上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

2016年12月17日 O2O/スマホ

楽天、楽天ポイントカードと楽天Edyが「Android Pay」に対応

楽天と楽天Edyは12月13日、楽天の共通ポイント「楽天ポイントカード」と電子マネー「楽天Edy」が、12月13日から国内でサービスが開始となる「Android Pay」に対応したことを発表した。

「Android Pay」は、Googleが提供する「デジタルウォレット」サービスで、Google Playストアからインストールできる。電子マネーやポイントカード、ギフトカードを登録し、店舗にて利用可能だ。

「楽天ポイントカード」は、加盟店での会計時に楽天グループの各種サービスで利用できる「楽天スーパーポイント」を貯めることができ、同ポイントでの支払いができるサービス。一方、楽天Edyは、2011年1月から「おサイフケータイ」搭載のAndroid版「楽天Edyアプリ」を提供しており、累計発行枚数は1億90万枚を達成した。

このたび、「Android Pay」に「楽天ポイントカード」と「楽天Edy」を設定すると、両サービスが利用できるようになった。「楽天Edy」は、「Android Pay」で支払いができるだけでなく、Edyの残高照会や利用履歴の確認、楽天スーパーポイントの設定もできる。

「Android Pay」では、Googleアカウントに登録されているクレジットカードからチャージ(入金)できるので、設定時に新たにクレジットカード情報を登録する必要がない。同サービスにより、ユーザーは、楽天グループで提供する共通ポイントと電子マネーを「Android Pay」で一元管理できる。

なお、同サービスへの対応を記念して、「Android Pay」で初めて「楽天Edy」の設定をしたユーザーを対象に、400円分のEdyがもらえるキャンペーンを実施している。

関連記事

twitterで更新のお知らせをしています

新規の記事を更新時、Twitterでお届け。取材時のこぼれ話や日常生活のちょっとしたおトク情報などをもつぶやいております。この機会に岩田昭男をフォローしていただければと思います。

アップルペイのすべてがわかる
メルマガ登録・解除
岩田師範が本音で語る
クレジットカードの明日 

「達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場」

powered by まぐまぐ!
 

カード比較