上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2013年6月18日 ブラックカード

ブラックカードの歴史

 “究極のステータス”と多くの人が認識するブラックカード。ブラックカード、いわゆるアメリカン・エキスプレス社が発行するセンチュリオン・カードが日本に上陸したのは2002年12月のことです。ブラックカード自体の歴史はまだ浅いものですが、ステータスカードの先例を作ってきたアメリカン・エキスプレス社の設立は1850年と古く、貴重品を運ぶ運送業としてニューヨークで誕生しました。1850年というと、日本はまだ嘉永年間で江戸時代の末期にあたる時代です。

ゴールドラッシュにわく時代に、急行便事業を開始
916931_67887996 その頃のアメリカは、サンフランシスコで起きたゴールドラッシュにより、全米から西に向かって多くの人が移動を始めていました。アメリカ合衆国郵政庁(現アメリカ合衆国郵便公社)がすでに荷物(郵便)の配達を行っていましたが、遅配、荷物の制限、輸送中の盗難・紛失など、さまざまな問題を抱えていました。こうした背景の中、アメリカン・エキスプレス社は、西海岸と東部を結ぶ大陸横断駅馬車を活用して、親書や貨物、金銭を“express(急行便)”で運び、業界の先駆者として高い評価を得ました。
 事業は好調に展開し、その運輸ネットワークは米国国内だけでなく、カナダ、メキシコまで広がっていきました。

「マネー・オーダー」、「トラベラーズ・チェック」の発行
 当時のアメリカン・エキスプレス社では、金融サービスはまだ行っていませんでしたが、常連の顧客は銀行でした。銀行から預かった株券、手形、通貨などの輸送を通し、金融商品に着目していきました。
 そして1882年には、世界で初めてマネー・オーダー(送金為替)業務を開始。これは欧州にもない安全性の高いサービスだったために、急速に普及し、金融事業に進出する道を開くことになりました。1891年には、当時の社長がヨーロッパで現地通貨の調達に困った経験をきっかけに、トラベラーズ・チェックを開発。高い安全性と流通性で成功を収め、世界的な企業へと発展しました。

第一次世界大戦下で築いた“信用”
1197509_36562569 その後、世界を巻き込む第一次世界大戦が勃発します。ヨーロッパで戦争が拡大するにともない、ヨーロッパの銀行は、外国の信用状などに対する支払いを停止しました。現地に残された多くのアメリカ人はパニックになり、アメリカン・エキスプレスの事務所に押し掛けましたが、そんな状況下でもアメリカン・エキスプレスはすべてのトラベラーズ・チェック、マネー・オーダーを現金化し多くのアメリカ人を窮地から救ったのです。また戦争中は、英国の公認エージェントとなり、ドイツで捕えられた英国捕虜に親書や小荷物、お金を届けるという業務も行いました。これらの実績により多くの信頼を獲得することになりました。
 1915年に入ると、海外旅行に行く米国人をサポートする事業を強化します。旅行代理店的な色彩を強めるとともに、ロンドン、パリなど海外の旅行ネットワークの整備を行いました。横浜に日本初の事務所が開設されたのもちょうどこの頃、1917年のことでした。
 戦後になると、米国では海外旅行の大ブームが到来しました。旅の手配に本格的に乗り出すとともに、トラベラーズ・チェックやマネー・オーダーの発行を通して、多くの収入を得ました。
 その後、第二次世界大戦に突入した時も、第一次世界大戦での経験を元に、資産の保全に努め、撤退せざるを得ないその直前まで事業を行い、難局を切り抜けました。

1958年、アメリカン・エキスプレス・カードが米国とカナダで発行
 1958年には、ついにクレジットカード事業への参入です。アメリカン・エキスプレス・カードを米国とカナダで発行しました。これが今につながるアメリカン・エキスプレス・カードの第一号です。すでに世界的な旅行代理店として、世界中に旅行者支援のネットワークを張り巡らせていたこと、さらにトラベラーズ・チェックの発行により、金融事業者としての側面を強めていたこともあり、クレジットカード事業への移行も極めてスムーズに行われました。
 この後、1966年にゴールドカード、1984年にプラチナ・カード、1999年にはセンチュリオン・カード(ブラックカード)が発行されました。

日本での第一号はゴールドカード。ブラックカードは2002年に登場
 一方日本における事業展開は、先にも述べた1917年に横浜に事務所が開設されて以降、1954年にはアメリカン・エキスプレス・インターナショナル日本支社が設立され、1974年に日本円のトラベラーズ・チェックが発行されました。その後1980年、日本で最初のゴールドカード「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」が登場し、続く1983年に「アメリカン・エキスプレス・カード」が、1993年に「プラチナ・カード®」が発行されました。プラチナ・カードという名称の商標登録はアメリカン・エキスプレスが持っています。「センチュリオン・カード」(ブラックカード)が日本にやってきたのは2002年のことです。

 実に創業以来、約150年の年月を経てブラックカードは誕生しました。二度にわたる世界大戦を経ながら、センチュリオンに象徴される「安心・安全」、「信頼」、「プロテクション」を確固たるものにしたのです。こうした歴史の重みが至高のカードを世に送り出した、と言えるでしょう。

※画像はすべてイメージであり、記事との関連性はありません

関連記事

カードの最高峰“ブラックカード”の魅力は?
●アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード⇒詳細データ

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる
メルマガ登録・解除
岩田師範が本音で語る
クレジットカードの明日 

「達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場」

powered by まぐまぐ!
 

カード比較