行から即座に引き落とされるため、当銀行の口座開設が必要です。

<キャッシュカード入会の方法>
①Visaデビット付キャッシュカードを選ぶ

ジャパンネット銀行は2種類のVisaデビット付キャッシュカードが用意されています。ファミリーマートでの特典を利用したいならファミマTカードをクリックします。


②本人情報の入力

次は本人情報を入力します。氏名、性別、生年月日、住所などの入力など指示通りに入力します。込み入った質問はなく、だいたい2~3分程度で完了します。


③勤務先の情報を入力

本人情報に加え、どんな職業に就いているのか、勤務先の名称や連絡先に関する情報を入力します。


④本人確認資料の送付方法を選択

本人情報、勤務先情報の入力を終えると、最後は本人確認資料の送り方を選択します。利用可能な方法はスマートフォンアプリ、または郵送です。スマホの操作に慣れている人は、スマートフォンアプリがスピーディでおすすめです。

⑤受付番号の発行

一連の手続きが完了すると受付番号が発行されるのでメモを取ります。アプリを使って書類を送信する際に必要になります。


⑥アプリを使って本人確認資料を送信

送信に利用する専用アプリをダウンロードします。容量は小さいのであっという間に完了します。先ほどメモした受付番号と申込者の氏名、生年月日を入力して送信。次に本人確認資料をカメラで撮影して再度送信すれば完了です。




⑥送信を終え手続き完了!

これですべての申し込み手続きが完了です。完了するまでの所要時間はだいたい10分程度です。あらかじめ運転免許証または健康保険証(撮影のためカード型)を用意しておくと、作業が中断せずに済みます。


まとめ

ファミマTカードには、ポイントカード、クレジットカード、デビットカード(ファミデビ)の3つのタイプが用意されています。

「ポイントカード」タイプは、ショッピングポイントはもらえますが、決済ポイントはもらえません。また「クレジットカード」タイプは決済ポイントはもらえますが、デフォルトはリボ払い(手続きを行えば一括返済可能)。さらに、申し込み対象年齢は18歳以上で高校生は申し込めません。その点、デビットカードタイプ、いわゆるファミデビは、15歳以上で申し込みが可能です。しかも、利用に応じて決済ポイントがもらえるのでおすすめです。

ファミデビで気をつけたい点をあげるとすれば、ジャパンネット銀行に口座残高がなければ使えないこと。また、ジャパンネット銀行は自前のATMを持っていないため、三井住友銀行やセブン銀行といった提携ATMを利用するなどして入金する必要があります。ただし、ATMの手数料が無料になるのは入金・出金それぞれ月1回まで(※)。まとめて利用するよう心がけておきましょう。

※3万円以上の取引は手数料無料。利用先などくわしくはこちら

申し込み

カードスペック

カード名 ファミマTカード(Visaデビット付キャッシュカード)
国際ブランド Visa
年会費 0円
ポイント有効期間 最終利用日(ためる、使う、交換する)から1年間
ポイント還元率(%) 0.2%
ポイント付与率
(一般店)
500円=1P
ポイント付与率
(特約店)
ファミリーマートで200円=2P以上
(カード提示ポイント1P含む)
ポイントの種類 Tポイント

※掲載内容等につきましては万全を期しておりますが、すべてを確約するものではありません。正確な情報はカード会社の公式サイトにてご確認ください
※ポイント還元率:カードで利用した金額に対して付与されるポイントを現金に換算して独自に算出

アップルペイのすべてがわかる
メルマガ登録・解除
岩田師範が本音で語る
クレジットカードの明日 

「達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場」

powered by まぐまぐ!
 

カード比較