上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2018年5月14日 ポイント・マイル

阪急阪神グループ、関西エリア共通ポイント「Sポイント」サービスを「セブン‐イレブン」に導入

阪急阪神ホールディングスグループとエイチ・ツー・オー リテイリンググループ(以下、阪急阪神グループ)は、関西エリアを対象とした共通ポイント「Sポイント」サービスを2016年4月より開始していたが、5月14日からコンビニエンスストア「セブン‐イレブン」の関西2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)で展開している約2,700店舗でスタートさせた。

Sポイントマーク



「Sポイント」は、Shopping(お買い物)やStation(駅)、Sightseeing(観光)、Stay(宿泊)など、生活の中のあらゆるScene(場面)で「たまる」「つかえる」、Special(特別)なポイントであることから、それぞれの英単語の頭文字の“S”を取って「Sポイント」としている。

現在、関西エリアには、約2,000万人、約860万世帯の方々が住んでいるが、阪急阪神グループでは、この関西エリアにおいて、約20種類のポイントカードを約750万会員の方々に発行している。「Sポイント」は、これら多種多様なカードを結ぶネットワークとなるという。阪急阪神グループが提供するカードの中から、利用者の生活スタイルに応じたカードを選ぶことができ、そのカード1枚で関西エリアにおける様々な生活シーンでポイントをためて、使うことが可能。

「Sポイント」の対象カードは、現金や商品券、クレジットカード、電子マネーなど様々な決済手段に対応しており、買い物の際、「Sポイント」の対象カードでの利用、あるいは提示により「Sポイント」がたまる。関西エリアにおいて、阪急阪神グループでは多数の施設、様々な事業を展開しており、利用者の日常生活のあらゆる場面でカードを利用することで「Sポイント」がたまっていく。

ためたポイントは、1ポイント=1円として利用できる。百貨店や近隣のスーパーマーケット、ショッピングセンター、コンビニでの買い物やホテルでの宿泊など、利用できる範囲が充実しているという。

「Sポイント」の対象となる主なカードとして、クレジット機能付きカード、PiTaPa(ピタパ)機能付きカードは、ペルソナSTACIAカード、ペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレス・カード、エメラルドSTACIAカード、ソレーナSTACIAカード、阪神タイガースSTACIAカード、スタシアサイカカード、タカラヅカレビューSTACIAカード、阪急阪神第一ホテルグループSTACIAカード。

Sマーク付きポイントカードは、阪急阪神おでかけカード、阪急阪神第一ホテルグループメンバーズクラブカード、うめだ阪急ポイントカード、阪神百貨店ポイントカード、阪急メンズ大阪マイレージカード、千里阪急ポイントカード、川西阪急ポイントカード、西宮阪急ポイントカード、宝塚阪急ポイントカード、三田阪急ポイントカード、イズミヤポイントカード「ヒナタス」、阪急オアシスメンバーズカード クラブ・エフ、グランフロント大阪 OSAMPOカード。

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる
メルマガ登録・解除
岩田師範が本音で語る
クレジットカードの明日 

「達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場」

powered by まぐまぐ!
 

カード比較