上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2014年9月1日 ブラックカード

ダイナースクラブのゴルフサービスで
ゴルフラウンドデビュー!【後編】

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースクラブ プレミアムカードは、招待制のカードです。ダイナースクラブカードの利用状況から一定の審査基準を満たしたと判断された方にインビテーションが届けられます。



ゴルフの練習を始めてようやく3ヶ月。ちょっと練習不足は否めないが、ついにラウンドデビューを果たすことができた。その前に“度胸付け”というわけでもないが、六本木のゴルフバーで友人3人とバーチャルゴルフを楽しむことにした。


ゴルフバーでエグゼクティブ気分!

“ダイナースクラブ会員への優待がある”ということで訪れた先は、六本木から徒歩5分にある『belta salone(ベルタ サローネ)』。看板を出していないとのことだったので、事前に教えてもらった地図とビル名をたよりに出掛けることにした。たどり着いた先は白いスタイリッシュなビル。広々とした階段を使って地下へ下りていくと、壁面にさりげなく掲げられた『belta salone』の切文字が目に付いた。ドアの横には生体認証のセンサーが付いたオートロックシステムがあり、少し入りづらい雰囲気ではある。
「どうやって開けるんだろう?」と目を凝らしてみていると自動的に扉が開いて、「夜12時からは会員制ですが、それまでは扉は開いております」とお店の人。

扉の向こうは、六本木の喧騒を忘れさせるような広々とした静かな空間が広がり、オーダーメードで造られたゴージャスなシャンデリアが、黒を基調としたラウンジスペースをきらびやかに照らしていた。


08-1『belta salone』の店内には7部屋のプライベートルームがあり、そのうちの3つがお酒を嗜みながらバーチャルゴルフが楽しめる“GOLFZON Room”と呼ばれる部屋だ。店は午後10時ごろから賑わうようで、私たち一行が訪れた午後7時はまだお客さんもまばらといった感じだった。


さて、予約していたGOLFZON Roomに入ると目の前には大きなスクリーンに緑豊かなゴルフコースが映し出されていた。丁度いいタイミングでキャディさんが現れ、機器の説明をしながら操作を行い始めた。
練習ボールを数回打ったあと、いよいよバーチャルゴルフの開始だ。ここでは世界屈指の147のゴルフコースからラウンドしたいコースを選ぶことができる。選んだコースは、同伴していた友人がこよなく愛す“カパルア・ベイコース”(ハワイ・マウイ島)。

迫力ある映像を前に「マウイ島でのプレーを思い出す!」と友人。ボールの落下場所によって足元のプレートが傾斜するといった仕掛けもあり、本物さながらの臨場感を味わえた。
また、傍らにいるキャディさんのナビも素晴らしく、機器の操作のほか、コースの攻略法からクラブ選びまで的確なアドバイスを行ってくれた。ホールを進むとハワイの海の景色も見えてきた。打ち下ろしのホールもあり、こういったところでキャディさんのアドバイスが役立つ。

「先ほどはドライバーでのぼりでXXヤード打てていましたから、ここはウッドで」などと教えてくれるので、ゲームはテンポよく進行していった。スコアは自動的に計算されるし、ショットのたびに自分のスイングを確認することもできるし、と至れり尽くせり。初心者から上級者までみなが楽しむことができる充実の時間だった。

さてダイナースクラブ会員への優待だが、通常GOLFZON Room 1室1時間10,000円(消費税込・サービス料別)~のところ、20%の割引が受けられる。ちなみに今回は3人で部屋を2時間貸し切り、バーチャルゴルフ代、飲み物代、貸靴代などすべて込みで3万円ちょっととお手頃な料金で楽しめた。


念願の『葉山国際カンツリー倶楽部』

ゴルフのプライベートレッスンやゴルフバー、とゴルフづくしの連載ではあったが、ついに最終目標であるコースデビューの日がやってきた。
場所は『葉山国際カンツリー倶楽部』。葉山御用邸にほど近く、都心からのアクセスも最高の立地だ。

美しい自然に恵まれた『葉山国際カンツリー倶楽部』に到着。厳かな雰囲気に飲み込まれてしまって、クラブハウスの前ですでに緊張気味。

クラブハウスに一歩足を踏み入れると、開放感あふれる吹き抜けのエントランスがお出迎え。体中を包み込むような圧倒的な存在感がある。その目の前にはオーロラをイメージしたという大きなシャンデリアの光。日常とかけ離れた空間にあっけにとられ、胸の高鳴りも少しずつ落ち着いてきた。

さていよいよ葉山国際カンツリー倶楽部ダイヤモンドコースでプレーを開始。真っ青の空に、眼下には市街地と美しい海岸線が広がっている。夏といえども海からの涼やかな風がほほをかすめて気持ちいい。

遠くまで続くフェアウェイを前にすると、ボールを打つことで頭がいっぱいになってしまった。

当然ではあるが、真っ平らだった練習マットの感触とは少し勝手が違うぞ!?

とりあえず飛んではくれたが……。

飛距離はともかく、大自然の中でスイングする爽快感は今まで味わったことのない経験だ。

まあ、いろいろあったが最後のパターに集中。短い距離でも一打は一打。大切にしないと。

ようやく終了。慣れぬことで戸惑ったり、緊張したりの連続だったけど、何歳になっても新しい経験はワクワクするものだ。練習をいっぱい積んで、次回に備えたい。

ラウンドが終了し、着替えをすませたところでVIPルームに向かった。重厚な家具が置かれたヨーロピアン調の部屋だ。レストランもよいが、今回はこちらの部屋を予約し、食事をしながら旧来の友人と今日のスコアについての話に花を咲かせた。こちらの部屋の利用者にはフランス料理のフルコースも出しているそうだ。今度は、そちらも利用してみたい。

さて今回のラウンドデビューでもお世話になったのが、ダイナースクラブ プレミアムカードだ。親会員も家族会員も曜日を問わずプレーフィが半額になる特典がある。ただし平日の場合1組2名以上、土日祝日は3名以上での申込みが条件だ。同伴者は家族会員でもいい。ゴルフサービスの対象となるコースは国内約290コース、海外20コース。相性のよいコース選び、苦手コースの克服といった使い方も楽しめそうだ。

※ダイナースクラブ会員が上記の優待を受ける場合は、ゲストフィでラウンドする同伴者(親会員、家族会員以外)の1名以上の申込みが条件。また対象コースは国内約290、海外10コース。

※こちらは執筆当時のサービス内容です。現在と異なる場合があることをあらかじめご了承ください。なおカード券面につきましては2016年4月現在のものを使用しています。


■取材協力:belta salone(ベルタ サローネ)
東京都港区六本木5-16-50 ROPPONGI DUPLEX M’s B1F
月~土 :18:00~翌朝5:00
日曜:定休
※翌月曜日が祝祭日の場合 日曜営業
東京メトロ「六本木駅」から徒歩5分

■取材協力:葉山国際カンツリー倶楽部
神奈川県三浦郡葉山町木古庭1043-1


第七回 ダイナースクラブのゴルフサービスをフルに活用してゴルフラウンドデビューを果たす!【前編】

第八回 高級会員誌もデジタル時代に突入!ダイナースクラブ プレミアムカード会員限定デジタルマガジン

関連記事

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる
メルマガ登録・解除
岩田師範が本音で語る
クレジットカードの明日 

「達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場」

powered by まぐまぐ!
 

カード比較