上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2013年8月6日 O2O/スマホ

多面体のスクエア-その可能性を引き出せ!/岩田昭男

file000312639937  先日、角川グループの新しい媒体アスキー・クラウドの取材を受けました。注目のスマホ決済のスクエアに関するもので、延々三時間近くしゃべりました。記事には私と三井住友の担当者が登場しています。
 O2Oの波に乗るように登場したスマホ決済にはいくつかの種類があります。その中で生き残るとしたらスクエアだといわれています。その理由を担当者は語っていますが、セキュリティの高さが最大の要因でしょう。徹底した途上与信の体制を敷いているために、スクエアは不正を見逃さず、不良加盟店を排除するといいます。そのために、優良な個人事業主や商店を集めることができて成果をあげているのです。

 ただ、スクエアの良さはそれだけではないと私は思っています。通りでも、広場でも、居間でも、書斎でも、どこでもお店を開けるようになった。どこでもカードを使えるようになったので、これまでとても売れないと思われたものでも立派な商品になる可能性がでてきた。これも画期的なことです。
 フリーマーケットでのやりとり、ストリートミージシャンへの寄付(こころづけ)、アーティストへの支払い、または、自分では不要と思っているものでも、ほしい人が現れる、その時にも対応ができます。たとえば有名なコピーライターが書き散らした下書きをほしいという友人がいました。彼はデザイナーでその下書きを発想のもとにしようとしていました。このように普通なら捨てるゴミでもほしい人が現れて、スクエアがあればその場で売ることができるようになります。

 スクエアの日本での展開をみていると、税理士や弁護士、喫茶店、不動産業などいわゆるスモールビジネス中心で、お固いところが多いように思います。しかし、本来のスクエアの可能性はもっと柔らかいところ、いままで思いもつかなかったところへの進出が重要なのではないかと考えます。おそらくジャック・ドーシーも同じ考えと思いますので、今後の展開にさらに期待したいものです。もっとも日本の場合、ビジネスするにはまとまった産業を相手にしなくてはなりませんので、最初はこのように特化して攻め込んでいくのが正攻法なのでしょうが…。

 本日アップされましたアスキー・クラウドの記事です。よければ、ご一読ください。

岩田昭男



関連記事

サンフランシスコ探訪(1)/岩田昭男~米国CMにみるカード事情~
サンフランシスコ探訪(2)/岩田昭男 ~スマホ決済の“イノベーターたち”~
サンフランシスコ探訪(3)/岩田昭男~日本発、新サービスの切り口を考える~
サンフランシスコ探訪(番外編)/岩田昭男~スマホ決済のSquare。“次なる一手”
決済はコミュニケーションだ!/岩田昭男

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

カード比較

メルマガ登録・解除
岩田師範が本音で語る
クレジットカードの明日 

「達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場」

powered by まぐまぐ!