上級カード道場〜プレミアムカード、カード上級者情報サイト〜

④Apple Payへの登録~Suica

Apple Payに登録できるカードは最大8枚です。クレジットカード、プリペイドカード、Suicaを混ぜて8枚まで入れることができます。ちなみに、Suicaを除いて、クレジットカード、プリペイドカードは、一番表にあるカードだけがアクティブ(いつでも使える状態)になっており、お店での買い物に利用できます。下に隠れているカードは、アクティブではありませんから、注意してください。利用しようと思うなら、使いたいカードをタップして表にだします。買い物に行くときに、事前に上にだしておくことをおすすめします。


Apple Payの最初の画面です。


3_wp
ここでカードを登録した後のイメージが分かります。8枚のカードを登録した場合には、普段は8枚が重なって収納されていますが、いざ、利用しようという時には画面には一枚だけ上に残ります。この写真はその状態を表しています。

下の説明文には、「Suicaやクレジットカード、プリペイドカードを追加するとiPhoneでApple Payを使って、交通機関を利用したり、街中の店やネットショップで安心・簡単にお支払いができます」とあります。


「次へ」をタップします。


「カードの種類」の画面に切り換わります。これは登録しようとするカードの種類を聞く設問です。
4_wp01 ・クレジットカード/プリペイドカード
・Suica
の二つの中から選びます。

まずSuicaを選んでみましょう。

Suicaの項目をタップします。


すると、画面が変わって「Suicaを追加する」の画面になります。5_wp ここはカード情報を入力するところです。
手持ちのSuicaカードを取り出して、裏面にあるカード番号の下4桁を入力します。さらに記名式Suicaの場合には、あなたの生年月日も入れてください。


それから「次へ」をタップします。


利用規約がでてきました。6_wp Suicaの利用に関して、こまかな規約が書いてあります。
ざっと読んでおきましょう。

そして「同意する」をクリックします。


画面が「Suicaの転送」に切り換わります。


ここからSuicaカードをiPhone 7に転送する作業が始まります。SuicaカードをiPhone 7に取り込んで登録します。ここが一番重要ですので、ちょっと緊張します。

手持ちのSuicaカードを机の上に置きます。

7_wp
iPhone 7をその上にそっと重ねます。するとSuicaカードの中の情報が順次iPhone 7の方に転送されます。この間わずか4~5秒です。

画面は、最初「Suicaを追加中」となっていますが、しばらくすると完了のところにチェックが入り、これで終わります。

Suicaカードの情報はすべてiPhone 7の方に吸い込まれました。これでiPhone 7をSuicaとして、交通機関の利用からコンビニでの買い物まで利用できます。
一方のSuicaカードの中の情報はすべてなくなりますから、カードは破棄することができます。

気になるのは、カードに入っていたデポジットの500円ですが、これも同時にiPhone 7に転送されましたから心配はいりません。


「次へ」をタップします。


すると、今度は「エクスプレスカードの設定」の画面がでてきます。
Apple Payに最初に登録したSuicaはエクスプレスカードに登録することができます。エクスプレスカードとは面倒な操作を省いたカードといえます。他のカードでは、ホームポタンを押さえながら本人確認をするのが決まりになっていますが、このカードだけはそれをする必要がなく、iPhone 7をかざして電車に乗ったり、買い物ができたりします。

ですから、通勤や通学には非常に便利ですし、Suicaを個人用、会社用で二枚を使い分けている場合には、よく使う方をエクスプレスカードに設定するとよいでしょう。

もちろんエクスプレスカードへの設定は、イエスとしました。

これでSuicaの登録は完了です。
8_wp


→次は「⑤Apple Payへの登録~クレジットカード

●関連記事
①Apple Payとは?
②Apple Payを準備する
③Apple Payの使い方
⑤Apple Payへの登録~クレジットカード
⑥Apple Payを店で利用する

アップルペイのすべてがわかる
メルマガ登録・解除
岩田師範が本音で語る
クレジットカードの明日 

「達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場」

powered by まぐまぐ!
 

カード比較