上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2014年3月10日 海外事情/その他

2014年プレミアムカードを徹底予測!(2)/岩田昭男

前回は大衆派カードから発した還元率競争が、ついにブランド力の高いカードにまで波及していることを紹介した。今回はプレミアムカードのもう一つの流れについて予測したい。

952879_64710256●サービスの質で勝負する!●
還元率競争はさておき、その一方、“サービスの中身で勝負”する大手クレジットカード会社も増えていくと予測される。というのも、大手クレジットカード会社のカードの還元率はほとんど0.5%程度。それでも大手クレジットカード会社が発行するカードのほうが圧倒的な発行枚数を誇っているのだ。つまり、それだけ“還元率”を気にせず、大手のカードをつくる人が多いということ。言い換えれば、企業側は還元率を“深追い”しなくとも、サービス次第でさらなる会員を獲得することが可能とも言えるのだ。

そもそも還元率競争は、カード発行会社が徹底的にコストを削ってやっている。体力勝負のレッド・オーシャンに参入するより、質の高いサービスで勝負する方がありがたいに違いない。

特にここ最近、カード会社は精緻な市場調査を重ねている。年齢、性別、職業、年収、生活スタイルなど、いろんな角度から利用者像を的確にとらえ、そこに向けての独自のサービス作りに、躍起になっているようだ。
今まで大衆向けの“お得な”カードは数多くあったが、ハイクラスな生活を望む利用者を満たすものはあまりなかった。そういう意味でも、ハイクラス層を狙った戦略は今後次々と展開されていくだろうし、いくべきであろう。

●“感動体験”を売るアメリカン・エキスプレス●
balloonその急先鋒と言えるのが、アメリカン・エキスプレスが発行するカードだ。2013年春、ハイクラス層を取り込むために発行したのが、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード(以下、スカイ・トラベラー・プレミア)」。さらに、2013年秋に登場した「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(以下、SPGアメックス)」だ。

「スカイ・トラベラー・プレミア」は、2012年に発行された「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード(以下、スカイ・トラベラー)」の上位にあたる券種だ。元々「スカイ・トラベラー」は年会費1万円+税で、対象航空会社(21社)での航空券の購入で購入代金の3倍のポイントがたまり、提携航空会社(13社)のマイルに自由に交換できる、“エアライン派”ご用達のカードだった。2013年に発行された「スカイ・トラベラー・プレミア」はその特長をさらに“進化”させたカードだ。

「スカイ・トラベラー・プレミア」の年会費は3万5,000円+税と「スカイ・トラベラー」の約3倍だが、対象航空会社(21社)で航空券を購入すると、「スカイ・トラベラー」よりも多い、購入代金の5倍のポイントがたまる特典がついている。ポイントには期限はなく、マイル利用者を中心に、かなりの人気が集まっている。

871593_35086113 (1)一方の「SPGアメックス」は、ウエスティンやシェラトンといった一流ホテルを世界に1,000件以上運営する「スターウッド・ホテル&リゾート」と「アメックス」が提携したカード。年会費は3万1,000円と高めだが、ホテル利用時のレイトチェックアウトや無料アップグレードなどが利用できるほか、毎年のカード更新時には無料宿泊特典までがもらえる。ちなみに、舞浜の「シェラトン・グランド・トーキョーベイ・ホテル」や東京・恵比寿の「ウェスティンホテル東京」の宿泊料金は、繁忙期なら3万5,000~5万円程度する。つまり、無料宿泊券だけで年会費のモトが取れてしまう計算だ。

しかも、「SPGアメックス」の会員になると、「スターウッド・ホテル&リゾート」のポイントプログラム「スターウッド プリファード ゲスト」の「ゴールド会員」資格が得られるので、系列のホテルに宿泊するとレイトチェックアウトなど、さまざまなサービスを無料で受けられる特典がある。

さらに、「SPGアメックス」でためたポイントは、提携航空会社31社のマイルに無期限で、自由に交換できる。とにかく、ホテルでも飛行機でも利用できる“旅行に強い”クレジットカードなのだ。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

    ⇒<予測2>高額年会費の高級志向のクレジットカードの「質の競争」が激化


●“高還元率&ハイクラス”のバランス型も!?●
1420024高還元率とハイクラスのサービスの両方を兼ね備えた、バランス型のカードも登場している。前回紹介した「シティ プラチナカード」がこれにあたるだろう。年会費は3万5,000円+税で高めだが、還元率を大幅にアップさせると同時に、付帯サービスも拡充している。
今回のリニューアルで、“コンシェルジュサービス”や“国際線手荷物宅配サービス”が追加された。その結果、還元率とサービスの両面で、他のプラチナカードカードをしのぐスペックとなっている。
ためたポイントは商品券、H.I.S.海外ツアー代金、各種賞品へ交換できるほか、年会費に充当することも可能。年間利用額150万円以上で、実質、年会費が無料になる。

シティ プラチナカード

大手カード会社にとって、ブランド力にあぐらをかける時代は終わりを迎えている。「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」や「SPGアメリカン・エキスプレス・カード」、さらに「シティ プラチナカード」などと同様、2014年には年会費3万円台の高級志向のクレジットカードは、実利型、サービス追求型、バランス型と、カードごとに明確な方向性が打ち出されるだろう。ハイクラスの利用者にとっては、ようやく自分のスタイルにあったカードを厳選できる時代が到来すると言える。
2014年プレミアムカードを徹底予測!(1)/岩田昭男

※データは執筆時点のものであり、サービス内容は都度変更される可能性があります。最新情報につきましては、公式サイトにてお確かめください。

関連記事

2014年プレミアムカードを徹底予測!(1)/岩田昭男
消費税増税時代の強い味方 ポイントがたまる!最強のプレミアムカード
ホテルステイが楽しくなる至高の一枚
プレミアムカード時代へ突入!
プレミアムカードの審査を通る3つの近道!

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる
メルマガ登録・解除
岩田師範が本音で語る
クレジットカードの明日 

「達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場」

powered by まぐまぐ!
 

カード比較