上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2013年7月26日 ポイント・マイル

「JAL」VS「ANA」“新・マイル勢力図”

 飛行機利用者にとって、マイルをいかにためるかは最大の関心事ではないでしょうか?2012年から2013年にかけて、資本提携、業務提携が相次いで行われ、マイルを取り巻く環境にもいろんな変化が生じています。

JALとアマゾンが業務提携を開始!
 まずは、2013年3月に発表されたJALとアマゾンの業務提携です。4月頭には、各国に先駆け中国地区においてJALのマイルをAmazonギフト券へ交換できるようになりました。さらに4月末には、日本、米国、イギリス、フランス、ドイツの5つの国でも、Amazonギフト券を申込みと同時に受け取れるサービスが開始されました。また、5月からは、JMBモールを経由し「Amazon.co.jp」や「Javari.jp」で買い物をすると、購入金額200円につき1マイルを付与するサービスも始まりました。これまで、アマゾンで買物をして“直接”マイルをためる方法はなかったので、この業務提携を機に画期的なサービスが生まれたと言えるでしょう。

 アマゾンは、2012年の日本国内での売上高が78億ドル。商品検索のしやすさ、豊富な品揃え、送料無料などで人気を集め、日本国内ネット通販首位の座に君臨している企業です。アマゾンとの提携でJALカードの価値が高まるとともに、さらなる新しいサービスへの期待も膨らみます。

「Yahoo!ポイント」が「Tポイント」に一本化
 もう一つの変化は、ヤフー株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の資本・業務提携です。これにより2013年7月1日より「Yahoo!ポイント」は「Tポイント」へ統合されました。「Yahoo! JAPAN」のサイトで目にする「Tポイント」のロゴで、ポイントの一本化に気づいた人も多いでしょう。今後Yahoo!ショッピングをはじめとするヤフーのサービスを利用すると、「Tポイント」が付与されることになります。「Tポイント」は、ANAのマイルと相互交換も行っているため、単に「Yahoo!ポイント」が「Tポイント」に移行するだけではなく、ANAマイラーの利便性も格段高まったと言えます。

 JALとアマゾン、ヤフーとCCCとの業務提携をきっかけに、ポイント/マイル相互交換図はがらりと変化しました。ANA陣営は提携先を増やしANAマイル積算の機会を増やす一方、JAL陣営はネット通販日本一で、世界的広がりのある企業と結びつき、今までにない新しいサービスを打ち出しています。
jal_ana_point07



●JALカードCLUB-Aゴールドカード 詳細データ
●ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 詳細データ
●ANA ワイドゴールドカード 詳細データ
●JAL アメリカン・エキスプレス®・カード プラチナ 詳細データ
●ANAカード プレミアム 詳細データ

※データは執筆時点のものであり、サービス内容は都度変更される可能性があります。最新情報につきましては、公式サイトにてお確かめください。

関連記事

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

カード比較

メルマガ登録・解除
岩田師範が本音で語る
クレジットカードの明日 

「達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場」

powered by まぐまぐ!