上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2013年5月15日 ポイント・マイル

海外をかけ回るエグゼクティブのためのカードの条件は

国内外を飛び回るビジネスパーソンなら、空港での待ち時間や主張先での移動をスムーズにこなしたいものです。そんなエグゼクティブたちの強い味方となってくれるカードを探ってみました。

■国内外を飛び回るビジネスパーソンに最強の2枚!
飛行機利用者にとって利便性の高いカードは多く発行されていますが、とりわけ、エグゼクティブに強いカードと言えば、「アメリカン・エキスプレス®・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」と「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」があげられるでしょう。
これらのカードは、空港ラウンジを無料で利用できるだけでなく、旅先でのサポート体制、旅行傷害や航空便遅延保険の付帯、と滞在先でのトラブルをサポートしてくれるさまざまなサービスが用意されています。とはいえそれぞれに特色があり、ポイント(マイル)の有効活用を最優先に考えるなら「アメリカン・エキスプレス®・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」、サービス・特典を重視するなら「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」と言えるでしょう。

■ポイントのたまりやすさ、利便性で選ぶなら~「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」

ポイントを有効的に活用できる

ポイントを有効的に活用できる



一般的に航空会社系のカードでは、ためたマイルは自社または、その航空会社が所属している「スターアライアンス」、「スカイチーム」、「ワンワールド」というアライアンス内でしか利用できません。しかし「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」の場合、アライアンスの枠を超えて独自に提携している15もの航空会社(※)のマイルに移行することが可能です。たとえば、ためたポイントを利用してハワイに行く場合、提携先であるANA(スターアライアンス)、チャイナエアライン(スカイチーム)、デルタ航空(スカイチーム)の3社の中から好きな便を選ぶことができるのです。

またポイントのたまりやすさも特長の一つ。たとえば、入会年度に「東京―ニューヨーク」(300,000円)の往復チケットを対象航空会社から直接カードで購入すると、ボーナスポイントを含め、一挙に30,000ポイントためることができます。仮にそのポイントをデルタ航空のスカイマイルに移行すれば、ホノルル片道チケット(20,000マイル~)が獲得できます。

30,000ポイントの内訳●
・入会ボーナスポイント→5,000ポイント
・ファーストフライト・ボーナスポイント→10,000ポイント
・デルタ航空チケット購入ポイント→300,000円÷100=3,000ポイント 3,000×5倍=15,000ポイント

年会費は35,000円+税です。ポイント(マイル)の利用価値が高いこと、空港ラウンジを同伴者も無料で利用できること等、コストパフォーマンスに優れたカードと言えるでしょう。
※提携航空会社/※ANA 、チャイナエアライン、デルタ航空、ヴァージン アトランティック航空、タイ国際航空、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、ブリティッシュ・エアウェイズ 、スカンジナビア航空、アリタリア-イタリア航空、フィンランド航空、 エティハド航空、エミレーツ航空、カタール航空、エールフランス

■至高のサービスを得たいANAマイラ―には~「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」

上質のサービスが提供される

上質のサービスが提供される



マイルもためたいけど、サービスの質にもこだわりたい人向けのカードが「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」です。年会費は80,000円+税ですが、24時間利用可能なコンシェルジュサービスが利用できるほか、一流レストランを2名以上で利用した場合、会員1名分が無料になるクーポンがもらえるなど、プラチナならではの上質なサービスとお得が提供されます。また、旅行傷害保険の適用については利用付帯でなく、自動付帯で最高1億円(国内旅行は5000万円)と優れています。

さらに、ANAおよびANAグループ便を利用するとフライトマイルが通常の150%、さらにANAのチケットをカードで購入するとマイルが通常の2倍と、マイルもたまりやすくなっています。ただしマイルの有効期限は36カ月ですので、失効しないよう計画的に利用することが大切です。
ちなみに、入会年度に「東京―福岡」(30,570円×2=61,140円)をANA VISAプラチナ プレミアムカードで購入すると13,838マイルをためることができます。これだけで東京―大阪(往復)の特典航空券(レギュラーシーズンで12,000マイル)を獲得することができます。

13,838マイルの内訳●
・入会ボーナスマイル→10,000マイル
・ANA航空券購入→61,140円÷100円×2倍≒1,222マイル
・フライトマイル→567マイル×150%×2(往復)=1,701マイル
・ワールドプレゼントポイント(1,000円につき1WP)→61WP×15マイル=915マイル

年会費は84,000円と少々高めですが、仮にコンシェルジュサービスだけの利用としても月7,000円で私設秘書を雇えることに。忙しいビジネスパーソンにとって、これだけでも十分に元が取れるかもしれません。

<参考01/ポイント(マイル)比較>

入会時・継続時はポイント(マイル)をためるチャンス!

入会時・継続時はポイント(マイル)をためるチャンス!




<参考02/旅行保険比較>

利用付帯はカードで決済を行った場合にのみ利用でき、自動付帯は利用条件なしで利用できる

利用付帯はカードで決済を行った場合にのみ利用でき、自動付帯は利用条件なしで利用できる



※データは執筆時点のものであり、サービス内容は都度変更される可能性があります。最新情報につきましては、公式サイトにてお確かめください。

<訂正>
「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」年会費35,000円+税
「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」年会費80,000円+税

関連記事

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

カード比較

メルマガ登録・解除
岩田師範が本音で語る
クレジットカードの明日 

「達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場」

powered by まぐまぐ!