上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2019年3月6日 O2O/スマホ

カンム、Visaプリペイドカード「バンドルカード」が2年半で100万ダウンロードを突破

最速1分で発行できるVisaプリペイドカード「バンドルカード」を提供するカンムは3月1日、同カードのスマートフォンアプリが提供開始から2年半で累計100万ダウンロードを突破したと発表した。


カンムは2016年9月に「バンドルカード」の提供を開始した。 「バンドルカード」は最速1分で発行・3分で決済できるVisaブランドのプリペイドカード。生年月日と電話番号の登録だけでカード番号が発行される手軽さと、チャージ式で残高が明確という安心感が支持されて、2017年9月には25万ダウンロードを、2018年12月には100万ダウンロードを達成している。

さらに、アプリに表示するバーチャルカードだけでなく、実店舗での利用を希望する方にはプラスチック製の「リアルカード」「リアル+(プラス)」を発行し、セブン銀行ATMでの入金対応や後払いサービス「ポチっとチャージ」という新たな入金手段も充実させるなど、カード利用をもっと安心・便利にするために多くの機能追加を行ってきているという。バーチャルカードは発行手数料無料、「リアルカード」は300円、「リアル+(プラス)」600円。また、海外実店舗での利用はリアル+(プラス)のみとなっている。

バンドルカードの性別構成は、男性が65%、女性は35%(「その他」および未登録者を除く)で、年代別では20代が最多、次いで10代となっている。30代以上のユーザーはここ1年間で5倍に増加した。ユーザーの半数は、登録したその日のうちに決済を実施している。後払い形式の「ポチっとチャージ」直後の用途(利用回数別)は1位「Amazon」、2位「iTunes」、次いでセブンイレブン・ファミリーマート・ローソンなどのコンビニエンスストアでの決済が上位にきている。10代では「メルカリ」「ラクマ」が人気で、年齢が上がるほどコンビニ利用割合が高い傾向にある。

あわせて読みたい

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる

カード比較